リベラルとは?

リベラル

英語:liberal

リベラルとは、リベラルの意味

リベラルとは、自由主義基づいて多様性重んじる世の中支持する思想全般を意味する言葉である。わかりやすくいうと、自由主義者ということである。語源は英語の liberal である。なお、リベラルな思想持ち主リベラリストと呼ぶ。現代において、リベラルはしばしば政治的左派混同して語られている。そのため、保守派論客からリベラルは仮想的にされることも多い。しかし、リベラルの本当の意味では、左翼思想直接的な関係がない。あくまでも個人活動信条に、国家介入することを防ごうとする考え方がリベラルの定義である。

リベラリスト伝統主義者対極をなす思想持主といえる。もしも伝統的価値観古くからの体制欠点があった場合リベラリスト変革厭わない。むしろ、彼らは停滞したシステム引きずるよりも、抜本的な部分から再構築したほうが人々の幸福につながると考える。そのため、保守層とリベラル層は対立しやすい傾向にある。また、多様性支持するリベラル層は、異な価値観民族にも寛容姿勢を示す。基本的にリベラリスト反戦主義であり、日本国憲法第九条にも肯定的である。結果的に、護憲派呼ばれる人々中にはリベラル層が多い。

1930年代以降リベラリストによって、個人経済活動の自由無条件認めるよう働きかける運動が起こった。これを「ネオリベラリズム新自由主義)」と呼びアメリカ日本広く受け入れられている。ネオリベラリズムは、一般的なリベラリズム別物である。

日本におけるリベラル派の政党

日本のような政党政治は、「リベラル派」「保守派」の対立構造で語られることも多い。2020年時点では、立憲民主党日本共産党社会民主党などが主なリベラル派政党として挙げられている。いずれも増税外交などへの見解食い違う部分は多い。ただ、護憲派立場を貫いたり、社会保障充実向けて活動していたりする点は共通している。

日本の政党政治でリベラルが果たす役割のひとつは、保守政権監視である。日本では2012年以来保守政党である自由民主党自民党政権が続いてきた。そうでなくても、政党政治が始まって以来保守政党議席数が多くなる傾向顕著だった。しかし、保守政党だけが主導する国会では、偏った価値観に基づく政策ばかりが施行される危険性否定できない。そこで、リベラル派保守政党暴走ないよう、逆の視点からの意見国会提言続けている。

また、新自由主義への抑止力としてもリベラル派意義はある。戦後新自由主義では、国が企業個人事業主介入せず、柔軟性の高い経済活動が守られてきた。しかし、新自由主義成功収められなかった人間への自己責任論助長しかねない失業者障害者後期高齢者への保障削減し、一部富裕層にのみ有利な社会制度生み出す可能性を持つ。リベラル派は、新自由主義振り落とされた人々へのセーフティネットとなる政策提言する。すなわち、リベラル派寛容世の中維持するために国会での存在意義がある。

リベラルと保守との違い

保守リベラルは多くの面で違い表明している。まず、憲法改正について、保守派多く肯定的である。近隣諸国から攻め込まれる可能性海外派遣された自衛隊員自己防衛などを考慮し、保守派日本が正式に攻撃力のある軍隊を持つよう望んできた。実際保守政権のもとでは、憲法改正がたびたび大きな公約として掲げられている。一方、リベラルな考えに基づく人々は、憲法改正について反対立場を示す。リベラル層は戦後日本実施されてきた平和教育に、おおむね共感してきた。そのため、戦争放棄となる憲法九条現状維持を望んでいる。

日本保守とリベラルの、戦争観の違い顕著表れている事例靖国参拝である。保守派は、太平洋戦争戦死者英霊としてまつっている靖国神社参拝積極的に行ってきた。しかし、リベラル派戦争肯定することにつながるとして、靖国参拝否定的態度をとり続けている。

次に伝統的慣習に対して保守派厳守立場をとることが多い。夫婦別姓同性婚について反対する保守層も目立つ。保守層は国体維持大きな目標としているので、伝統を壊すような考え方には嫌悪感抱きやすい。逆にリベラル派自由主義に基づき伝統柔軟考え持っている夫婦別姓同性婚に対しても、リベラル派当人たちの幸福を優先的考える。そのうえで伝統が邪魔になっている判断した場合リベラル派変革厭わない社会制度撤廃修正求めリベラル派は多い。そのほか保守国家経済介入最小限に留めるよう主張しているのに対し、リベラルはむしろ、積極的な介入求める。

リベラルの語の対義語

しばしばリベラルの対義語は「保守」といわれてきた。しかし、実際には「パターナル(権威主義)」のほうが、より逆の意味に近い。パターナルは英語の「paternal」を語源としている。パターナルでは、権威絶対的な力とみなされてきた。主従関係肯定され、目上の者が目下の者に介入し、支配することが肯定される。また、パターナルにおける権威往々にして世襲制であり、本人能力に関係なく受け継がれているケースも多い。個人の自由認めるリベラルとパターナルは大きくかけ離れた概念である。パターナルは、実力主義内包しているネオリベラリズムとも使い分けるべきだといえる

レイシズムもリベラルの対義語のひとつである。レイシズムは英語で「racism」と表記し、人種差別主義を意味する。レイシズム肌の色国籍によって人間差別することを肯定し、社会保障においても優劣つけようとする。代表例は欧米蔓延していた奴隷制度であり、現代でも当時名残によって白人優位社会形成されてしまった。リベラリズムレイシズム反対しており、人種平等の社会実現させようと働きかけている。

そして、結束主義を意味するファシズムfascism)もリベラルと反対の意味である。ファシズムでは、国民国家のために奉仕するよう誘導される。そして、個人主義ファシズムの下で認められない。個人が自由に行動していいとする、リベラル思想とは大きな違いがある。ファシズム類義語としてトータリタリアニズムやミリタリズムが挙げられる。

リベラル【liberal】

形動

政治的穏健な革新をめざす立場をとるさま。本来は個人の自由重んじる思想全般の意だが、主に1980年代米国レーガン政権以降は、保守主義立場から、逆に個人財産権などを軽視して福祉過度重視する考えとして、革新派批判的にいう場合が多い。自由主義的。「リベラルな思想

因習などにとらわれないさま。「リベラルな校風


リベラル

形動〕 (英 liberal

政治的穏健な革新をめざす立場をとるさま。自由主義的であるさま。

明六雑誌二号(1874)福沢先生の論に荅ふ〈加藤弘之〉「欧洲各国近今世道の上進を裨補する最もリベラールの功に在り

社会規律習慣権威などにとらわれないさま。自由であるさま。

青年(1910‐11)〈森鴎外〉二「自然主義お座敷向きにしようとするリベラルな流義と」


リベラル

名前 Léibral

リベラル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/21 09:19 UTC 版)

リベラル: liberal)は、「自由な」「自由主義の」「自由主義者」などを意味する英語[1][2]で、政治思想の分野では主に以下の2つの意味で使用されている。




  1. ^ iberal - 研究社新英和中辞典、Eゲイト英和辞典、他
  2. ^ liberal - goo辞書
  3. ^ リベラル - 大辞林 第三版
  4. ^ リベラル - 大辞林 第三版
  5. ^ リベラル - デジタル大辞泉、精選版 日本国語大辞典
  6. ^ a b c d e f g 犬塚
  7. ^ 大槻春彦責任編集『ロック ヒューム〔第3版〕』世界の名著27、中央公論社、昭和45年、p.361.
  8. ^ 18世紀に「自由意思論者」という意味で使用され、19世紀後半から「思想や行為の自由を強く主張する人」という意味に変わった用語(会田 p121
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m 会田 p103-117
  10. ^ 吉原 p65-67
  11. ^ リバタリアン デジタル大辞泉 コトバンク.


「リベラル」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リベラル」の関連用語

リベラルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



リベラルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリベラル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS