中華人民共和国主席とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 中華人民共和国主席の意味・解説 

中華人民共和国主席

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/25 18:35 UTC 版)

中華人民共和国主席(ちゅうかじんみんきょうわこくしゅせき、簡体字中国語: 中华人民共和国主席簡体字中国語: 中国国家主席繁体字中国語: 中華人民共和國主席繁体字中国語: 中國國家主席: President of the People's Republic of China)は、中華人民共和国元首




  1. ^ a b 中国全人代、主席任期の制限撤廃=習氏の長期政権可能に-99.8%賛成で憲法改正”. 時事通信 (2018年3月11日). 2020年7月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年7月10日閲覧。
  2. ^ 1949年から1975年までの英語表記は「Chairman of the People's Republic of China」だったが、1982年よりchairmanからpresidentに変更された。
  3. ^ 江(2012年6月)、144ページ。
  4. ^ 中国人民政协第一届全体会议胜利闭幕 毛泽东当选中央人民政府主席 朱德刘少奇宋庆龄李济深张澜高岗当选副主席 中央人民政府委员会委员五十六人亦已选出」『人民日報』1949年10月1日第1版
  5. ^ a b 第一届政协大事记1949年
  6. ^ 1975年の憲法改正では、中国共産党中央委員会主席が軍の統帥権を保有し、国務院総理以下、国務院の構成員の任免を決定すること、全人代常務委員会が外交使節の接受、海外駐在全権代表の派遣・召還、条約の批准および廃棄などを行うことが規定された。
  7. ^ 1949年の中華人民共和国建国の際、最高軍事指導機関として設置された中央人民政府人民革命軍事委員会が、1954年の憲法制定によって改組され、国防委員会が成立した。1975年の憲法改正で廃止。
  8. ^ 1954年憲法第42条。
  9. ^ 1954年憲法第27条第6項では、「国家主席が国防委員会副主席および委員を指名し、全人代が選出する」と定められていた。
  10. ^ 国家主席・国家副主席・全人代常務委員長(国会議長に相当)・国務院総理、およびその他の人員で構成。国家主席が必要と認めた場合に招集される。1975年の憲法改正で廃止。
  11. ^ 1954年憲法第43条。
  12. ^ 2004年の憲法改正で国家主席の職権から「戒厳令の発布」が削除された。
  13. ^ 2004年の憲法改正で「国事活動の遂行」が国家主席の職権に追加された。これは「元首外交」を活性化させるためであり、また国家主席の憲法的地位が高められたと解釈されている。土屋英雄「中国の憲法改正-2004年改正の過程、内容、意義」『レファレンス』国立国会図書館、644号、2004年9月、79-80ページ。
  14. ^ a b c 中国共産党総書記軍事委員会主席兼任、実権の掌握。


「中華人民共和国主席」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中華人民共和国主席」の関連用語

中華人民共和国主席のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中華人民共和国主席のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中華人民共和国主席 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS