ビル・ゲイツとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 実業家 > 経営者 > 実業家 > ビル・ゲイツの意味・解説 

ビル‐ゲイツ【Bill Gates】

読み方:びるげいつ

ゲイツ

「ビル‐ゲイツ」に似た言葉

ビル・ゲイツ

別名:ウィリアム・ゲイツ
【英】Bill Gates, William Henry Gates 3rd

ビル・ゲイツとは、オペレーティングシステムOS)「Windowsシリーズなどを開発しているソフトウェアメーカー、Microsoft共同設立者である。1955年10月28日ワシントン州シアトル生まれ正式な名称はウィリアム・ヘンリー・ゲイツ3世という。

ビル・ゲイツはハーバード大学在学していた19歳の時、友人ポール・アレンと共にMicrosoft設立した1980年代IBM社によって開発されパソコン向けOS開発する仕事受託し、その成果としてMS-DOSMicrosoft Disk Operating System)を生み出した後にGUI実装したOSWindows」を発売広く受け入れられWindows系OS全体でOS市場圧倒的多数占めるまでのシェア獲得したまた、オフィススイートMicrosoft Office」やWebブラウザInternet Explorer」なども、デファクトスタンダード事実上の標準)として広く受け入れられている。

ビル・ゲイツ
※画像提供 / マイクロソフト株式会社

Microsoftはソフトウェアメーカーとしては世界一企業成長し20世紀において最も成功した企業のひとつ数えられるようになった。ビル・ゲイツは数十年にわたりMicrosoftのチーフ・アーキテクト、そして会長職をつとめた個人資産世界一を誇る資産家でもあり、慈善団体ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団」のオーナーでもあるメリンダとは妻の名前である)。2005年3月には、英国女王エリザベス2世より「名誉ナイト」(KBE)の称号授与された。

2008年6月、ビル・ゲイツは52歳にしてMicrosoft会長職から退いたMicrosoftとのつながり残されるものの、今後は財団運営注力していくという。


参照リンク
Bill Gates' Web Site(Microsoft)

ビル・ゲイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/09 08:50 UTC 版)

ウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世(William Henry "Bill" Gates III、1955年10月28日)は、米国実業家慈善活動家技術者プログラマー作家


注釈

  1. ^ Macintosh開発舞台裏を追った『レボリューション・イン・ザ・バレー』によると、Windowsの発表を知ったジョブズは激怒しゲイツをAppleへ呼びつけた。現れたゲイツは落ち着き払った態度で臨み、「僕たちにはParcというお金持ちのお隣さんがいて、僕が盗みに入ろうと思ったら先に君が盗み出していたようなものじゃないかな」と言い放ったという[40]
  2. ^ 政府や慈善団体や製薬会社から資金援助を受けてアルツハイマー病の治療法開発に取り組んでいる、ロンドンに拠点を置く民間基金。

出典

  1. ^ “Bill Gates”. Forbes. (2021年6月15日). https://www.forbes.com/profile/bill-gates/?sh=2371f90689f0 2021年6月15日閲覧。 
  2. ^ Bill Gates (I) - Biography”. The Internet Movie Database (IMDb). 2012年6月19日閲覧。
  3. ^ William Addams Reitwiesner. “Ancestry of Bill Gates” (英語). wargs.com. 2016年11月5日閲覧。
  4. ^ Scottish Americans”. albawest.com. 2008年5月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年4月29日閲覧。
  5. ^ Ichbiah & Knepper 1992.
  6. ^ IQ of Famous People / Bill Gates IQ 160” (英語). Kids IQ Test Center. 2013年6月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  7. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 38.
  8. ^ アレン 2013, p. 47.
  9. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 44.
  10. ^ ビル・ゲイツ初期の経歴を再検証 --- Part.16”. 2017年11月16日閲覧。
  11. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 44; アレン 2013, p. 57.
  12. ^ スーザン 1987, p. 85.
  13. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 53.
  14. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 58.
  15. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 59.
  16. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 72.
  17. ^ アレン 2013, p. 93.
  18. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 83.
  19. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 68.
  20. ^ ビル・ゲイツ初期の経歴を再検証 --- Part.35”. 2017年11月16日閲覧。
  21. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 80.
  22. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 85.
  23. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 86.
  24. ^ アレン 2013, p. 20.
  25. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 93.
  26. ^ アレン 2013, p. 125.
  27. ^ アレン 2013, p. 138.
  28. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 141.
  29. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 148.
  30. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, pp. 124, 135.
  31. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 137; アレン 2013, p. 165.
  32. ^ ただし、この時点でもパートナーシップによる経営であるので、正確にはマイクロソフト「社」ではない。
  33. ^ a b アレン 2013, p. 146.
  34. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 115.
  35. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 225.
  36. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 400.
  37. ^ ASCII 1982年9月号, p. 57.
  38. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 277.
  39. ^ メインズ & アンドルーズ 1995, p. 280.
  40. ^ Hertzfeld 2005.
  41. ^ 佐藤由紀子 (2014年2月5日). “Microsoftの新CEOはサトヤ・ナデラ氏 ゲイツ会長は退任してCEOのサポート役に”. ITmedia News (アイティメディア). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1402/05/news041.html 2014年2月5日閲覧。 
  42. ^ “マイクロソフト取締役会、サティア ナデラを CEO に任命” (プレスリリース), マイクロソフト, (2014年2月14日), オリジナルの2014年2月14日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20140214113239/http://www.microsoft.com/ja-jp/news/Press/2014/Feb14/140205_CorpNews.aspx 2014年2月14日閲覧。 
  43. ^ “米大統領自由勲章にデニーロさん”. 共同通信 47NEWS. (2016年11月17日). オリジナルの2016年11月17日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161117150331/http://this.kiji.is/171754995940409350?c=39546741839462401 2016年11月17日閲覧。 
  44. ^ “ビル・ゲイツ氏 マイクロソフト取締役を退任”. NHK WEB NEWS. オリジナルの2020年3月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200314205937/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200314/k10012331131000.html 2020年3月14日閲覧。 
  45. ^ “春の叙勲 4181人が受章 外国人叙勲ではビル・ゲイツさんも”. NHKニュース. (2020年4月29日). オリジナルの2020年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200429200024/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200429/k10012410051000.html 2020年4月28日閲覧。 
  46. ^ ビル・ゲイツ氏に2年越しの旭日大綬章 林外相が手渡し” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年8月20日閲覧。
  47. ^ ビル・ゲイツ氏令和2年春の叙勲受章” (日本語). Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2021年2月11日閲覧。
  48. ^ “地球上で最も豊かな10人 世界長者番付2017”. Onebox News. (2017年3月21日). オリジナルの2017年3月22日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170322020124/https://oneboxworld.com/articles/2017-billionaires-2017-3 2017年3月21日閲覧。 
  49. ^ ビル ゲイツ 創業者 テクノロジアドバイザー”. microsoft.com. 2014年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月10日閲覧。
  50. ^ a b “ゲイツ夫妻が離婚発表、27年の結婚生活に幕”. afp. https://www.afpbb.com/articles/-/3345125?act=all 2021年5月4日閲覧。 
  51. ^ ビル・ゲイツ氏が離婚発表…世界4位の大富豪、資産13兆円超”. 読売新聞オンライン (2021年5月4日). 2021年5月4日閲覧。
  52. ^ David Schepp (2001年1月31日). “Gates, a modern-day Napoleon?” (英語). BBC News (BBC). http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/1144829.stm 2016年11月5日閲覧。 
  53. ^ なおこのチケットは空席があったため、ファーストクラスに自動的にアップグレードされたものであった。
  54. ^ a b c 古川享 (2006年9月25日). “私の知っているビルゲイツ、その6”. 古川 享 ブログ. 2006年11月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月5日閲覧。
  55. ^ 皿洗いでリラックス、世界一の大富豪ビル・ゲイツの多忙な毎日”. Business Insider Japan (2017年8月24日). 2021年1月3日閲覧。
  56. ^ 岡田有花 (2008年7月1日). “ゲイツ氏「食生活はマクドナルド中心」「今後も助言」 MS樋口社長が語る”. ITmedia News (アイティメディア). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0807/01/news083.html 2016年11月5日閲覧。 
  57. ^ All of the Properties Bill and Melinda Gates Have Owned Together” House Beautiful, May 4, 2021
  58. ^ 桁違いのリッチさ! 世界で最も高額な物件べスト12”ELLE(2019/07/10)
  59. ^ 価格は23億円 京都で売りに出た「ビルゲイツ別荘」”週刊現代(2017/12/11)
  60. ^ 住民大激怒! 「ビル・ゲイツの軽井沢別荘」噂検証”PRESIDENT Online(2014/12/29)
  61. ^ Bill Gates added a $43 million beachfront home to his sprawling real estate portfolio last year. Here's a closer look at his empire, which also includes a $130 million Washington mansion and horse ranches in Florida.”INSIDER May4 2021
  62. ^ “米マイクロソフト、中国事業展望厳しく”. 日本経済新聞. (2015年7月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO75025720R30C14A7000000/ 2015年9月25日閲覧。 (要購読契約)
  63. ^ “中国人たちの英雄、ビル・ゲイツ会長(2)”. WIRED.jp. (2007年9月26日). https://wired.jp/2007/09/26/中国人たちの英雄、ビル・ゲイツ会長2/ 2015年9月25日閲覧。 
  64. ^ “Xi Jinping in Seattle to meet with CEOs of Apple, Microsoft and other tech giants”. The Telegraph. (2015年9月22日). オリジナルの2015年11月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151110050153/http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/northamerica/usa/11883919/Xi-Jinping-in-Seattle-to-meet-with-CEOs-of-Apple-Microsoft-and-other-tech-giants.html 2015年9月25日閲覧。 
  65. ^ “習近平訪米、オバマ大統領より“世界一の富豪”ビル・ゲイツを優先―香港紙”. Record China. (2015年9月19日). https://www.recordchina.co.jp/a119265.html 2015年9月25日閲覧。 
  66. ^ “中国富裕層はより積極的に貧困投資を、ゲイツ氏が人民日報に寄稿”. ロイター. (2014年4月28日). https://jp.reuters.com/article/2014/04/28/billgates-idJPKBN0DE0G120140428 2015年9月25日閲覧。 
  67. ^ “Bill Gates: "Me encanta el dólar, pero prefiero el yuan"”. iProfesional. (2015年5月7日). https://www.iprofesional.com/notas/211315-Bill-Gates-Me-encanta-el-dlar-pero-prefiero-el-yuan 2015年9月25日閲覧。 
  68. ^ “ビル・ゲイツ氏、「アメリカは中国に追い抜かれた」”. イランラジオ. (2015年5月9日). オリジナルの2018年7月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180715181250/http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/54552 2015年9月25日閲覧。 
  69. ^ “ビル・ゲイツ氏、グーグル対中姿勢の批判に中国「よく言った」”. サーチナ. (2010年1月27日). オリジナルの2015年9月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150925111353/http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0127&f=it_0127_004.shtml 2015年9月25日閲覧。 
  70. ^ “中国工学会員にビル・ゲイツ氏 科学技術の発展に協力”. 産経ニュース. (2017年11月27日). https://www.sankei.com/article/20171127-SYMKY4BCQNM2DHHEGKVJ37D7JA/ 2018年1月5日閲覧。 
  71. ^ 相田 1997, p. 202.
  72. ^ B・ゲイツ氏、S・ジョブズ氏との友情を回想” (日本語). CNET Japan (2012年1月26日). 2021年7月12日閲覧。
  73. ^ ついに! ゲイツ氏とジョブズ氏が夢のステージへ--D5会場レポート” (日本語). CNET Japan (2007年5月31日). 2021年7月12日閲覧。
  74. ^ “ビル・ゲイツ、Androidスマホを手にする。iPhoneは依然使わず”. ギズモード. (2017年9月28日). https://www.gizmodo.jp/2017/09/bill-gates-android.html 2018年1月23日閲覧。 
  75. ^ In Clubhouse chat, Bill Gates talks bitcoin, iPhone, the pandemic and what he’s binging on Netflix” (英語). GeekWire (2021年2月25日). 2021年7月12日閲覧。
  76. ^ “ビル・ゲイツ氏がアルツハイマー病の治療法開発に57億円”. ITmedia. (2017年11月14日). https://www.itmedia.co.jp/news/spv/1711/14/news079.html 2018年1月25日閲覧。 [リンク切れ]
  77. ^ Next-gen telescope project honors astronomer Vera Rubin and billionaire backer Charles Simonyi” (英語). GeekWire (2020年1月14日). 2021年10月5日閲覧。
  78. ^ ビル・ゲイツが破天荒な質問をした深いワケ”. 東洋経済オンライン (2017年6月11日). 2022年4月3日閲覧。


「ビル・ゲイツ」の続きの解説一覧

ビル・ゲイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 07:41 UTC 版)

オーディオマニア」の記事における「ビル・ゲイツ」の解説

自宅には約7千万円掛けたオーディオセットを持っているとの事である。

※この「ビル・ゲイツ」の解説は、「オーディオマニア」の解説の一部です。
「ビル・ゲイツ」を含む「オーディオマニア」の記事については、「オーディオマニア」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ビル・ゲイツ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ビル・ゲイツ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビル・ゲイツ」の関連用語

ビル・ゲイツのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビル・ゲイツのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンピュータ偉人伝コンピュータ偉人伝
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリビル・ゲイツの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのビル・ゲイツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオーディオマニア (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS