スターリン批判とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 批判 > スターリン批判の意味・解説 

スターリン批判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 09:39 UTC 版)

スターリン批判(スターリンひはん)とは、1956年ソ連共産党第20回大会におけるソ連共産党第一書記ニキータ・フルシチョフによる秘密報告「個人崇拝とその結果について」(ロシア語: О культе личности и его последствиях)のこと。そこではスターリン執政期における政治指導や粛清の実態が暴露され、その原因として個人崇拝が批判された。このフルシチョフ報告に前後してスターリン時代の思想や政策が批判され、ソビエト連邦の政治・社会の画期をなすとともに、世界各国の共産主義運動に影響を与えた。




  1. ^ 和田春樹、2016年、p.10
  2. ^ 和田春樹、2016年、序章
  3. ^ 和田春樹、2016年、1-2章
  4. ^ 和田春樹、2016年、3章
  5. ^ 和田春樹、2016年、4-5章
  6. ^ 和田春樹、2016年、6章
  7. ^ 和田春樹、2016年、pp.288-91
  8. ^ 和田春樹、2016年、pp.292-95
  9. ^ 和田春樹、2016年、pp.307-09
  10. ^ 外部該当リンク
  11. ^ 和田春樹、2016年、pp.297-99
  12. ^ 和田春樹、2016年、pp.299-302, 304-05
  13. ^ 和田春樹、2016年、pp.312-13
  14. ^ 和田春樹、2016年、p.314
  15. ^ 和田春樹、2016年、p.315
  16. ^ 下斗米伸夫、2011年、p.291. なお、下斗米(2004年、p.101)では、13名の外国党代表者が演説を事前に見せられたとしていたが、2011年の著書でこれを修正している。
  17. ^ 下斗米伸夫、2011年、pp.291-92
  18. ^ 和田春樹、2016年、pp.328-29
  19. ^ 和田春樹、2016年、pp.348-49
  20. ^ 和田春樹、2016年、pp.315-16
  21. ^ 和田春樹、2016年、8-9章
  22. ^ 和田春樹、2016年、pp.349, 315
  23. ^ 落合信彦『21世紀への演出者たち CIA vs KGB』 (集英社文庫[お-5-5]、1984年、初出1981年)、p.97 ISBN 4087507645
  24. ^ Text of Speech on Stalin by Khrushchev as Released by the State Department, The New York Times, June 5, 1956.
  25. ^ 和田春樹、2016年、pp.350-51
  26. ^ 和田春樹、2016年、pp.355-58
  27. ^ 松戸清裕、2011年、p.104
  28. ^ 保阪正康『昭和の空白を読み解く――昭和史 忘れ得ぬ証言者たち Part2』(講談社文庫[ほ-10-12]、2006年、初出2003年)、p.295 ISBN 978-4062754897
  29. ^ 雑誌・幻想と批評(はる書房)1号(2004年)の創刊の辞・兵本達吉報告及びpp.123-137, p.159から。
  30. ^ 外部リンク
  31. ^ 岡本和彦「書評論文 スターリン批判の始まりと帰結に関する一考察――和田春樹著『スターリン批判 1953~56年 一人の独裁者の死が、いかに20世紀世界を揺り動かしたか』作品社、2016年」(東京成徳大学人文学部・応用心理学部『研究紀要』25号、2018年)、pp.158-159
  32. ^ 和田春樹、2016年、pp.338-39
  33. ^ 下斗米伸夫、2011年、pp.292
  34. ^ 下斗米伸夫、2011年、p.294
  35. ^ 徐大粛『金日成』(林茂訳、講談社学術文庫2162、2013年、初出1992年)、p.217 ISBN 978-4062921626
  36. ^ 和田春樹、2016年、p.338
  37. ^ 和田春樹『北朝鮮現代史』(岩波新書・新赤版1361、2012年)、p.84 ISBN 978-4004313618
  38. ^ 萩原遼『拉致と核と餓死の国 北朝鮮』(文春新書306、2003年)、p.177-78 ISBN 416660306X
  39. ^ 黄長燁『金正日への宣戦布告――黄長燁回顧録』(萩原遼訳、文春文庫[フ-17-1]、2001年、初出1999年)、p.126 ISBN 416765105X
  40. ^ 奥武則『論壇の戦後史 1945‐1970』(平凡社新書373、2007年)、p.131-32 ISBN 978-4582853735
  41. ^ 和田春樹、2016年、p.311 注1
  42. ^ 小山弘健『戦後日本共産党史』(芳賀書店、1966年)、p.206
  43. ^ 下斗米伸夫、2011年、p.292
  44. ^ 小山弘健『戦後日本共産党史』(芳賀書店、1966年)、p.207
  45. ^ 上田耕一郎「はしがき」(『戦後革命論争史』上巻、大月書店、1956年)
  46. ^ ただし、石堂清倫の証言によれば、『戦後革命論争史』の内容は内野壮児、小野義彦、勝部元、石堂らの研究会の討論がもとになっており、上田耕一郎がこれをまとめたものだという(石堂清倫「増山太助『戦後期左翼人士像』を読む」『図書新聞』第2507号、2000年10月28日付)。
  47. ^ 小山弘健『戦後日本共産党史』芳賀書店、1966年、p.211
  48. ^ 安東仁兵衛『戦後日本共産党私記』(文春文庫[あ-26-1]、1995年、初出1980年)、pp.284-288 ISBN 978-4167244033
  49. ^ 柴垣和夫『昭和の歴史9 講和から高度成長へ――国際社会への復帰と安保闘争』(小学館ライブラリー、1994年、初出1983年)、p.127 ISBN 4094011099
  50. ^ 荒岱介『新左翼とは何だったのか』(幻冬舎新書68、2008年)、p.29 ISBN 978-4344980679
  51. ^ 丸山真男「「スターリン批判」における政治の論理」(『増補版 現代政治の思想と行動』未来社、1964年、初出1956年)、p.336
  52. ^ 家近良樹『江戸幕府崩壊――孝明天皇と「一会桑」』(講談社学術文庫2221、2014年、初出2002年)、pp.28-29 ISBN 978-4062922210
  53. ^ 蝋山政道『日本の歴史26 よみがえる日本』(中公文庫新版[S-2-26]、1974年、初出1967年)、p.262 ISBN 978-4122047488
  54. ^ 村瀬興雄(責任編集)『世界の歴史15 ファシズムと第二次大戦』(中公文庫[S-1-15]、1975年、初出1962年)、p.165-66 ISBN 4122002281 当該箇所の執筆は岩間。






スターリン批判と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スターリン批判」の関連用語

スターリン批判のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スターリン批判のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスターリン批判 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS