freedとは?

フリード

フリード

 
  シート仕様 3列シート
タイプ G Gエアロ Giエアロ
    Lパッケージ   Lパッケージ  
乗車定員(名) 7 7 8 7 7 7 8 7 7
駆動方式 FF 4WD FF 4WD FF 4WD FF 4WD FF
  1.5LSOHC i-VTEC
車名型式 ホンダ
DBA-GB3
ホンダ
DBA-GB4
ホンダ
DBA-GB3
ホンダ
DBA-GB4
ホンダ
DBA-GB3
ホンダ
DBA-GB4
ホンダ
DBA-GB3
ホンダ
DBA-GB4
ホンダ
DBA-GB3
トランスミッション 無段変速
オートマチック
電子制御
5速
オートマチック
無段変速
オートマチック
電子制御
5速
オートマチック
無段変速
オートマチック
電子制御
5速オートマチック
無段変速
オートマチック
電子制御
5速
オートマチック
無段変速
オートマチック




全長(m) 4.215
全幅(m) 1.695
全高(m) 1.715 1.745 1.715 1.745 1.715 1.745 1.715 1.745 1.715
ホイールベース(m) 2.740
トレッド(m) (前/後) 1.480/1.465
最低地上高(m) 0.150
車両重量kg 1,280 1,370 1,300 1,310 1,390 1,290 1,380 1,290 1,310 1,400 1,330
最大車両重量kg)※1 1,280 1,380 1,300 1,320 1,390 1,290 1,390 1,300 1,320 1,400 1,330
客室寸法(m)(長さ/幅/高さ) 2.625/1.440/1.265



エンジン型式 L15A
エンジン種類シリンダー数および配置 水冷直列4気筒横置
機構 SOHCチェーン駆動 吸気2 排気2
総排気量cm3 1,496
内径×行程mm 73.0×89.4
圧縮比 10.4
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI
使用燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L) 42

最高出力kWPS]/rpm)* 87[118]/6,600
最大トルクN・mkg・m]/rpm)* 144[14.7]/4,800
燃料消費率km/L10・15モード走行国土交通省審査値) 16.4 14.0 16.4 14.0 16.4 14.0 16.4 14.0 16.4
主要燃費
向上対策
自動無段変速機CVT - - - -
可変バルブタイミング
電動パワーステアリング
最小回転半径(m) 5.2








変速比 CVT 前進 2.419~
0.421
- 2.419~
0.421
- 2.419~
0.421
- 2.419~
0.421
- 2.419~
0.421
後退 2.477~
1.480
- 2.477~
1.480
- 2.477~
1.480
- 2.477~
1.480
- 2.477~
1.480
5AT 1速 - 2.995 - 2.995 - 2.995 - 2.995 -
2速 - 1.678 - 1.678 - 1.678 - 1.678 -
3速 - 1.066 - 1.066 - 1.066 - 1.066 -
4速 - 0.760 - 0.760 - 0.760 - 0.760 -
5速 - 0.551 - 0.551 - 0.551 - 0.551 -
後退 - 1.956 - 1.956 - 1.956 - 1.956 -
減速比 5.258 前4.562
後2.533
5.258 前4.562
後2.533
5.258 前4.562
後2.533
5.258 前4.562
後2.533
5.258
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式(パワーステアリング仕様
タイヤ前・後 185/70R14 88S - - - ●※2 - ●※2 - - -
185/65R15 88S - - - -
ブレーキ種類形式(前/後) 油圧ベンチレーテッドディスク/油圧リーディング・トレーリング
サスペンション方式 マクファーソン
車軸式 ド・ディオン式 車軸式 ド・ディオン式 車軸式 ド・ディオン式 車軸式 ド・ディオン式 車軸式
スタビライザー形式 トーション・バー
トーション
バー
- トーション
バー
- トーション
バー
- トーション
バー
- トーション
バー

 ※1:メーカーオプション組み合わせ装着した場合最大車両重量です。各組み合わせ装着車両重量販売会社お問い合わせください。 ※2:メーカーオプションの「15インチアルミホイール」を装着した場合、185/65R15 88Sとなります。 
■*はネット値です。「ネット」とはエンジン車両搭載した状態とほぼ同条件測定したものです。 
■新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。
燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。
★印の車両グリーン税率(低燃費低公害車普及促進優遇税制)の対象となります
ご購入時に自動車取得税軽減措置が受けられます(平成22年3月31日まで)。また、ご購入翌年度自動車税について軽減措置が受けられます(平成22年3月31日までの新規登録車を対象)。 
主要諸元道路運送車両法による型式指定申請書数値。 
FLEX、アレルフリー、G-CON、INTER NAVI SYSTEMPGM-FIプロスマテックVSAVTEC本田技研工業株式会社登録商標です。 
製造事業者本田技研工業株式会社

  シート仕様 2列シート
タイプ FLEX FLEXエアロ FLEXiエアロ
    Fパッケージ    
乗車定員(名) 5
駆動方式 FF 4WD FF 4WD FF 4WD FF
  1.5LSOHC i-VTEC
車名型式 ホンダ
DBA-GB3
ホンダ
DBA-GB4
ホンダ
DBA-GB3
ホンダ
DBA-GB4
ホンダ
DBA-GB3
ホンダ
DBA-GB4
ホンダ
DBA-GB3
トランスミッション 無段変速
オートマチック
電子制御
5速
オートマチック
無段変速
オートマチック
電子制御
5速
オートマチック
無段変速
オートマチック
電子制御
5速
オートマチック
無段変速
オートマチック




全長(m) 4.215
全幅(m) 1.695
全高(m) 1.715 1.745 1.715<1.720> 1.745 1.715<1.720> 1.745 1.715
ホイールベース(m) 2.740
トレッド(m) (前/後) 1.480/1.465
最低地上高(m) 0.150
車両重量kg 1,270 1,350 1,270 1,350 1,280 1,370 1,300
最大車両重量kg)※1 - - 1,310 1,380 1,310 1,370 1,310
客室寸法(m)(長さ/幅/高さ) 1.910/1.440/1.265<1.235>



エンジン型式 L15A
エンジン種類シリンダー数および配置 水冷直列4気筒横置
機構 SOHCチェーン駆動 吸気2 排気2
総排気量cm3 1,496
内径×行程mm 73.0×89.4
圧縮比 10.4
燃料供給装置形式 電子制御燃料噴射式(ホンダPGM-FI
使用燃料種類 無鉛レギュラーガソリン
燃料タンク容量(L) 42

最高出力kWPS]/rpm)* 87[118]/6,600
最大トルクN・mkg・m]/rpm)* 144[14.7]/4,800
燃料消費率km/L10・15モード走行国土交通省審査値) 16.4 14.0 16.4 14.0 16.4 14.0 16.4
主要燃費向上対策 自動無段変速機CVT - - -
可変バルブタイミング
電動パワーステアリング
最小回転半径(m) 5.2








変速比 CVT 前進 2.419~
0.421
- 2.419~
0.421
- 2.419~
0.421
- 2.419~
0.421
後退 2.477~
1.480
- 2.477~
1.480
- 2.477~
1.480
- 2.477~~
1.480
5AT 1速 - 2.995 - 2.995 - 2.995 -
2速 - 1.678 - 1.678 - 1.678 -
3速 - 1.066 - 1.066 - 1.066 -
4速 - 0.760 - 0.760 - 0.760 -
5速 - 0.551 - 0.551 - 0.551 -
後退 - 1.956 - 1.956 - 1.956 -
減速比 5.258 前4.562
後2.533
5.258 前4.562
後2.533
5.258 前4.562
後2.533
5.258
ステアリング装置形式 ラック・ピニオン式(パワーステアリング仕様
タイヤ前・後 185/70R14 88S - - ●※2 - -
185/65R15 88S - - -
ブレーキ種類形式(前/後) 油圧ベンチレーテッドディスク/油圧リーディング・トレーリング
サスペンション方式 マクファーソン
車軸式 ド・ディオン式 車軸式 ド・ディオン式 車軸式 ド・ディオン式 車軸式
スタビライザー形式 トーション・バー
トーション
バー
- トーション
バー
- トーション
バー
- トーション
バー

〈 〉内は「スカイルーフ」装着車。 
※1:メーカーオプション組み合わせ装着した場合最大車両重量です。各組み合わせ装着車両重量販売会社お問い合わせください。 
※2:メーカーオプションの「15インチアルミホイール」を装着した場合、185/65R15 88Sとなります。
■*はネット値です。「ネット」とはエンジン車両搭載した状態とほぼ同条件測定したものです。
■新単位として、出力は「PS」から「kW」に、トルクは「kg・m」から「N・m」に切り替わっています。
燃料消費率定められた試験条件での値です。お客様使用環境気象渋滞等)や運転方法急発進エアコン使用等)に応じて燃料消費率異なります。
★印の車両グリーン税率(低燃費低公害車普及促進優遇税制)の対象となります。ご購入時に自動車取得税軽減措置が受けられます(平成22年3月31日まで)。また、ご購入翌年度自動車税について軽減措置が受けられます(平成22年3月31日までの新規登録車を対象)。

主要諸元道路運送車両法による型式指定申請書数値
FLEX、アレルフリー、G-CON、INTER NAVI SYSTEMPGM-FIプロスマテックVSAVTEC本田技研工業株式会社登録商標です。 
製造事業者本田技研工業株式会社

Freed

名前 フリード

アットフリード

(freed から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 17:26 UTC 版)

@FreeD(アットフリード)はNTTドコモが提供していた、PHS回線を利用した定額制のプロバイダへのアクセス回線提供サービスである。




「アットフリード」の続きの解説一覧

フリード (曖昧さ回避)

(freed から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 02:26 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

フリード

Freed

Fried

その他

関連項目



ホンダ・フリード

(freed から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/21 14:28 UTC 版)

フリードFREED)は、本田技研工業が生産・販売するコンパクトミニバン型の小型乗用車である。




注釈

  1. ^ ハイブリッド車には未設定
  2. ^ エンジン始動時:92N·m (9.4kgf·m)/
    500rpm
  3. ^ ガソリン/FF車に設定
  4. ^ ガソリン/4WD車に設定
  5. ^ ハイブリッド車に設定
  6. ^ 発売当初は2列目キャプテンシート仕様が7人乗り、2列目ベンチシート仕様が8人乗りだった。
  7. ^ 「Modulo X」を除くフリード全車、およびフリード+の4WD車
  8. ^ フリード+のFF車
  9. ^ intelligent Dual-Clutch Drive
  10. ^ Collision Mitigation Brake System
  11. ^ Lane Keep Assist System
  12. ^ 「G」、「G Honda SENSING」にも「Sパッケージ」として、シートバックアッパーポケット(運転席/助手席)、15インチアルミホイールとセットでメーカーオプション設定。
  13. ^ 先代モデルでも設定。
  14. ^ 過去に2代目ダイハツ・タントのCMに出演。
  15. ^ 起用後の2020年1月に週刊誌に自身の不倫報道が掲載され、CMを一時中断。その後小池単独となり放映を再開。

出典

  1. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第90号21ページより。
  2. ^ デアゴスティーニジャパン週刊日本の名車第90号21ページより。
  3. ^ “新型コンパクトミニバン「フリード」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2008年5月29日), https://www.honda.co.jp/news/2008/4080529-freed.html 
  4. ^ “フリード、2008年下半期 ミニバンの販売台数で第1位を獲得” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2009年1月8日), https://www.honda.co.jp/news/2009/4090108b.html 
  5. ^ “インドネシアで「フリード」を生産・販売・輸出開始” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2009年3月11日), https://www.honda.co.jp/news/2009/4090311.html 
  6. ^ “フリードを一部改良し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2009年5月21日), https://www.honda.co.jp/news/2009/4090521-freed.html 
  7. ^ “フリード G/Gエアロ 特別仕様車「ハイウェイ エディション」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2010年5月17日), https://www.honda.co.jp/news/2010/4100517-freed.html 
  8. ^ “コンパクトミニバン「フリード」をマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2010年11月4日), https://www.honda.co.jp/news/2010/4101104-freed.html 
  9. ^ “新型ハイブリッド車「フリード ハイブリッド」「フリード スパイク ハイブリッド」、新型「インサイト」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2011年10月5日), https://www.honda.co.jp/news/2011/4111005.html 
  10. ^ “新型フリードシリーズに、ハイブリッドを追加し発売 —5ナンバーサイズのミニバン/ハイトワゴンとして、初めてのハイブリッド車—” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2011年10月27日), https://www.honda.co.jp/news/2011/4111027-freed.html 
  11. ^ “「フリード」シリーズに新タイプを設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2012年4月5日), https://www.honda.co.jp/news/2012/4120405-freed.html 
  12. ^ “「フリード」シリーズを一部改良し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2012年11月22日), https://www.honda.co.jp/news/2012/4121122-freed.html 
  13. ^ “「フリード」シリーズに特別仕様車を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2013年11月7日), https://www.honda.co.jp/news/2013/4131107-freed.html 
  14. ^ “「フリード」シリーズをマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2014年4月17日), https://www.honda.co.jp/news/2014/4140417-freed.html 
  15. ^ “「フリード」シリーズに特別仕様車「プレミアムエディション」を設定し発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2015年5月28日), https://www.honda.co.jp/news/2015/4150528-freed.html 
  16. ^ フリード(ホンダ)2008年5月~2016年8月生産モデルのカタログ”. リクルート株式会社 (2020年1月23日). 2020年1月23日閲覧。
  17. ^ ホンダ、小型ミニバンの新型「フリード/フリード+」を発売”. webCG (2016年9月16日). 2018年11月24日閲覧。
  18. ^ a b c d e f g h i “新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)/FREED+(フリードプラス)」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年9月16日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160916-freed.html 
  19. ^ プレスインフォメーション(FACT BOOK)19-20ページ”. 本田技研工業株式会社 (2016年9月16日). 2018年11月24日閲覧。
  20. ^ プレスインフォメーション(FACT BOOK)16、18ページ”. 本田技研工業株式会社 (2016年9月16日). 2018年11月24日閲覧。
  21. ^ プレスインフォメーション(FACT BOOK)30ページ”. 本田技研工業株式会社 (2016年9月16日). 2018年11月24日閲覧。
  22. ^ 「ホンダ フリード カタログ」50ページ 主要諸元、2016年9月発行。B411FD-1690-000 1609
  23. ^ “新型コンパクトミニバン「FREED(フリード)」をホームページで先行公開” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2016年6月24日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160624.html 
  24. ^ “重希土類完全フリー磁石をハイブリッド車用モーターに世界で初めて採用 〜今秋発表予定の新型 「FREED(フリード)」に採用〜” (プレスリリース), 大同特殊鋼株式会社、本田技研工業株式会社(2社連名), (2016年7月12日), https://www.honda.co.jp/news/2016/4160712.html 
  25. ^ 「ホンダ フリード カタログ」45-46ページ ボディカラー、2017年5月発行。B411FD-1691-000 1705N 本田技研工業株式会社
  26. ^ “「FREED Modulo X」を発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2017年12月14日), https://www.honda.co.jp/news/2017/4171214-freedmodulox.html 
  27. ^ “「FREED/FREED+」をマイナーモデルチェンジし発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2019年10月18日), https://www.honda.co.jp/news/2019/4191018-freed.html 
  28. ^ “「FREED Modulo X」をマイナーモデルチェンジして発売” (プレスリリース), 本田技研工業株式会社, (2020年5月28日), https://www.honda.co.jp/news/2020/4200528-freedmodulox.html 
  29. ^ フリードの名前の由来を教えて。”. 本田技研工業株式会社. 2019年4月19日閲覧。


「ホンダ・フリード」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「freed」の関連用語

freedのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
自動車メーカー一覧
ホンダの車種一覧



freedのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
HONDAHONDA
(C) Honda Motor Co., Ltd. and its subsidiaries and affiliates. All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアットフリード (改訂履歴)、フリード (曖昧さ回避) (改訂履歴)、ホンダ・フリード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS