freeとは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > freeの意味・解説 

フリー【free】

[名・形動

束縛制約負担などがないこと。また、そのさま。自由。「フリーな立場」「メンテナンスフリー

組織などに所属ていないこと。また、その人や、そのさま。フリーランサーフリーランス。「会社をやめてフリーになる」「フリーのカメラマン

料金などを免除されること。無料。「タックスフリー

他の語の下に付いて、その物質を含んでいないことを表す。「アルコールフリー」「オイルフリー


Free

名前 フリー

Free!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/12/31 08:08 UTC 版)

Free!』(フリー)は、GANによる日本4コマ漫画。『まんがタイムきららMAX』(芳文社)誌上で2010年12月号にゲスト掲載されたのち、2011年10月号から2014年6月号にかけて連載された。途中2013年6月号から2014年2月号までは「のっぴきならぬ」事情により一時的に休載[1][注 1]となるが、この間は同誌読者ページ「MAX MAIL BOX」にて「FREE! SPACE」として掲載自体は継続。


注釈

  1. ^ 同時期に発表された京都アニメーション制作のアニメ『Free!』とは無関係である[2]
  2. ^ 幼少時は髪が高校時よりも短いがアホ毛はあった。
  3. ^ 髪の色をそのキャラのイメージカラーとしている。
  4. ^ 第3話までは髪を縛っていないショートヘアーだった
  5. ^ 小学生時代では内気で大人しい性格であり、幼馴染であるアトリを除いては避けられていた。
  6. ^ 母親もアホ毛がある。
  7. ^ トモエやこずえは眉毛が太いが、遺伝の関係上母親は普通の眉毛である。
  8. ^ 毎回タイトルがついているが、連載誌上ではついていない。
  9. ^ この単行本は作者であるGANの初コミックスである。

出典

  1. ^ 色々あるけど”. Tiny. Rain. Drops//. 2013年6月2日閲覧。
  2. ^ Free!について”. Tiny. Rain. Drops//. 2013年6月2日閲覧。
  3. ^ 第1巻p51「何も出ませんが」参照
  4. ^ 第1巻p48「大穴」、「疑惑」参照
  5. ^ 第1巻p95「自前です」、「蛇足」参照
  6. ^ 第1巻p20「馬の耳に」参照
  7. ^ 第1巻p71「真相」参照
  8. ^ 第1巻p67「深読み」、p68「七不思議」参照
  9. ^ Free!│漫画の殿堂・芳文社”. 芳文社. 2013年6月17日閲覧。


「Free!」の続きの解説一覧

フリー

(free から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 22:02 UTC 版)

フリー:free)は、「自由な」「拘束を受けない」「無料の」「含有していない」という意味の形容詞。また、「自由にする」「解放する」という意味の動詞でもある。




「フリー」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「free」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「free」の関連用語

freeのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



freeのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのFree! (改訂履歴)、フリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS