MS-DOSとは? わかりやすく解説

MS-DOS

フルスペル:Microsoft Disk Operating System
読み方エムエスドス

MS-DOSとは、CP/M互換OSベースに、1981年Microsoft社が開発したパソコン用のOSのことである。

IBM社が同社初のパソコンであるPC/ATOS採用したことから、急速に普及し、事実上世界標準OSとなった。特徴としては、FAT16ファイル階層構造などがあげられる。なお、インターフェイスは、情報表示グラフィックを用いるGUIではなく情報文字表示し、操作全てキーボード行なうCUIである。

ソフトウェアのほかの用語一覧
OS:  LiveDVD  LiveUSB  Mac OS  MS-DOS  マイクロカーネル  マルチタスク  内部コマンド

MS-DOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/30 16:19 UTC 版)

MS-DOS(エムエス-ディーオーエス、エムエスドス[2])は、マイクロソフトが開発・販売していた、パーソナルコンピュータ向けのオペレーティングシステムである。


注釈

  1. ^ このやり方を進言したのは当時同社役員でもあった西和彦と言われている[要出典]
  2. ^ Windows 95以降ではDOSは技術的には内部に存在しているが、製品としてバンドルされている。
  3. ^ ドライブレターの数はCONFIG.SYSのLASTDRIVEで変更可。
  4. ^ ただし、PC-98版のMS-DOS 3.1以降ではADDDRV.EXEと登録を記述したファイルの組み合わせにより登録し、DELDRV.EXEで外せる。この方法を使用できるのはキャラクタデバイスのみであり、CONFIG.SYSで一度登録したデバイスドライバは外せない。IBM PC用では何種類かサードパーティで同様のプログラムが作成されている。
  5. ^ ユーザーメモリは、IBM PC互換機およびPC-9800シリーズ等では640KB、PC-H98シリーズやFMRシリーズ・FM TOWNS等は768KB。
  6. ^ もっとも、管理できるセクタ数は65535個であったため、32MB以上のパーティションを切ることは出来なかった。
  7. ^ 富士通 FMRシリーズ及びFM TOWNS用MS-DOS 3.1の後期バージョンでは米国版の3.2/3.3の機能の一部が取り入れられていた。PC-98版MS-DOS 3.1は同一のバージョン番号で複数の版が存在し、互換性の問題が生じたことでユーザーやソフトハウスを混乱させた。
  8. ^ NECがマイクロソフトから日本語版MS-DOS 3.21の供給を受けてMS-DOS 3.3として販売していた。
  9. ^ PC-98版のバージョン3.3Dはバージョン5.0と同時発売。見かけ上のセクタサイズを1KB若しくは2KBとすることで最大128Mのパーティションを管理することが出来た。
  10. ^ それまでの日本語版DOSはマイクロソフトが日本市場向けに改変したもので、世界共通の仕様ではなかった。また、バージョン3までの英語版DOSをDOS/V化するとファイル名の扱いなどで不具合が生じる場合がある
  11. ^ PC/AT互換機用の英語版のみ。PC-98版はSEDIT(バージョン3.3Dにも付属)、EPSON PC版はMEDIT、富士通版(FMRシリーズ、FM TOWNS用)はEDIASと各社ばらばらのコマンド名・機能のエディタが添付された。
  12. ^ 別売のサプリメンタルディスクで配布された。PC-98版には従来どおり付属。
  13. ^ メガソフト社のMIFESのサブセット版

出典

  1. ^ a b c Re-Open-Sourcing MS-DOS 1.25 and 2.0”. Windows Command Line Tools For Developers. 2018年9月29日閲覧。
  2. ^ 日本国商標登録番号第2016333号
  3. ^ 一部メーカー用はバージョン5
  4. ^ Steve Rosenthal (1983). “MS-DOS Boards The S-100 Bus”. PC Mag (Ziff Davis, Inc.) 2 (6): 625-628. https://books.google.co.jp/books?id=q8fwTt09_MEC&pg=PA625 2016年10月31日閲覧。. 
  5. ^ Elder, Tait (1989年7月). “New Ventures: Lessons from Xerox and IBM”. Harvard Business Review. https://hbr.org/1989/07/new-ventures-lessons-from-xerox-and-ibm 2015年1月20日閲覧。 
  6. ^ a b 相田洋、大墻敦 (1996). “第5章 IBMパソコンの誕生とMS-DOSの開発”. 新・電子立国 第1巻 ソフトウェア帝国の誕生. NHK出版. pp. 238-303. ISBN 4140802715 
  7. ^ a b Manes & Andrews (1993). Gates, Doubleday, ISBN 0-385-42075-7.
  8. ^ Isaacson, Walter (2014). The Innovators: How a Group of Inventors, Hackers, Geniuses, and Geeks Created the Digital Revolution. Simon & Schuster. p. 358. ISBN 978-1476708690 
  9. ^ Maiello, John Steele Gordon Michael (2002年12月23日). “Pioneers Die Broke”. Forbes. オリジナルの2012年9月16日時点におけるアーカイブ。. http://www.forbes.com/forbes/2002/1223/258_print.html 2008年3月31日閲覧。 
  10. ^ Evans, Harold (2004). They Made America, Little, Brown and Company. ISBN 0-316-27766-5 ISBN 0-316-01385-4.
  11. ^ Operational Choice, PC Magazine Charter Issue, February–March 1982
  12. ^ Hamm, Steve; Jay Greene (October 25, 2004). "The Man Who Could Have Been Bill Gates". BusinessWeek.
  13. ^ Sedory, Daniel B.. “IBM Personal Computer DOS Version 1.00”. 2016年10月30日閲覧。
  14. ^ John Markoff, Paus frelberger (1983). “In Focus”. InfoWorld (InfoWorld Media Group, Inc..) 5 (35): 32. https://books.google.co.jp/books?id=ty8EAAAAMBAJ&hl=ja&pg=PA32 2016年11月1日閲覧。. 
  15. ^ a b MS-DOS: A Brief Introduction”. The Linux Information Project. 2017年12月14日閲覧。
  16. ^ A history of Windows”. microsoft.com. Microsoft (2013年11月). 2015年5月10日閲覧。
  17. ^ History of MS-DOS”. Digital Research (1996年). 2015年5月6日閲覧。
  18. ^ Paterson, Tim (June 1983). “A Short History of MS-DOS”. Byte: 246. ISSN 0360-5280. //archive.org/stream/byte-magazine-1983-06/1983_06_BYTE_08-06_16-Bit_Designs#page/n245/mode/2up 2013年8月18日閲覧。. 
  19. ^ 関口和一「3. 国産機の開発 : 動き始めた巨象」『パソコン革命の旗手たち』日本経済新聞社、2000年、75-79頁。ISBN 4-532-16331-5
  20. ^ Personal Computer Announced by IBM”. ibm.com. IBM. 2014年9月27日閲覧。
  21. ^ Allan, Roy A. (2001). “Microsoft in the 1980s, part III 1980s — The IBM/Macintosh era”. A history of the personal computer: the people and the technology. London, Ontario: Allan Pub.. p. 14. ISBN 0-9689108-0-7. http://www.retrocomputing.net/info/allan/ 2009年12月5日閲覧。 
  22. ^ Duncan, Ray (1988). The MS-DOS Encyclopedia, Microsoft Press. ISBN 1-55615-049-0.
  23. ^ Zenith's new Z100 has something for everybody, InfoWorld, July 12, 1982
  24. ^ Zenith challenges IBM's share of micro market, InfoWorld, September 13, 1982
  25. ^ Review: Zenith Z-100, InfoWorld, November 7, 1983
  26. ^ “Bill Gates, Microsoft and the IBM Personal Computer”. InfoWorld英語版: pp. 22. (1982年8月23日). https://books.google.com/books?id=VDAEAAAAMBAJ&lpg=PA19&pg=PA22 2015年1月29日閲覧。 
  27. ^ AST memory board to come with Quarterdeck Desqview, Computerworld, November 4, 1985
  28. ^ Microsoft Focuses Efforts On Direct Corporate Sales, InfoWorld, November 18, 1985
  29. ^ IBM Ships OS/2 Four Months Early, InfoWorld, December 7, 1987
  30. ^ Zenith First to Ship Microsoft OS/2, InfoWorld, December 21, 1987
  31. ^ Vendors Decide Against Bundling OS/2 With PCs, InfoWorld, November 30, 1987
  32. ^ 『日経バイト』 1991年12月号、p.160.。
  33. ^ a b c 塩田紳二「国産銘機列伝 : History 「そして、世界標準がやって来た」」『ASCII』第22巻第8号、アスキー、1998年、 378-379頁、 ISSN 03865428
  34. ^ a b John M. Goodman (1994-01-24). “Reviews: DOS vs. DOS: Two variations on the theme”. InfoWorld (InfoWorld Media Group, Inc..): 59. https://books.google.co.jp/books?id=_DoEAAAAMBAJ&lpg=PA59&hl=ja&pg=PA59 2016年10月30日閲覧。. 
  35. ^ a b IBM PC DOS 2000 CAN EASE YOUR TRANSITION TO THE YEAR 2000”. IBM Corporation (1998年5月26日). 2016年10月30日閲覧。
  36. ^ Microsoft DOS V1.1 and V2.0: /msdos/v11source/MSDOS.ASM”. Computer History Museum, Microsoft (2013年12月19日). 2014年3月25日閲覧。 (NB. While the publishers claim this would be MS-DOS 1.1 and 2.0, it actually is SCP MS-DOS 1.25 and a mixture of Altos MS-DOS 2.11 and TeleVideo PC DOS 2.11.)
  37. ^ Microsoft MS-DOS early source code” (2014年3月24日). 2014年3月29日閲覧。 (NB. While the author claims this would be MS-DOS 1.1 and 2.0, it actually is SCP MS-DOS 1.25 and a mixture of Altos MS-DOS 2.11 and TeleVideo PC DOS 2.11.)
  38. ^ Microsoft makes source code for MS-DOS and Word for Windows available to public”. Official Microsoft Blog (2014年3月25日). 2014年3月29日閲覧。 (NB. While the author claims this would be MS-DOS 1.1 and 2.0, it actually is SCP MS-DOS 1.25 and a mixture of Altos MS-DOS 2.11 and TeleVideo PC DOS 2.11.)
  39. ^ “Psych! Microsoft didn't really open-source MS-DOS”. InfoWorld. (2014年3月26日). http://www.infoworld.com/t/open-source-software/psych-microsoft-didnt-really-open-source-ms-dos-239111 2014年3月27日閲覧。 
  40. ^ FAR JMP instruction for CP/M-style calls
  41. ^ 菅木真治「2. Dear, MS-DOS」『MS-DOS読本』アスキー、1983年11月15日、54-76頁。ISBN 4871487210
  42. ^ IBM Press Release announcing the PC August 12, 1981
  43. ^ a b c 編集部「DOSの歴史」『ASCII』第8巻第8号、アスキー、1984年、 154-155頁、 ISSN 0386-5428
  44. ^ IBM enhances Personal Computer with 2-sided drives, InfoWorld, June 7, 1982
  45. ^ a b c d Duncan, Ray (1988). Advanced MS-DOS Programming, Microsoft Press. ISBN 1-55615-157-8.
  46. ^ a b 「Unix風の機能を持ち込んだ日本語MS-DOS2.0の機能と内部構造」『日経エレクトロニクス』 1983年12月19日号、pp.165-190。
  47. ^ Allen, Paul (2011). Idea Man, Penguin, ISBN 978-1-59184-382-5.
  48. ^ 菅木真治「MS-DOS MACHINE」『MS-DOS読本』アスキー、1983年11月15日、204-205頁。ISBN 4871487210
  49. ^ IBM. PC DOS 2.1 Announcement Letter. 1983-11-01 ([3]).
  50. ^ Allan, Roy A. (2001). A History of the Personal Computer, Allan Publishing, ISBN 0-9689108-0-7. eBook on archive.org. Appendix B: Versions of DOS
  51. ^ 服部雅幸「トピック・レポート:機能不足が表面化、老兵「MS-DOS2.11」」『日経パソコン』 1991年1月21日号、pp.178-182。
  52. ^ a b c d 光田一徳「トピック・レポート:混乱するMS-DOS―こんなにあるバージョン」『日経パソコン』 1988年12月5日号、pp.183-188。
  53. ^ Somerson, Paul (1984-11-13). “AT the Party”. PC Magazine: 123. https://books.google.com/books?id=-Ukz6hjZEA4C&pg=PA117#v=onepage&q&f=false 2016年10月30日閲覧。. 
  54. ^ IBM Rolls out New PC: Networking products, windowing software also announced, InfoWorld, Sep 10, 1984
  55. ^ “IBM PC and PC-Compatible NOSs Compared”. U-M Computing News (UM Libraries.) 2 (2): 4-11. (1987). https://books.google.ca/books?id=im4qAAAAMAAJ&pg=PA5 2016年10月30日閲覧。. 
  56. ^ PC-DOS upgrade supports 312-in. floppy disk drives, Computerworld, March 24, 1986
  57. ^ 「米マイクロソフト、ROM化可能なOS―省電力・小型機向け発売。」『日経産業新聞』1989年10月5日、7面。
  58. ^ 「デジタル・リサーチ、ROM化可能なOS発売―「MS-DOS」とも互換性」『日経産業新聞』1989年8月29日、9面。
  59. ^ IBM. Operating System/2 Standard Edition Announcement Letter. 1987-04-02 ([19]).
  60. ^ Microsoft to Release Own DOS 3.3, InfoWorld, August 3, 1987
  61. ^ Vernon Brooks. “Information about the little known multitasking MS-DOS 4.0”. PC DOS Retro. 2014年2月13日閲覧。
  62. ^ MS-DOS 4.0 in U.K.; U.S. Waiting for 5.0, InfoWorld, March 24, 1986
  63. ^ Larry Osterman. Did you know that OS/2 wasn't Microsoft's first non Unix multitasking operating system? MSDN Blogs
  64. ^ a b “Industry News”. U-M Computing News (UM Libraries.) 3 (4): 48. (1988). https://books.google.co.jp/books?id=WSBVAAAAMAAJ&lpg=RA2-PA48&pg=RA2-PA48 2016年10月30日閲覧。. 
  65. ^ Incompatibilities Hinder Useful DOS 4.0 Features, InfoWorld, August 15, 1988
  66. ^ Paul Somerson (1988-09-27). “First Looks : OS Who? IBM DOS 4.0 Brags New Look, Long-Awaited Features”. PC Mag: 33. https://books.google.co.jp/books?id=UenCawr7OowC&lpg=PA33&hl=ja&pg=PA33 2016年10月30日閲覧。. 
  67. ^ Users Still Slow to Accept DOS 4.0, InfoWorld, July 31, 1989
  68. ^ IBM. PC DOS 4.0 Announcement Letter. 1988-07-19 ([22]).
  69. ^ 「MIXハイライト:PC AT互換パソコンでDOS/Vが動いた」『日経バイト』 1991年1月号、pp.326-328。
  70. ^ Microsoft Releases Updated DOS 4; Some OEMs Ship Versions This Month, InfoWorld, November 28, 1988
  71. ^ “MS-DOS 5.0: The Old Standard Improved”. U-M Computing News (UM Libraries.) 6 (2): 329. (1991). https://books.google.co.jp/books?id=SyJVAAAAMAAJ&lpg=PA329&hl=ja&pg=PA329 2016年10月30日閲覧。. 
  72. ^ 「問:東芝のパソコンはDOS/Vパソコンなの?」『日経パソコン』 1994年1月31日号、pp.202-203。
  73. ^ IBM. IBM DOS Version 5.00 and Upgrade. 1991-06-11 ([25]).
  74. ^ Software Developer Caldera sues Microsoft for Antitrust practices alleges monopolistic acts shut its DR DOS operating system out of market Caldera News, 1996-07-24 ([3]).
  75. ^ 藤山哲人「PC-9801開発現場の8つの秘密」、『月刊アスキー別冊 蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾』、アスキー、2007年4月9日初版、138ページ
  76. ^ MS-DOS 6 hype doesn't match analyst forecasts, InfoWorld, March 29, 1993
  77. ^ IBM. IBM PC DOS Version 6.1. 1993-06-29 ([27]).
  78. ^ Notes From the Field, Robert X. Cringely, InfoWorld, Nov 8, 1993, p. 122
  79. ^ MS-DOS 6.2 lets users uncompress DoubleSpace volumes;protects data, InfoWorld, November 1, 1993
  80. ^ MS-DOS 6.2 Addresses DoubleSpace Concerns, Adds Features, PC Magazine, January 11, 1994
  81. ^ 「マイクロソフト、MS-DOS最新版、自社ブランドで発売。」『日経産業新聞』 1993年12月7日、6面。
  82. ^ Microsoft settles for piece of the Stac, Computerworld, June 27, 1994
  83. ^ The DOS heavyweights go another round, InfoWorld, August 29, 1994
  84. ^ IBM. IBM PC DOS Version 6.3. 1994-04-27 ([28]).
  85. ^ Judge rules against Microsoft, Computerworld, June 13, 1994
  86. ^ MS-DOS recall order may disrupt supply line of PCs, InfoWorld, June 20, 1994
  87. ^ “PCTech User-to-User”. PC Mag (Ziff Davis, Inc.) 16 (17): 319. (1997-10-07). https://books.google.co.jp/books?id=oOfsp5YznnkC&lpg=PA319&ots=s5QKRN1hO7&hl=ja&pg=PA319 2016年10月31日閲覧。. 
  88. ^ PC DOS 7 beats its disappearing competitors, InfoWorld, April 10, 1995
  89. ^ 日本IBM、旧型機をよみがえらせるDOS用のWebブラウザ「WebBoy」を発表”. PC Watch (1997年3月17日). 2012年8月23日閲覧。
  90. ^ IBM. IBM PC DOS Version 7. 1995-02-28 ([29]).
  91. ^ IBM. IBM PC DOS 2000 Can Ease Your Transition to the Year 2000. 1998-05-26 ([31]).
  92. ^ Improving "Cold Boot" Time for System Manufacturers”. Microsoft (2001年12月4日). 2009年1月25日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年10月30日閲覧。
  93. ^ 「テクニカルレポート 日本語MSX-DOS2大研究」『ASCII』第12巻第10号、アスキー、1988年、 305-308頁、 ISSN 03865428




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

MS-DOSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



MS-DOSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMS-DOSの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMS-DOS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS