胡耀邦とは?

胡耀邦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/17 07:15 UTC 版)

胡 耀邦(こ ようほう、1915年11月20日 - 1989年4月15日)は、中華人民共和国政治家[1]国務院副総理、第3代中国共産党中央委員会主席・初代[注釈 1]中国共産党中央委員会総書記[1]。彼の死が後の六四天安門事件の引き金となった[2]




  1. ^ 1982年の総書記制導入以降。陳独秀を初代総書記とした場合は第5代となる。
  1. ^ a b c d e f g h i 「who's who」(2013年)423ページ
  2. ^ a b c d e f g h i 朝日新聞(2015年11月21日朝刊)11面「生誕100年 習主席『偉大な革命家』胡耀邦氏を再評価 民主化問題触れず」
  3. ^ a b 田畑(1995年)58ページ
  4. ^ 毛利(2006年)103ページ
  5. ^ “中国には意味のあった訪日・チベット対話”. 日経BP. (2008年6月4日). http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/a/134/index1.html 2017年5月7日閲覧。 
  6. ^ a b c d 毛利(2006年)111ページ
  7. ^ a b c 毛利(2006年)112ページ
  8. ^ “中国 日本の自衛力増強に理解 83年の首脳会談で”. NHK. (2017年1月12日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170112/k10010836861000.html 2017年1月15日閲覧。 
  9. ^ 前田(2014年)79ページ
  10. ^ a b c d e 田畑(1995年)88ページ
  11. ^ 稲垣(2015年)103ページ
  12. ^ a b c d e f 稲垣(2015年)104ページ
  13. ^ 『産経新聞』2010年4月16日付記事。
  14. ^ a b c d 稲垣(2015年)101ページ
  15. ^ a b c d 稲垣(2015年)102ページ
  16. ^ a b c 朝日新聞(2015年11月24日朝刊)8面「中国国営テレビ趙氏の写真外す 胡耀邦氏生誕100年番組」
  17. ^ https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20170608-00071879/





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「胡耀邦」の関連用語

胡耀邦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



胡耀邦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの胡耀邦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS