興隆とは? わかりやすく解説

こう‐りゅう【興隆】

読み方:こうりゅう

[名](スル)勢い盛んになること。「民族の―を促す」「庶民文化が―する」


興隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/04 05:04 UTC 版)

興隆(こうりゅう)は、ベトナム陳朝英宗が使用した元号。1293年旧3月9日 - 1314年旧3月18日。




「興隆」の続きの解説一覧

興隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/09 07:07 UTC 版)

倚天中文系統」の記事における「興隆」の解説

1980年代台湾市場には上千科技大千中文系統』、宏碁エイサー)『龍碟中文系統』、國喬電腦『國喬中文系統』、後に市場参入した延伸科技『震漢中文系統』などといった、多数中国語システム存在した当時一般に知的財産権周知されておらず、よって倚天は漢字表示するハードウェア開発によって主な利益得ていた。純正のソフトウェアディスクにはコピープロテクトがなかったため、コピー品広まって多くの人使われることになった中国でのPC開発の歴史において、倚天中文系統多くの特殊なソフトウェア共通の互換性もたらしたという、非常に重要な役割果たした。 倚天の前は金庸の武俠小説倚天屠龍記』が由来で、一部人から設立当時競合企業の龍碟を打倒すべく倚天屠龍(倚天が龍を切り裂く)とした」と噂されたが、倚天は「倚天屠龍記読めば分かるように、武林震撼させる奇金を討伐するために倚天剣屠龍刀は協力していた」として、この説を否定している。 その初期のユーザーマニュアルを含む出版物だけでなく、純正品ユーザー配布された『倚天人』という雑誌でも指摘されていたように当時SF映画E.T.がもっとも高い興行収入誇っていて、その時中国海外流行を受けて「倚天」と掛け合わせメインプログラムファイル名がET.COMと命名された。 最盛期には科技ダイナコムウェア)が製造していた『金卡』シリーズにしばしば搭載された。これは角がスムース高品質大きな字を表示することで、文書可読性向上した新聞や雑誌対抗する表示品質はより美しDTPシステム影響与え初期にシェイクスピア』などを発行した新人類資訊も倚天環境ベースDTPシステム構築した後に開発された國喬などの他のブランドもまたユーザー利便性のために『國喬プリセット・倚天シミュレーション』を設計に取入れユーザーにより多くの選択可能な操作手段を提供した

※この「興隆」の解説は、「倚天中文系統」の解説の一部です。
「興隆」を含む「倚天中文系統」の記事については、「倚天中文系統」の概要を参照ください。


興隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 18:56 UTC 版)

北京天文台」の記事における「興隆」の解説

興隆観測所は、北京天文台における光・赤外天文学観測拠点である。 観測所の候補地選びは、北京天文台設立先立つ1957年には始まっていた。北京天津周辺大気安定しており、運用上も都合の良い所を求め調査7年に及んだ1964年には観測所の場所を河北省興隆県南双洞村聯營寨と決定1968年観測所完成した。興隆観測所は、標高平均およそ900 mの森の中位置し年間晴天がおよそ200夜、測光夜はおよそ100夜を見込め空気透明度シーイング良好とされる当初は沙河観測所から移設した東ドイツ製の口径40 cm双眼アストログラフ、60 cm90 cmシュミットカメラ、そして所期目標であった口径2 m望遠鏡試験機となる60 cm反射望遠鏡で、観測始まった2m望遠鏡計画は、文化大革命により興隆観測所開所前に中断余儀なくされたが、1974年計画再開1989年口径2.16m反射望遠鏡完成した。この望遠鏡当時東アジア最大の光学望遠鏡であった。2.16 m望遠鏡前年には、口径1.26 m赤外線望遠鏡完成しており、興隆観測所東アジア随一の光・赤外線天文学観測拠点である。

※この「興隆」の解説は、「北京天文台」の解説の一部です。
「興隆」を含む「北京天文台」の記事については、「北京天文台」の概要を参照ください。


興隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/05 14:09 UTC 版)

ノウ・ナッシング」の記事における「興隆」の解説

1854年春、ノウ・ナッシングボストン市セイラム市などニューイングランド都市制した1854年秋の選挙ではマサチューセッツ州議会制し、その最大の勝利となったフィラデルフィア市長選に出馬したホイッグ党の候補者ロバート・T・コンラッドは、間もなくノウ・ナッシングメンバーであることが分かったコンラッドは、犯罪率下げること、日曜日には酒場閉めること、およびアメリカ生まれの者を役職者指名することを約束したコンラッド地滑り的勝利を掴んだワシントンD.C.では、ノウ・ナッシングの候補者ジョン・T・タワーズ現職のジョン・ウォーカー・モーリーを破り首都における民主党ホイッグ党自由土地党が「反ノウ・ナッシング党」として団結したものに対抗できることを示したニューヨーク州では、四つどもえの選挙の中でノウ・ナッシング候補者投票総数26%を獲得して第3位になった1854年秋の選挙以後メイン州インディアナ州ペンシルベニア州およびカリフォルニア州ではかなりの影響力及ぼしたとしているが、党の秘密性に加えて党内混乱していたこと、反奴隷制度と禁酒の問題外国人排斥問題複雑に絡み混同されたことのために、これを疑問視する歴史家もいる。ノウ・ナッシングサンフランシスコ市長スティーブン・パルフレイ・ウェブとカリフォルニア州知事J・ニーリー・ジョンソンを当選させた。この時点でも中央組織がなく、非公式の運動だった。1854年選挙の結果ノウ・ナッシングにとって好ましいものだったので、公式にはアメリカン党」と呼ぶ政党結成し当時は解散しかかっていたホイッグ党の元党員民主党と禁運動家かなりのメンバー入党させた。アメリカン党の党員数は、この年の数か月間に5万人から推計100万人以上にまで劇的に増加したこの頃政党に対する忠誠心混乱していたので、同一人アメリカン党、民主党および共和党の候補者に投票することもあった。これと時期同じくして、北部多くの州では新し共和党大きな勢力を持って出現したアメリカンの場合は著名な政治家少なく指導者もあまり政治経験無かった大きな例外はインディアナ州スカイラー・コルファクスマサチューセッツ州ヘンリー・ウィルソンであり、どちらも共和党員になって副大統領選ばれたノウ・ナッシングのある歴史家次のように結論づけている。 1854年ノウ・ナッシング成功した主要因第二政党制崩壊であり、それは主にホイッグ党消滅によってもたらされたものだったホイッグ党内部不一致慢性的な派閥抗争によって時間と共に弱ってきており、カンザス・ネブラスカ法1854年)によってほとんど死に体になっていた。反奴隷制度禁酒および外国人排斥によって大きくなった反党感情が党体制分裂にも影響した第二政党制崩壊によって、ノウ・ナッシングにはそれ以前外国人排斥組織よりも大きな転向者容れる余地ができ、昔の外国人排斥集団失敗した所で成功を遂げることができた。 — Tyler G. Anbinder、Nativism and Slavery, p. 95 1854年アメリカン党の党員ワシントン記念塔ピウス9世寄付した花崗岩の塊を盗み破壊したとされている。また記念塔の建設協会乗っ取り4年支配したその間生じた遅れを取り戻し修復する必要があった(詳細ワシントン記念塔#建設を参照)。 1854年カリフォルニア州では、サム・ロバーツがサンフランシスコノウ・ナッシング支部作った。この集団中国アイルランドからの移民反対して結成された。 1855年春、リーバイ・ブーンがノウ・ナッシングとしてシカゴ市長選出された。ブーンは市の職から全ての移民閉め出した。しかし、州全体を見ると共和党エイブラハム・リンカーンそれ以上の成功阻止したオハイオ州1855年ノウ・ナッシング勢力得た唯一の州だった。オハイオ州での成功移民、特にドイツ系ルーテル派信徒とスコットランド・アイルランド系長老派教会員の支持得たことから来ており、これらの教徒カトリック教徒対抗していた。アラバマ州ノウ・ナッシングは、元ホイッグ党員、反体制派民主党員およびその他政治的アウトサイダー混成であり、鉄道建設を州が助成することに賛成していた。大荒れの1855年選挙では、アラバマ・ノウ・ナッシングでは北部奴隷制度反対論者から奴隷制度守れないと、民主党州内有権者説得することで勝利できた。 ノウ・ナッシング1854年北部州選挙では驚くべき勝利を収めマサチューセッツ州議会制しペンシルベニア州では投票総数40%を獲得していた。新し移民大半は北部州居住していたが、彼等に対する満と怒り全国的なものであり、アメリカン党は南部でも元ホイッグ党員の多くの票を得て当初は選挙をうまく戦ったノウ・ナッシング富裕な者は少なかったが、ある歴史家が元党員名簿詳細に研究した結果によると、その収入職業社会的地位平均的なのだった10%未満の者が非熟練労働者であり、アイルランドからの労働者直接競合する関係にあったノウ・ナッシング農夫をほとんど入れなかったが、一方で多くの商人工場経営者入会させた。党に投票するのは全てアメリカ合衆国生まれとは限らなかった。というのも多くの州レベル選挙では、ドイツイギリスプロテスタントのうち4分の1上から得票ていたからだった。特にルーテル派オランダ改革派および長老派教会アピールしていた。 党の名前は幅広い短期間人気を得た外国人排斥主義新しアメリカ流行となり、ノウ・ナッシング・キャンディ、ノウ・ナッシング・ティー、ノウ・ナッシング爪楊枝まで現れた駅馬車には「ザ・ノウ・ナッシング」という渾名付いたメイン州トレスコット船主は、新し700トン貨物船に「ノウ・ナッシング」と命名したノウ・ナッシング時として同時代人から、多少軽蔑的に短縮した「ケイニズム」("Knism")と呼ばれることがあった。

※この「興隆」の解説は、「ノウ・ナッシング」の解説の一部です。
「興隆」を含む「ノウ・ナッシング」の記事については、「ノウ・ナッシング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「興隆」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

興隆

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 23:35 UTC 版)

名詞

 こうりゅう

  1. 勢い盛んになり、栄えること。

発音(?)

こ↗ーりゅー

動詞

  1. 勢い盛んになり、栄える。

活用

サ行変格活用
興隆-する

「興隆」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「興隆」の関連用語

興隆のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



興隆のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの興隆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの倚天中文系統 (改訂履歴)、北京天文台 (改訂履歴)、ノウ・ナッシング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの興隆 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS