新日和見主義事件とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 新日和見主義事件の意味・解説 

新日和見主義事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/23 15:41 UTC 版)

新日和見主義事件(しんひよりみしゅぎじけん)とは、1970年代初頭に、日本共産党中央委員であった広谷俊二民主青年同盟中央常任委員であった川上徹らが中心となり、民青同盟中央委員会を拠点として、党の公式路線に反対するための党内秘密組織(分派)を組織した事件である。新日和見分派事件とも呼ばれる。日本共産党は規約で分派を禁じており、広谷・川上らの分派は1972年5月に党中央によって摘発された。最終的には分派活動に携わったと判断された党員約100名が共産党や民青同盟によって処分に付された。後日、党中央は被処分者のものとする思想傾向を「新日和見主義」と命名し、批判を加えた。これが事件と分派の通称の由来となった。




[ヘルプ]
  1. ^ 菅原正伯 「『新日和見主義』の分派活動とは何だったか-川上徹著『査問』について」『赤旗』、1998年1月20日。
  2. ^ 高野孟 「余り短かくない自分史」 高野孟の極私的情報曼茶羅・アーカイブ、1998年。
  3. ^ 加藤哲郎 「査問の背景」『査問』 川上徹、筑摩書房〈ちくま文庫〉、2001年7月。


「新日和見主義事件」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新日和見主義事件」の関連用語

新日和見主義事件のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



新日和見主義事件のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新日和見主義事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS