4月15日とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 4月15日の意味・解説 

4月15日

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/02 22:21 UTC 版)

4月15日(しがつじゅうごにち)はグレゴリオ暦で年始から105日目(閏年では106日目)にあたり、年末まではあと260日ある。誕生花はモクレンタンポポ




  1. ^ “美宇アジア選手権初V! 世界1位、2位、5位の中国勢破り日本女子21年ぶり”. Sponichi ANNEX. スポーツニッポン新聞社. (2017年4月15日). http://www.sponichi.co.jp/sports/news/2017/04/15/kiji/20170415s00026000384000c.html 2017年4月15日閲覧。 
  2. ^ “仏ノートルダム寺院で大規模火災 尖塔が崩壊”. AFPBB NEWS. (2019年4月16日). https://www.afpbb.com/articles/-/3220930 2019年4月16日閲覧。 
  3. ^ “竹富町、「イリオモテヤマネコの日」を宣言”. 琉球新報. (2016年4月15日). https://ryukyushimpo.jp/news/entry-258010.html 2018年3月21日閲覧。 
  4. ^ "第8話『ニャル子のドキドキハイスクール』の婚姻届シーン(15:50付近)". 這いよれ! ニャル子さん TVアニメ. テレビ東京. 2012年5月28日放送.
  5. ^ 電撃オンライン編集部『バトルガール ハイスクール 公式ビジュアルファンブック』KADOKAWA/アスキー・メディアワークス、2016年4月27日。
  6. ^ 南ひなた (電撃オンライン、2016年5月16日閲覧)。
  7. ^ ゲーム内のプロフィールより。
  8. ^ 宇田川 巴”. バンドリ! ガールズバンドパーティ! 公式サイト. ブシロード. 2019年4月15日閲覧。
  9. ^ 矢吹健太朗長谷見沙貴『To LOVEる -とらぶる-&To LOVEる -とらぶる- ダークネス公式データブック「ぱ〜ふぇくとらぶる! 」』集英社ジャンプ・コミックス〉、2011年、59頁。ISBN 978-4-08-874852-8
  10. ^ 矢吹健太朗、長谷見沙貴『To LOVEる-とらぶる-ダークネス 楽園計画ガイドブック「とらぶまにあ」』集英社〈ジャンプ・コミックス〉、2014年、127頁。ISBN 978-4-08-880260-2
  11. ^ アイドルマスター ミリオンライブ! | バンダイナムコゲームス公式サイト 2014年7月23日閲覧。
  12. ^ バンダイナムコピクチャーズ(監修)『アイカツスターズ! アイドル名かん(テレビ超ひゃっか ぷっちぐみ)』小学館、2016年、14-15頁。ISBN 978-4-09-750418-4
  13. ^ 東映アニメーションコロプラ(原案)、長谷見沙貴(原作)・宵野コタロー(作画)『スタプラ!NG♪』第1巻、学研パブリッシングノーラコミックス〉、2013年、30頁。ISBN 978-4-05-607113-9
  14. ^ タチ『桜Trick』第1巻、芳文社まんがタイムKRコミックス〉、2012年、2頁。ISBN 978-4-8322-4187-9
  15. ^ まんがタイムきらら編集部編 『桜Trick TVアニメ公式ガイドブック 〜ヒミツのシラバス〜』 芳文社〈まんがタイムKRコミックス〉、2014年、24頁、ISBN 978-4-8322-4438-2
  16. ^ 方條ゆとり『迷想区閾』第1巻、エニックスガンガンウイングコミックス〉、2002年、裏表紙カバー下。ISBN 4-7575-0804-2


「4月15日」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

4月15日のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



4月15日のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの4月15日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS