ファイル名とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ファイル名の意味・解説 

ファイル名

読み方ファイルめい
別名:ファイルネーム
【英】filename

ファイル名とは、コンピュータファイルシステム上でファイル指定するために用いられる文字列のことである。

ファイル名は、ファイル一意識別する役割を持っており、ファイルごとにユニークな文字列である必要がある。ただし、保存するディレクトリ異なっている場合同一のファイル名も付けることができる。ルートディレクトリからディレクトリ階層とフィアル名を一気に記せば絶対パスとなり、相対的位置関わらずファイル指定することができる

多く場合、ファイル名の末尾部には拡張子呼ばれる文字列含まれる拡張子は、ファイルを扱うソフトウェア特定するための識別子として機能する。

ファイル名に利用できる文字文字列長さは、OSによって異なる。例えば、MS-DOSでは、利用できる文字が半角アルファベット数字に限られ、8文字のファイル名と3文字拡張子を「.」でつなぐというルールがあった。Windowsでは日本語利用が可能になり、文字数255文字まで可能なロングファイルネーム実装されている。ただし、全角文字記号どのように、ファイル名には用いることがきない、または、規制対象となっている文字列も含まれている。


ファイル名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/07 04:22 UTC 版)

ファイル名(ファイルめい、: filename)は、コンピュータファイルシステム中に保存されたファイルを特定するためにつける名前のことである。コンピュータ上でファイルを作成し保存するときは、ファイル名をつけてから保存する。設定したファイル名は何度でも改名可能なのが一般的である。


  1. ^ バックスラッシュの日本語フォント上の表現は¥(円マーク)となる。
  2. ^ FAT 形式のファイルシステムでは、ディレクトリエントリ(ファイル名・属性・実データ開始位置の一覧)におけるファイル名データの終端記号がなく、ベース名 8 バイトと拡張子 3 バイトについて、印字可能文字以外の個所は半角スペース (0x20) で埋められる。ファイル名の最後にスペースを打ち込んだ場合、ファイル名終端以降なのか有効な半角スペースなのか区別ができなってしまう。Windows では取り扱っているファイルが記録されている実際のファイルシステム仕様にかかわらずこの仕様が前提となっており、たとえば(ファイル名終端に半角スペースを識別できる)NTFS 形式のパーティションに作成されているファイルに対しても、ファイル名末尾に半角スペースがあるとうまく操作ができない。
  3. ^ デバイスファイル」「予約デバイス名」または「予約ファイル名」と呼ばれており、プリンターキーボードなどのデバイスをファイルに見立ててデータを入出力するための仕組みがある(DOSコマンドでの例: copy sample.txt prn)。


「ファイル名」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ファイル名」に関係したコラム

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ファイル名」の関連用語

ファイル名のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ファイル名のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリファイル名の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのファイル名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS