民主主義的社会主義運動とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 組織・団体 > 政治組織 > その他の政治組織 > 日本の新左翼 > 民主主義的社会主義運動の意味・解説 

民主主義的社会主義運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/04 01:00 UTC 版)

民主主義的社会主義運動(みんしゅしゅぎてきしゃかいしゅぎうんどう、英語: Movement for Democratic SocialismMDS)とは、旧ソ連派の流れをくむ、日本における構造改革派新左翼党派の一つである。関連する共同戦線組織として、「平和と民主主義をめざす全国交歓会(全交)」[注 1]が有る。




注釈

  1. ^ 元々全交は、「職場に労働組合運動を!」を合言葉にして始まった職場活動家集団であった。職場活動家らが毎年夏に全国から集まって交流する取り組みの中で1970年に結成された。(「ZENKOとは」『ZENKO』2018年7月14日閲覧.)。

出典



「民主主義的社会主義運動」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「民主主義的社会主義運動」の関連用語

民主主義的社会主義運動のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



民主主義的社会主義運動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの民主主義的社会主義運動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS