大躍進政策とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 政策 > 大躍進政策の意味・解説 

大躍進政策

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 15:17 UTC 版)

大躍進政策(だいやくしんせいさく、繁体字: 大躍進簡体字: 大跃进拼音: dàyuèjìn: Great Leap Forward)とは、1957年反右派闘争で党内主導権を得た中国共産党中央委員会主席毛沢東の指導の下、1958年から1961年までの間、中華人民共和国が施行した農業工業の大増産政策である。




注釈

  1. ^ 通常、石炭はコークス炉で蒸し焼きにしコークスにしてから高炉に投入する。そうしなければ、多くの硫黄分を残すことになり鉄の品質は非常に悪くなるため、直接投入することはほとんど無い。
  2. ^ 北京市だけでも300万人が動員され、3日間で40万羽のスズメを駆除した
  3. ^ 同じ種類の種はお互いの成長を阻害しないとする理論に基づく。
  4. ^ 穴が深ければ深いほど根が発達するとする理論に基づく。
  5. ^ 『墓碑-中国六十年代大飢荒紀実』(邦訳:『毛沢東 大躍進秘録』文藝春秋、2012年)の著者である楊継縄は、独自の調査により、人口損失を「約7600万人」と主張している[12]。中国統計年鑑2017年版で1625万人の人口減が確認できることに加え、当時の中国は年間2000万の新生児出生があったと考えられており、大躍進が起こらなければ2000万×3+1650万=7625万の命が助かった、という観測に基づいた数字を提示しているのが楊継縄である。

出典

  1. ^ 田辺義明「プロレタリア文化大革命と中国空軍-秘められた「文革」と「戦闘機」の関係」『航空ファン』通巻780号(2017年12月号)文林堂 P.67
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q [1]TIN News Update, 5 October, 1996 Secret Report by the Panchen Lama Criticises China(小林秀英訳「パンチェン・ラマの秘密文書、中国を非難」)
  3. ^ ジェスパー・ベッカーの研究(1996年)による
  4. ^ 「パンチェン・ラマの意見書(「七万言上書」)概要」(イザベル・ヒルトン〈三浦順子訳〉『ダライ・ラマとパンチェン・ラマ』、ランダムハウス講談社、2006年)
  5. ^ ジャンベン・ギャツォ『パンチェン・ラマ伝』平河出版社,1991
  6. ^ 毛里(1998), 110頁
  7. ^ ジャスパー・ベッカー「餓鬼」
  8. ^ 茅於軾のブログ、「毛沢東の大飢饉」ディケーター
  9. ^ 中国統計年鑑 2017年版”. honkawa2.sakura.ne.jp. 2019年1月25日閲覧。
  10. ^ a b c フランク・ ディケーター『毛沢東の大飢饉 史上最も悲惨で破壊的な人災 1958-1962』p123,草思社,2011年7月23日
  11. ^ 現代外国人名録2012. “フランク ディケーターとは - コトバンク” (日本語). コトバンク. 2018年11月11日閲覧。
  12. ^ 毛沢東時代の大飢饉暴いた中国人記者が出国禁止に - 夕刊フジ2016年4月9日
  13. ^ 楊継縄『毛沢東 大躍進秘録』p36,文藝春秋、2012年)
  14. ^ 毛沢東は「南京大虐殺」とは一度も言わなかった 中国共産党に「歴史認識」を問う資格はない!”. www.dailyshincho.jp/. 2019年1月29日閲覧。
  15. ^ 日本経済新聞 2011年10月2日 読書 書評 この一冊「毛沢東の大飢饉」毛里和子
  16. ^ [2]歴史的悲劇の裏で進められた「子供たちの洗脳」


「大躍進政策」の続きの解説一覧



大躍進政策と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大躍進政策」の関連用語

大躍進政策のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大躍進政策のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大躍進政策 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS