勃興とは? わかりやすく解説

ぼっ‐こう【勃興】

読み方:ぼっこう

[名](スル)にわかに勢力得て盛んになること。「新国家が―する」


勃興

読み方:ボッコウ(bokkou)

急激に勢力増して栄えること


勃興 (1990年–1995年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:43 UTC 版)

マスコア」の記事における「勃興 (1990年1995年)」の解説

1990年代、ハードコアパンク・シーンはエクストリームメタル素直に受け入れ始めたが、同時にイデオロギー強く染まっていった。人気バンド多くが、サブカルチャー宗教政治的なグループ一員になったコンヴァージやコウアレス、ボッチ筆頭に、マスコアバンドの中にはストレート・エッジクリシュナ思想グループ影響を受け始めものもいた。他方マスコアかなりの影響与えたが、より型破りな音楽性バンドアンダーグラウンドとどまったマスコア先駆者としてあげられることの多いDazzling KillmenとCrawは、その当時ノイジーマスロック考えられていた。デビュー・アルバムそれぞれ1992年1993年リリースされている。彼らの特徴は「メタリック・ポストハードコア」なサウンドだが、拍子コンスタント代わりボーカルが「気が狂った人発する動物的な音」を出す点でも特異といえる。Dazzling Killmenのメンバーのうち3人はジャズ・スクールで知り合ったが、Crawにはクラシック音楽パーカッション奏者とジャズ・ベーシストがメンバーにいる。どちらのバンドのライブにも、サックス奏者参加したことがある1989年に、ニュージャージー州出身Rorschachがユースクルー・シーン内で結成されたが、すぐに複雑で不協和なメタリックハードコアを志向していく。彼らはDie Kreuzenやブラック・フラッグなどのハードコアパンクのほか、ヴォイヴォドスレイヤーなどのスラッシュメタルから影響を受けていた。Rorschach1993年解散すると、ギタリストKeith Huckins1994年にデッドガイ(英語版)に加入し1995年発売され1stアルバムFixation on a Co-Worker』に参加している。両者不協和サウンド初期のマスコアバンドに多大な影響与えたこの時期、重要なマスコアバンドがいくつか結成されている。例えば、1993年ワシントン結成されボッチ英語版)、1994年ミズーリ州結成されたコウアレス(英語版)、コネチカット州Cableスイス出身Knut1995年マサチューセッツ州結成されたケイヴ・イン(英語版)とヴァーモント州出身のDrowningmanである。1990年には、マサチューセッツコンヴァージ結成されているが、シーンと関連するような」曲を書いたり演奏したし始めたのは1994年のことであった急成長するマスコア・シーンについて、ザ・ディリンジャー・エスケイプ・プラン創始者であり、ギタリストBen Weinman次のように述べている。 .mw-parser-output .templatequote{overflow:hidden;margin:1em 0;padding:0 40px}.mw-parser-output .templatequote .templatequotecite{line-height:1.5em;text-align:left;padding-left:1.6em;margin-top:0}俺が最初にいた(ハードコアパンクの)シーン本当に頭が固かった。(中略)当時シーンマジで思想中心に回ってたんですよ。ヴィーガニズムキリスト教クリシュナストレート・エッジそういった全てのことが、当時プレイしていたバンドみんなにとって大きなことだったんです。(中略)そこからただの派閥とか人気コンテストみたいなものになっていったんですよね。(彼らは)音楽興味持たず素晴らしミュージシャンでもなかったし、やる気もなかった。情熱創造性もない、昔のバンドのパクリみたいな曲を書いていただけ。(中略)(Dazzling KillmenやDeadguyなどのように)ただひたすら音楽中心上手くやってて、色々な面で影響力もあって。アンダーグラウンドなんだけど、依然として音楽突き動かされているようなバンドを見るのは素晴らしいことでしたね。(中略)それを見て俺も「これこそ俺のやりたい音楽だ!」って思ったですよ。

※この「勃興 (1990年–1995年)」の解説は、「マスコア」の解説の一部です。
「勃興 (1990年–1995年)」を含む「マスコア」の記事については、「マスコア」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 04:45 UTC 版)

カルボナリ」の記事における「勃興」の解説

ナポリ王フェルディナンド4世Ferdinando IV両シチリア王としてフェルディナンド1世)を廃したナポレオン・ボナパルトNapoléon Bonaparte)は、兄ジョゼフJoseph Bonaparte)にナポリ統治任せることを決定1806年3月30日ジョゼフナポリ王ジュゼッペ・ボナパルテ(Giuseppe Bonaparte)として即位した。これに随行したジャコバン派人々によって、フランシュ=コンテにおける結社思想ナポリ伝播イタリア南部カラブリア亡命していた共和主義者によって、カルボナリ誕生したとの説が有力である。 ジュゼッペ替わり1808年ナポリ王に就いたナポレオン義弟ジョアシャン・ミュラJoachim Murat)ことジョアッキーノ・ミュラ(Gioacchino Murat)は、就任当初はカルボナリ快く思っていなかったが、ナポレオンとの間に齟齬生じると、ナポレオン体制否定するカルボナリ利用価値見出し、これを陰で庇護国王後ろ盾得たカルボナリは、南イタリア一帯勢力伸ばした。しかし1812年シチリアで自由憲法発布されると、ナポリでも憲法制定要求する運動盛んになり、カルボナリ一転してミュラ専制敵意露にした。

※この「勃興」の解説は、「カルボナリ」の解説の一部です。
「勃興」を含む「カルボナリ」の記事については、「カルボナリ」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 01:17 UTC 版)

メキシカン・マフィア」の記事における「勃興」の解説

1961年までにデューエル刑務所内での暴力は、管理者多数のラ・エメの構成員たちを暴力行為阻止のためサン・クエンティン州立刑務所移送せねばならないほどに悪化していた。しかし、この作戦失敗した。シャイアン・カデナ(英語: Cheyenne Cadena)がサン・クエンティン下等刑務所に来ると、6.5フィート(約198cm)・300ポンド(約136kg)の黒人受刑者彼の顔に口づけて、この痩せこけた10代少年彼の女bitchとなったことを宣言したカデナはしばらく後に戻ると、その疑うことを知らぬ捕食者へと歩み寄り、ジェイルハウス・ナイフあるいはシャンク(英語: Shank (weapon))即席ナイフ)で彼を刺殺した。1,000を超す受刑者刑務所にはいたが、いかなる証言出てこなかった。ラ・エメの構成員による一連の殺人はすぐにサン・クエンティン受刑者たちの間で噂となったメキシカン・マフィア完全な支配追求は、彼らの傷害殺人時計指輪タバコなどの貴重品狙った窃盗快く思わない多くの他のメキシコ系の受刑者たちを遠ざけた。彼らの一部はラ・ヌエストラ・ファミリア(英語: La Nuestra Familia)(NF)あるいは我らが家族Our Family)と呼ばれる新たな刑務所ギャングひそかに設立した。これは最初1960年代中期カリフォルニア州ソレダード(英語: Soledad, California)の刑務所において設立されたものであった初期の構成員はロサンゼルス出身であったが、NFはすぐに、主として北カリフォルニア村落出身囚人たち引き寄せるようになったメキシカン・マフィアはヌエストラ・ファミリアを劣等組織であり、「ただの農夫集団」(farmeros)とみなしたしかしながら1968年メキシカン・マフィア兵士(soldado)がヌエストラ・ファミリアの支持者から靴を1足盗んだことがきっかけで、サン・クエンティン大規模な暴動発生してしまう。19受刑者負傷し、ラ・エメの協力者1人最終的に死亡した。「靴戦争Shoe War)」として知られる抗争始まり、ヌエストラ・ファミリアはラ・エメの最大の対抗勢力となった

※この「勃興」の解説は、「メキシカン・マフィア」の解説の一部です。
「勃興」を含む「メキシカン・マフィア」の記事については、「メキシカン・マフィア」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 05:10 UTC 版)

拓跋部」の記事における「勃興」の解説

220年西部の侵攻部民離散し、没鹿回部大人の竇賓につき従っていた力微は、竇賓とともに西部攻めるが敗走した逃げる際、馬を失い徒歩で逃げていたところを、力微が馬を調達して来て、竇賓らはなんとか逃げることができた。これにより、竇賓は力微に国土半分与えようとするが、力微は拒んだので、代わりに娘を嫁がせた。248年、竇賓は臨終至り2人の息子に力微に仕えるように伝えたが、2人従わなかったので、力微は2人呼び寄せて殺したこれにより諸部大人は力微に心服した。 258年、力微は定襄郡盛楽遷都した。夏4月、天を祭った諸部君長はみな祭にやってきたが、白部大人観望唯一出席しなかったので、力微は観望征伐した。261年、力微は太子沙漠汗を魏に人質として赴かせた。267年沙漠汗は西晋から返還される275年沙漠汗は再び晋に赴くが、留まらせられるこのころから晋の衛瓘は「離間の計」を謀り、諸大人賄賂送り始める。277年、ようやく沙漠汗は返され、力微は大喜びで出迎えるが、衛瓘から賄賂貰っている諸大人は、晋の文化染まってしまった沙漠汗の姿を見て謀反心ありとし、あらぬ疑いをかけた。力微は沙漠汗を疑わなかったが、すでに100歳を超える高齢で、はっきりしないので、諸大人は力微の命だと偽り沙漠汗を殺した。力微は甚だこれを悔んだという。その後、力微は病気患い烏桓王の庫賢に軍を任せた。しかし、庫賢も衛瓘賄賂受け取っており、庫賢は大いに国をかき乱してやった。そんな中、力微は死去した西晋衛瓘策略により、しばらく衰退した拓跋部であったが、拓跋禄官大人となると再び勢力盛り返した295年拓跋禄官拓跋部3分割し、自身は上谷郡の北、濡源の西で、宇文部に東接す東部拓跋部統治した拓跋沙漠汗長子拓跋猗㐌は、代郡参合陂の北の中部拓跋部統治した拓跋沙漠汗次子拓跋猗盧は、定襄郡盛楽故城西部拓跋部を統治した拓跋禄官は、拓跋力微以来となる晋との国交回復し人民も財も軍も充実したこの年西部の拓跋猗盧并州出始め、雑胡を北の雲中五原朔方遷した。また、西は渡河して匈奴烏桓諸部撃破した拓跋禄官は、杏城の北80里から、長城の端にまで至り石碑建てて晋と境界分けた296年思帝拓跋弗)が生前改葬欲していたので、拓跋禄官文帝沙漠汗)及び皇后氏の葬儀行った。晋の成都王の司馬穎従事中郎の田思を遣わし河間王の司馬顒司馬の靳利を遣わし并州刺史司馬騰主簿天を遣わして葬儀参列した遠近赴く者は20万人にも及んだ297年中部拓跋猗㐌はたびたび漠北巡り西の諸国帰順させた。298年東部未耐婁大人の倍斤は遼東入居した299年宇文部大人宇文莫珪の子宇文遜昵延拓跋部朝貢してきたので、拓跋禄官はその誠款を喜び長女を妻とさせた。301年拓跋猗㐌は自ら西略に至り20余国を帰順させた。304年匈奴劉淵離石で叛き、自ら漢王号す并州刺史司馬騰拓跋部援軍要請した拓跋猗㐌10万騎率い拓跋禄官もこれに呼応し西河郡上党郡劉淵の軍を大破させた。305年劉淵司馬騰攻め司馬騰はまた援軍要請した拓跋猗㐌軽騎数千でこれを救い劉淵配下の綦毋豚を斬る劉淵蒲子に南走した。晋は拓跋猗㐌に大単于金印紫綬貸し与えた307年拓跋禄官死去するこの年、徒何の単于慕容廆が遣使を送り朝貢してきた。

※この「勃興」の解説は、「拓跋部」の解説の一部です。
「勃興」を含む「拓跋部」の記事については、「拓跋部」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 15:27 UTC 版)

日本の地下鉄」の記事における「勃興」の解説

日本地下鉄敷設する計画は、1906年明治39年)に東京地下電気鉄道高輪 - 浅草間及び銀座 - 新宿間の免許申請したのが初見である。これは実際に建設することを目的にしたというよりも、欧米地下鉄敷設状況知り先行して鉄道免許取得しようしたものであり、また東京市反対もあり却下されてしまった。

※この「勃興」の解説は、「日本の地下鉄」の解説の一部です。
「勃興」を含む「日本の地下鉄」の記事については、「日本の地下鉄」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 21:11 UTC 版)

暴走族」の記事における「勃興」の解説

1950 - 1960年代頃から、富裕層中心に当時まだ高価であったオートバイ集団で乗り回す若者登場マフラー外してけたたましい爆音響かせながら走り回る様から「カミナリ族」という呼称生まれた交通妨げて疾走することから交通事故懸念されたものの、時代高度成長期であったため、社会大きく変容することのストレス受けた心理社会的モラトリアム範疇として、マスメディア文化人中心にある程度容認される傾向見られた。 しかし1970年代になるとオートバイ低価格化とともに広く一般へ普及し、「狂走族」と呼ばれていた不良少年達に浸透していくと暴行恐喝事件起こす傾向強くなり、一般市民への暴力事件グループ同士抗争事件社会問題として取り上げられるようになった1972年富山県富山市中心部城址大通りから端を発して全国広がった騒動をきっかけに、「暴走族」の呼び名広まり警察当局もこの名称を公文書用いた東日本では、1972年ごろからグループ化始まり1974年には確認されているだけで86件の抗争事件発生同年にはグループ数の増加顕著となり、日本各地グループが「東北連合」、「関東連合」、「武州連合」などといった連合体結成する動き見られた。 1975年上半期時点では全国571グループ、約23千人が存在しており、包丁火炎瓶ヌンチャク角材木刀などで武装するグループ現れたグループ同士対立増加は、結果として自衛目的とした連合の結成」を促すこととなり、1975年ごろの大組織の台頭小組織の小競り合い減らした反面抗争規模肥大化させ、グループ同士争いのみならず暴徒化した一般群衆巻き込んだ暴動にまで発展することもあった。この時代になると社会の安全を脅か存在として、従来の「モラトリアム範疇」という論は低調になっていった。 1977年頃の東京における暴走族大規模な集結地は大井ふ頭砧公園表参道となっていた。特に表参道では、休日日中数千台の自動車オートバイ集まることも珍しくなかった警察通行規制対応したものの抜本的な解決策はならず1978年道路交通法改正へとつながった。この法改正により「共同危険行為禁止規定」が新設され、一旦は鳴り潜めたが、以後も再び勢威増していった。元来カミナリ族嗜好相当する運転技術重視するスタイルの者は、仲間うちで「街道レーサー」と呼ばれた後に走り屋」を自称しその様態は存続し続けるが、一時的に社会注目薄れていく

※この「勃興」の解説は、「暴走族」の解説の一部です。
「勃興」を含む「暴走族」の記事については、「暴走族」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/05 09:26 UTC 版)

鉄道旅行」の記事における「勃興」の解説

1970年代以降自家用車航空機一般化していく中で鉄道絶対唯一の旅行手段ではなくなっていく。その中で、あえて鉄道移動手段として利用する旅行自体魅力を感じる層が出現しはじめる。その先駆け呼べるのが作家内田百閒の『阿房列車シリーズである。 1977年頃に始まブルートレインブームによって、ブルートレインに代表される夜行列車少年層のあこがれとなり、それまでSLブームが「蒸気機関車撮影すること」に比重があったのに対して、「列車に乗ること」が趣味になるという認識を一般に広め契機となったまた、同年は種直樹が日交通公社から『鉄道旅行術』を出版した。この書籍には乗車券購入方法から駅弁楽しみ方、宿の取り方など、当時はあまり公開されていなかった鉄道旅行ノウハウ詳細に記されており、「鉄道旅行バイブル」とまでいわれた。この書籍によって、各大学鉄道研究会鉄道友の会では当たり前であったノウハウ一般化し一般の人鉄道旅行へ出る基礎情報がそろうことになる。 そして、1978年中央公論社活躍した編集者常務であった宮脇俊三処女作である『時刻表2万キロ』を河出書房から刊行した宮脇飄々とした文章と、淡々と鉄道乗り沿線旅していく様子鉄道興味のない一般大衆心をつかみそれまで鉄道関係書籍としては異例のベストセラーとなった。この書籍影響大きく日本国有鉄道1980年代いい旅チャレンジ20,000kmキャンペーン張るきっかけとなるなど、鉄道乗ること自体趣味として一般に認知された。なお、宮脇1979年に『最長片道切符の旅』を新潮社から出している。宮脇が「最長片道切符」という分野開拓したわけではないが、世間一般に「最長片道切符」を広く認知させた。 一方種村は、車中泊のみで列車をつなぐ「乗り継ぎ旅」と計画性持たず成り行きで行程を決める「気まぐれ列車」という2つ鉄道旅行形態提案したまた、汽車旅」という用語を鉄道旅行代名詞として最初に使用し始めたのも種村である。宮脇郷愁を誘う紀行文とともに鉄道旅行広めたに対して種村鉄道旅行の手法を提案することで鉄道旅行魅力広め役割果たした

※この「勃興」の解説は、「鉄道旅行」の解説の一部です。
「勃興」を含む「鉄道旅行」の記事については、「鉄道旅行」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 10:21 UTC 版)

ダニー・ハボック」の記事における「勃興」の解説

2006年にさっそくTODへの本格参戦果たし1回戦目でジョン・ザンディグを破るも、2回戦目で敗退。 翌2007年TODでは、1回戦目でスコッティ・ヴォルテクズと当たり、さっそく蛍光灯梯子木製小屋用いたデスマッチ敢行梯子から小屋へのデスバレードライバーをヴォルテクズへと見舞ってこれを制し2回戦目でドレイク・ヤンガー相手芝刈り機使ったデスマッチ戦い敗れ去った。 それからおおよそ2週間後にKOTDMへの2度目出場行い、ディスファンクションとの第1回戦で、有刺鉄線金網置き換えられリングでのデスマッチ戦い敗退続けてインサーン・レーンと組んだうえで、ローリン・ハードミッチ・ペイジ組と吹本賢児ディレンジド組とのバトルロイヤル戦を制した。これはミッチ・ペイジ最後の試合でもあった。 やがて9月になるとCZWマット総数5名から成るバトルロイヤル戦を制し同時にCZWジュニアヘビー級王座獲得。それから程なくしてファスト・フォワード』と題されたTOD番外大会出場し蛍光灯使ったデスマッチにてダスティン・リーを撃破続けて戦った第2回戦ブレイン・ダメージ敗れ退いたこの年には更にIWAイーストコーストマスターズ・オブ・ペイン選手権大会初出場し、第一回戦ガラス用いたデスマッチマッドマン・ポンドと戦うも、そのまま敗れ退いた

※この「勃興」の解説は、「ダニー・ハボック」の解説の一部です。
「勃興」を含む「ダニー・ハボック」の記事については、「ダニー・ハボック」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 03:56 UTC 版)

常陸平氏」の記事における「勃興」の解説

昌泰元年898年)に上総介任じられた父の平高望とともに坂東下向した高望長子平国香は、前任常陸大掾源護の娘を妻とし護よりその地位受け継ぎ常陸大掾として常陸国筑波山西麓真壁郡東石田住したが、護の子扶らと下総本拠とする甥の将門との抗争巻き込まれ亡くなり承平天慶の乱発端となるその後、国香の嫡子貞盛藤原秀郷らの協力得て将門討ち、その報償として常陸多数所領を得る。貞盛一族から多数養子迎えたことで知られこの内、弟である繁盛の子維幹を常陸赴任させた。維幹は同国筑波郡多気に因んで多気大夫号し、ここを拠点にして勢力拡大させていく。これが常陸平氏始まりである。常陸平氏大掾職を代々継承し苗字していく。維幹の後は長男の為幹が継ぐが、次男の為賢は伊佐氏号し後に肥前移住して鎮西平氏形成するその一方で「常陸平氏大掾職を代々継承した」とする伝承には史実との整合性に合わない部分があり、12世紀常陸国国衙発給した文書には大掾世襲事実とすれば当然記されているべき大掾署判存在せず何よりも大掾氏吉田馬場氏)の系図ですら為幹の次に大掾地位に就いたのは曾孫である馬場資幹とされている従って、馬場資幹以前常陸平氏を「大掾氏」と呼称するのは不適切であると考えられる。 維幹の兄弟の方では、維茂(同じく貞盛養子)は越後赴任してその子孫城氏称して越後平氏形成する他にも、兼忠の子孫は信濃平氏(仁科氏)として、安忠の子孫は海道平氏岩城氏)として発展したとされる上記参照)。

※この「勃興」の解説は、「常陸平氏」の解説の一部です。
「勃興」を含む「常陸平氏」の記事については、「常陸平氏」の概要を参照ください。


勃興

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/25 07:22 UTC 版)

隈部氏」の記事における「勃興」の解説

1264年文永元年)に上記の持直が菊池武房から隈部姓を与えられ代々菊池氏忠誠尽くし南北朝時代戦いなどに従軍したが、菊池氏一族内に家督争い発生するうになると、主家家督廃嫡大きな影響力を持つようになった豊後国守護大名大友氏菊池氏家督触手を伸ばすと、その実現に貢献した1559年永禄2年隈部親永のとき隈府城による赤星親家合勢川の戦い破ってさらに勢力伸ばし1578年天正6年耳川の戦い島津氏大敗した大友氏見限り新たに肥前国戦国大名龍造寺氏結んで親家の子赤星統家攻めて追放、現・菊池市一帯をも領有するうになる。その最大所領は約5,000町(3万石から6万石)におよび肥後国北部最有力国人のし上がった

※この「勃興」の解説は、「隈部氏」の解説の一部です。
「勃興」を含む「隈部氏」の記事については、「隈部氏」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「勃興」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

勃興

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 00:54 UTC 版)

発音(?)

ぼ↗っこー

名詞

ぼっこう

  1. 勢力得て盛んになること。

動詞

活用

サ行変格活用
勃興-する

「勃興」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「勃興」の関連用語

勃興のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



勃興のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマスコア (改訂履歴)、カルボナリ (改訂履歴)、メキシカン・マフィア (改訂履歴)、拓跋部 (改訂履歴)、日本の地下鉄 (改訂履歴)、暴走族 (改訂履歴)、鉄道旅行 (改訂履歴)、ダニー・ハボック (改訂履歴)、常陸平氏 (改訂履歴)、隈部氏 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの勃興 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS