中国共産党中央政治局常務委員会とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 中国共産党中央政治局常務委員会の意味・解説 

中国共産党中央政治局常務委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/18 16:12 UTC 版)

中国共産党中央政治局常務委員会(ちゅうごくきょうさんとうちゅうおうせいじきょくじょうむいいんかい)は、中国共産党の最高意思決定機関。憲法に於いて「中国共産党が国家を領導する[1]」と規定されている中華人民共和国の政治構造において、事実上国家の最高指導部でもある。




  1. ^ 高橋(2007年)、495ページによると中華人民共和国憲法における「領導」の意味は「上下関係を前提とした指導の関係」である。坪田(2009年)、93ページ、脚注1によると中国共産党が使用する「領導」は「(絶対的な)指揮命令および服従を強いる権限を含む意味」がある。
  2. ^ 坪田(2009年)、103ページ。
  3. ^ 坪田(2009年)、104ページ。
  4. ^ 曽・小口(2002年)、52ページ。
  5. ^ 鄧小平が中央委員を退くに伴い、第13回党大会で「中央軍事委員会主席は中央政治局常務委員から選出する」との条文を党規約から削除している。また、この時期は国家主席・全人代常務委員長・政治協商会議主席も鄧小平と同世代の「八大元老」の中から選ばれ中央政治局常務委員でない者が就任する例が多かった。
  6. ^ 礼記の「刑不上大夫」から出た言葉。ただし、「刑不上大夫」は「礼不下庶人」と対になっており「大夫は廉恥を知る者のはずなので刑ではなく礼によって身を律する、庶人はそれができないので刑によって取り締まる」ということで本来は別に大夫を寛大に扱う趣旨ではなかった。
  7. ^ 中国前最高指導部の周永康氏は「拘束」されたのか…警察の“バック”、政局に激震も 産経新聞 2013年12月14日
  8. ^ 工藤哲・米村耕一「習近平体制発足  攻防の末『二重の院政』」『毎日新聞』2012年11月16日付記事、大阪版3面。
  9. ^ 河崎真澄「中国共産党 習総書記体制が発足 最高指導部を減員」『産経新聞』2012年11月16日付記事、大阪版1面。
  10. ^ 中国共産党規約(第三章)党の中央組織」中国共産党ニュース(人民網日本語版)を参照(2012年12月1日閲覧)。
  11. ^ 坪田(2009年)、100 - 103ページ。
  12. ^ 「党組」とは各国家機関・組織におかれた中国共産党の領導組織。正副書記と成員の数名で構成され、その構成員は当該機関の幹部と同一。坪田(2009年)、96ページ、脚注7。
  13. ^ 坪田(2009年)、101 - 102ページ。
  14. ^ http://www.mod.gov.cn/shouye/2017-10/25/content_4795667.htm


「中国共産党中央政治局常務委員会」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中国共産党中央政治局常務委員会」の関連用語

中国共産党中央政治局常務委員会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中国共産党中央政治局常務委員会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中国共産党中央政治局常務委員会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS