世界革命論とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 世界革命論の意味・解説 

世界革命論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/29 06:18 UTC 版)

世界革命論(せかいかくめいろん、World Revolution)とは、世界規模での革命論。マルクス主義の概念では、全ての国で労働者階級による共産主義革命資本主義の廃止が歴史的必然であるとした。1917年のロシア革命では、ウラジーミル・レーニンは「世界革命の一環」と位置付けたが、結果的に他のヨーロッパ諸国では革命が発生しなかったため、共産主義者の間で目指すべき共産主義革命の世界的規模が改めて議論となった。レフ・トロツキーは世界革命および永続革命を主張し、ヨシフ・スターリン一国社会主義論と対立した[1]


  1. ^ 世界革命 - 日本大百科全書(ニッポニカ)
  2. ^ 青年コミンテルンの綱領 P.46 青年コミンテルンの窮極目的──世界××主義 1930年


「世界革命論」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世界革命論」の関連用語

世界革命論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世界革命論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの世界革命論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS