ソビエト連邦の崩壊とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ソビエト連邦の崩壊の意味・解説 

ソビエト連邦の崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 14:21 UTC 版)

ソビエト連邦の崩壊(ソビエトれんぽうのほうかい)、またはソ連崩壊[1]とは、1988年 - 1991年にかけてソビエト社会主義共和国連邦が内部分裂を起こし、単一の主権国家としての存続を終了した出来事である。


  1. ^ ソ連とは何だったのか あの「崩壊」から30年、大著で迫る全体像:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年7月10日閲覧。
  2. ^ (ロシア語) Declaration № 142-Н of the Soviet of the Republics of the Supreme Soviet of the Soviet Union, formally establishing the dissolution of the Soviet Union as a state and subject of international law.
  3. ^ “The End of the Soviet Union; Text of Declaration: 'Mutual Recognition' and 'an Equal Basis'”. The New York Times. (1991年12月22日). https://www.nytimes.com/1991/12/22/world/end-soviet-union-text-declaration-mutual-recognition-equal-basis.html 2013年3月30日閲覧。 
  4. ^ Former Soviet Countries See More Harm From Breakup”. Gallup (2013年12月19日). 3/29/2021閲覧。
  5. ^ Balmforth, Tom (2018年12月19日). “Russian nostalgia for Soviet Union reaches 13-year high”. Reuters. https://www.reuters.com/article/us-russia-politics-sovietunion/russian-nostalgia-for-soviet-union-reaches-13-year-high-idUSKBN1OI20Q 2019年1月31日閲覧。 
  6. ^ ロシア、欧米と深い亀裂 25日でソ連崩壊30年―権威主義を強化、軍事的圧力:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2022年7月12日閲覧。
  7. ^ ソ連崩壊30年、大国ロシア復活の野望と摩擦” (日本語). 日本経済新聞. 2022年7月12日閲覧。
  8. ^ "Child poverty soars in eastern Europe", BBC News, October 11, 2000
  9. ^ "What Can Transition Economies Learn from the First Ten Years? A New World Bank Report", Transition Newsletter, World Bank, K-A.kg
  10. ^ "Who Lost Russia?", The New York Times, October 8, 2000
  11. ^ Scheidel, Walter (2017). The Great Leveler: Violence and the History of Inequality from the Stone Age to the Twenty-First Century. Princeton University Press. p. 222. ISBN 978-0691165028. https://books.google.com/books?id=NgZpDQAAQBAJ&pg=PA222 
  12. ^ "Who Lost Russia?", The New York Times, October 8, 2000
  13. ^ Ghodsee, Kristen (2017). Red Hangover: Legacies of Twentieth-Century Communism. Duke University Press. pp. 63–64. ISBN 978-0822369493. https://www.dukeupress.edu/red-hangover 
  14. ^ Milanović, Branko (2015). “After the Wall Fell: The Poor Balance Sheet of the Transition to Capitalism”. Challenge 58 (2): 135–138. doi:10.1080/05775132.2015.1012402. 
  15. ^ Rosefielde, Steven (2001). “Premature Deaths: Russia's Radical Economic Transition in Soviet Perspective”. Europe-Asia Studies 53 (8): 1159–1176. doi:10.1080/09668130120093174. 
  16. ^ Brown, Archie (1997). The Gorbachev Factor. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19288-052-9. https://archive.org/details/gorbachevfactor00brow_0 
  17. ^ Breslauer, George (2002). Gorbachev and Yeltsin as Leaders. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 274–275. ISBN 978-0521892445 
  18. ^ Kotz, David and Fred Weir. “The Collapse of the Soviet Union was a Revolution from Above”. The Rise and Fall of the Soviet Union: 155–164. 
  19. ^ Edward, Walker (2003). Dissolution: Sovereignty and the Breakup of the Soviet Union. Oxford: Rowman & Littlefield Publishers. p. 185. ISBN 978-0-74252-453-8. https://archive.org/details/dissolutionsover00walk 
  20. ^ Greenspan. “Chernobyl Disaster: The Meltdown by the Minute”. HISTORY. 3/29/2021閲覧。
  21. ^ Gorbachev, Mikhail (2006年4月21日). “Turning point at Chernobyl”. Japan Times. https://www.japantimes.co.jp/opinion/2006/04/21/commentary/world-commentary/turning-point-at-chernobyl/ 



ソビエト連邦の崩壊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/28 14:33 UTC 版)

ユルゲンソン (出版社)」の記事における「ソビエト連邦の崩壊」の解説

ソ連崩壊以後1990年-1991年)、Muzykaを含む国有企業新たに強いられるようになった切り詰められた予算喘いでいた。Muzykaは複数地域における実質的な独占状態主導的立場失ってしまう。2006年ロシア連邦所有となるものの、政府年内民営化計画していた。Muzykaの再建戦略教育的書籍集中して実行されることになった

※この「ソビエト連邦の崩壊」の解説は、「ユルゲンソン (出版社)」の解説の一部です。
「ソビエト連邦の崩壊」を含む「ユルゲンソン (出版社)」の記事については、「ユルゲンソン (出版社)」の概要を参照ください。


ソビエト連邦の崩壊(1989年-1991年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 03:08 UTC 版)

「冷戦」記事における「ソビエト連邦の崩壊(1989年-1991年)」の解説

1990年8月起きた湾岸戦争では、欧米ソ中が世界第四軍事大国仕立てたイラクのクウェート侵攻に対するアメリカ主導武力行使容認決議ソ連同調し米ソ二極化してきた世界アメリカ一極化への兆し見え始めたアメリカは、1990年8月イラク軍によるクウェート侵攻湾岸危機)を皮切りにアラビア半島に展開、翌1991年1月イラクとの間で湾岸戦争踏み切り、これに勝利した湾岸危機際に1991年1月中旬からイラク要請を受けていたソ連和平案が当時欧州共同体外相会議賛成され翌日イラク無条件全面撤退で合意したが、ブッシュ大統領はこれを退けた数日後シュワルツコフソ連案を修正して停戦決まった)。イラク下したアメリカ世界盟主として自信深めその後パレスチナ問題中心に中東へ関心介入深めていく。湾岸戦争その後世界情勢形成する上で非常に重要だったといえるソ連国内ではペレストロイカ路線行き詰まりつつあった。バルト三国独立要求高まり1988年11月エストニア・ソビエト社会主義共和国主権宣言同年リトアニア・ソビエト社会主義共和国でもサユディスによる独立運動加速により、国旗ソビエト編以前デザイン戻された。1989年7月リトアニア共産党ソビエト連邦共産党からの独立宣言した1990年3月から6月にかけて東欧各国一斉に選挙実施され、ほとんどの国で共産党第一党から転落したバルト三国でも共産党少数野党となり、バルト三国の各最高会議独立宣言採択したソ連政府バルト三国に対して軍事行動起こし1991年1月血の日曜日事件(リトアニア)などで、ソ連軍民間人衝突する事態になったソ連1991年3月バルト三国を除く首脳が、連邦権限縮小した新連邦構想に合意した。同年3月17日には新連邦条約締結するための布石として、連邦制維持賛否を問う国民投票英語版ロシア語版)が各共和国行われ投票者の76.4%が連邦制維持賛成票投じることとなった。しかし、既に分離独立宣言していたバルト三国エストニア・ソビエト社会主義共和国ラトビア・ソビエト社会主義共和国リトアニア・ソビエト社会主義共和国)、モルダビア・ソビエト社会主義共和国グルジア・ソビエト社会主義共和国アルメニア・ソビエト社会主義共和国投票ボイコットした1991年6月12日ソ連体制内で機能形骸化していたロシア・ソビエト連邦社会主義共和国で、選挙より大統領当選したボリス・エリツィンは、国名を「ロシア共和国」に改称し主権宣言出して連邦からの離脱表明したまた、米ソ両国1991年7月第一次戦略兵器削減条約START)に調印した。しかし8月20日予定されていた新連邦条約調印前にゴルバチョフ改革反抗した勢力軍事クーデター起こしゴルバチョフ滞在先クリミア軟禁状態置いたクーデターは、ロシアエリツィン活躍クーデター勢力準備不足から失敗終わった。 しかし、その結果バルト三国独立達成し、各構成共和国でも独立に向けた動き進み12月8日に、ロシアエリツィンウクライナレオニード・クラフチュクベラルーシスタニスラフ・シュシケビッチベラルーシベロヴェーシの森で会談し、ソ連からの離脱独立国家共同体CIS) の結成で合意した(「ベロヴェーシの陰謀」)。こうして12月25日をもってソ連消滅したその後十年間で、東欧旧ソ連国々一部は、相次いで資本主義国となった

※この「ソビエト連邦の崩壊(1989年-1991年)」の解説は、「冷戦」の解説の一部です。
「ソビエト連邦の崩壊(1989年-1991年)」を含む「冷戦」の記事については、「冷戦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ソビエト連邦の崩壊」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ソビエト連邦の崩壊」の例文・使い方・用例・文例

  • ソビエト連邦の崩壊
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ソビエト連邦の崩壊」の関連用語

ソビエト連邦の崩壊のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ソビエト連邦の崩壊のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのソビエト連邦の崩壊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのユルゲンソン (出版社) (改訂履歴)、冷戦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS