博物学とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 博物学の意味・解説 

はくぶつ‐がく【博物学】


博物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 16:18 UTC 版)

博物学(はくぶつがく、Natural history, 場合によっては直訳的に:自然史)は、自然に存在するものについて研究する学問。広義には自然科学のすべて。狭義には動物植物鉱物岩石)など(博物学における「界」動物界植物界鉱物界の「3界」である)、自然物についての収集および分類の学問。英語の"Natural history" の訳語として明治期に作られた。そのため、東アジアに博物学の伝統は存在しないが、慣例的・便宜的に「本草学」が博物学と同一視される[1]


  1. ^ 木場, 貴俊『怪異をつくる 日本近世怪異文化史』文学通信、2020年、100f。ISBN 978-4909658227
  2. ^ 河原啓子 『芸術受容の近代的パラダイム:日本における見る欲望と価値観の形成』 美術年鑑社、2001年、30頁。 
  3. ^ 宮本義己「徳川家康と本草学」(笠谷和比古編『徳川家康―その政治と文化・芸能―』宮帯出版社、2016年)
  4. ^ a b 今橋 2017, p. 序章 「花鳥画」研究への新たな光.
  5. ^ 水虎考略 - 岩瀬文庫コレクション
  6. ^ 殿様の博物学 | コラム | 描かれた動物・植物”. www.ndl.go.jp. 国立国会図書館. 2020年10月7日閲覧。
  7. ^ a b 科学朝日編、磯野直秀ほか著『殿様生物学の系譜』朝日新聞社、1991年。
  8. ^ 荻野, 慎諧『古生物学者、妖怪を掘る』NHK出版NHK出版新書〉、2018年。ISBN 978-4140885567(第二章四節「奇石考『雲根志』『怪石志』を読む」)
  9. ^ 今橋 2017, p. 終章 海を渡った禽鳥帖―西欧と江戸時代博物図譜.



博物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/04 05:36 UTC 版)

科学におけるロマン主義」の記事における「博物学」の解説

アシュトン・ニコルズ(Nichols, 2005)はアメリカ博物学者ウィリアム・バートラムイギリス自然科学者チャールズ・ダーウィン仕事焦点当て18-19世紀英語圏における科学と詩との繋がり調査している。バートラムの『南北キャロライナジョージア東西フロリダの旅』(1791)はアメリカ合衆国南部動植物風景それ自身模写として役立律動的活力ある筆致描きウィリアム・ワーズワースサミュエル・テイラー・コールリッジウィリアム・ブレイクといった当時ロマン主義詩人英語版)たちのインスピレーションのとなった。『種の起源』(1859)を含むダーウィン仕事は自然を創造的な着想源として用いることが一般的であったロマン主義の時代一つ区切付け芸術における現実主義アナロジー使用勃興へと道をつけた。

※この「博物学」の解説は、「科学におけるロマン主義」の解説の一部です。
「博物学」を含む「科学におけるロマン主義」の記事については、「科学におけるロマン主義」の概要を参照ください。


博物学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 11:33 UTC 版)

インド博物館 (コルカタ)」の記事における「博物学」の解説

この博物館には博物学に関する4つギャラリー、すなわち植物学昆虫学哺乳動物学、鳥類学ギャラリーがある。また恐竜巨大な骨格標本といった先史時代遺物もある。

※この「博物学」の解説は、「インド博物館 (コルカタ)」の解説の一部です。
「博物学」を含む「インド博物館 (コルカタ)」の記事については、「インド博物館 (コルカタ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「博物学」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

博物学

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 09:05 UTC 版)

名詞

博物 はくぶつがく

  1. 自然界存在する動植物鉱物などの知識収集する学問現在では動物学植物学鉱物学などに分化している。

発音(?)

翻訳

関連語


「博物学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「博物学」の関連用語

博物学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



博物学のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの博物学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの科学におけるロマン主義 (改訂履歴)、インド博物館 (コルカタ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの博物学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS