The_New_York_Timesとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > The_New_York_Timesの意味・解説 

ニューヨーク・タイムズ

別名:ニューヨーク・タイムズ紙NYTNYタイムズNYタイムズ紙
英語:The New York Times

アメリカ合衆国ニューヨーク本拠を置くニューヨーク・タイムズ社(The New York Times Company)が発行している日刊新聞紙。1851年創刊

ニューヨーク・タイムズは、ワシントン・ポストロサンゼルス・タイムズなどと並ぶ地方紙1つである。しかし、USAトゥデイウォール・ストリート・ジャーナルなどの全国紙に次ぐ部数発行している。

ニューヨーク・タイムズは、日本特定秘密保護法案成立に向けた日本政府対す批判記事掲載や、アフガン戦争に関するアメリカ合衆国の軍事機密文書すっぱ抜くなど、リベラル系の新聞社として知られている。

関連サイト
The New York Times - (英語)

ニューヨーク・タイムズ

(The_New_York_Times から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/08 18:41 UTC 版)

ニューヨーク・タイムズThe New York Times)は、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市に本社を置く、新聞社並びに同社が発行している高級日刊新聞紙アメリカ合衆国内での発行部数はUSAトゥデイ(211万部)、ウォール・ストリート・ジャーナル(208万部)に次いで第3位(103万部)[1][2]




  1. ^ a b 石川幸憲 (10月6日 2009年). “米国メディア危機”. 週刊エコノミスト (毎日新聞社): p.79. 
  2. ^ a b 部数は平日版、2008年10月 - 2009年3月平均
  3. ^ 2007 Top 100 Daily Newspapers in the U.S. by Circulation (PDF)”. BurrellesLuce (2007年3月31日). 2007年5月28日閲覧。
  4. ^ WNYC Radio, "WNYC to Launch WQXR on 105.9 FM on October 8 at 8pm," Sept. 10, 2009, (http://www.wnyc.org/about/media/media_41.html), viewed Oct. 8, 2009.
  5. ^ ニューズウィーク:2007年/3/22号
  6. ^ そのとき、記者は......逃げた<全文>、ニューズウィーク、2011年04月05日
  7. ^ 古森義久 (2014年3月22日). “NYタイムズ「安倍たたき」「反日」支える日本人学者”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/news/140322/amr14032208540001-n1.htm 2014年3月22日閲覧。 
  8. ^ http://www.nytimes.com/1995/11/05/weekinreview/the-world-in-japan-brutal-comics-for-women.html?pagewanted=all&src=pm 1995年11月5日付けニューヨーク・タイムズ]
  9. ^ ジパング編集部編 『笑われる日本人 : ニューヨーク・タイムズが描く不可思議な日本(Japan made in U.S.A.)』 ジパング(New York), 1998. ISBN 9784812306154
  10. ^ 大竹 秀子, Charles Burress (サンフランシスコ・クロニクル), Jocelyn Ford (en:Marketplace (radio program)) 他 "パネルディスカッションから 米国メディアが歪めて伝える「日本人」", 論座, 1998年12月号 (通号 44), P.140-154.
  11. ^ "米国 なぜか米国でゲイシャ復活--誤解される日本像", AERA, 12(18) (通号 588), p. 25-27, 1999年4月19日. ISSN 0914-8833
  12. ^ "日本政府、NYT紙に反論文送付へ", 朝鮮日報, 2008年10月1日.
  13. ^ "経済的に困窮した日本人が右翼化、ネットで外国人排斥-米紙", サーチナ, 2010/08/31.
  14. ^ マーティン・ファックラー "New Dissent in Japan Is Loudly Anti-Foreign", New York Times, August 28, 2010.
  15. ^ "「大阪は沈滞の象徴!?」報道の米紙に日本総領事館が反論を寄稿", 産経新聞, 2010.11.4.
  16. ^ "「津波が捕鯨打倒」に抗議=米紙記事受けNY日本総領事館"時事通信, 2011.3.27.
  17. ^ [1],2011.3.24.
  18. ^ 2020年の夏期五輪招致をめぐり、猪瀬直樹東京都知事が他の候補都市を酷評現代ビジネス 2013年5月2日
  19. ^ 猪瀬知事の謝罪受け入れ=「日本との長年の友情重視」-トルコ時事通信 2013年5月1日
  20. ^ 猪瀬知事「真意なかった」毎日新聞 2013年5月2日
  21. ^ Women Forced Into WWII Brothels Served Necessary Role, Osaka Mayor SaysNYTimes 2013年5月14日
  22. ^ [2]hiroko tabuchi tweet 2013年6月11日
  23. ^ 日本の人権大使、国連委員会で苦笑に「黙れ」読売新聞 2013年6月15日
  24. ^ a b “国連でブチ切れ「人権人道大使」は何者?”. 日刊ゲンダイ. (2013年6月4日). http://gendai.net/articles/view/syakai/142708 2013年12月9日閲覧。 
  25. ^ a b c “国連で日本政府代表「笑うな、黙れ」”. 東京新聞. (2013年6月5日) 
  26. ^ a b “「シャラップ!」国連委で日本代表大暴言 人権問題追及にブチギレた「お粗末なやりとり」”. ジェイ・キャスト. (2013年6月10日). http://www.j-cast.com/2013/06/10176956.html 2013年12月9日閲覧。 
  27. ^ 『獄外記』桜井昌司ブログ
  28. ^ a b “国連委会合で「黙れ!」、日本の人権人道大使に批判”. フランス通信社. (2013年6月13日). http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2950147/10899296 2013年12月9日閲覧。 
  29. ^ Social NEws Network 上田人権人道大使「シャラップ!」連呼の公式映像が配信されていた”. 東京産業新聞社 (2013年6月10日). 2013年12月9日閲覧。
  30. ^ a b c ももクロ映画、外国人記者クラブ会見が中止 「黒塗り騒動」追及質問を避けたのかj-cast 2015年2月17日
  31. ^ a b ももクロ顔面黒塗り写真にNYタイムズ記者が「人種差別的」と指摘IRORIO 2015年2月14日
  32. ^ Why the New York Times is Free”. 2008年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年9月17日閲覧。
  33. ^ Perez-Pena, Richard (2006年9月17日). “Times to End Charges on Web Site”. http://www.nytimes.com/2007/09/18/business/media/18times.html 
  34. ^ ニコ生×BLOGOS番外編「3.14頂上決戦 上杉隆VS町山智浩 徹底討論」 - BLOGOS(ブロゴス)






英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「The_New_York_Times」の関連用語

The_New_York_Timesのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

黒花槐

スジウスバノリ

PLY

ホルスタイン

半減期

トビウオ

八眉猪

中温化アスファルト混合物





The_New_York_Timesのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2017 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのニューヨーク・タイムズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS