フランソワ・ノエル・バブーフとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > フランソワ・ノエル・バブーフの意味・解説 

フランソワ・ノエル・バブーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/14 17:34 UTC 版)

フランソワ・ノエル・バブーフ(François Noël Babeuf, 1760年11月23日1797年5月27日)は、フランス革命家思想家である。通称グラキュース・バブーフ(Gracchus Babeuf)。平等社会の実現を目指し、いわゆる「バブーフの陰謀」を企てたが、失敗して刑死した。「独裁」という語を、現代の意味で初めて使った人物の一人である。




  1. ^ Manifesto of the Equals Full text of trans. by Mitchell Abidor.


「フランソワ・ノエル・バブーフ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フランソワ・ノエル・バブーフ」の関連用語

フランソワ・ノエル・バブーフのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フランソワ・ノエル・バブーフのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフランソワ・ノエル・バブーフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS