サムスン電子とは?

サムスン電子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 12:20 UTC 版)

サムスン電子ハングル삼성전자주식회사; ハンチャ三星電子株式會社, : Samsung Electronics Co., Ltd.)は、韓国の会社で世界最大級の総合家電・電子部品・電子製品メーカーであるサムスングループの中核会社。スマートフォン薄型テレビNAND型フラッシュメモリDRAM、中小型有機ELディスプレイにおいては、いずれも世界シェア1位[3][4][5]2018年における研究開発費は世界1位[6]




  1. ^ 約10兆円
  2. ^ スマホ販売で長くライバル関係にあるアップルは58位(2018年)。
  3. ^ 2位はアップル、3位はパナソニック(2018年)
  4. ^ 後年、代表取締役副社長に就く。
  5. ^ Galaxy Note8付属のペン
  1. ^ a b c d e f "Samsung Electronics Financial Statements"
  2. ^ [1]
  3. ^ Strategy Analytics: Apple Grabs Share as Global Smartphone Shipments Dip to 345 Million in Q1 2018”. Strategy Analytics. 2018年6月2日閲覧。
  4. ^ “サムスン、テレビ市場で13年連続世界首位”. 朝鮮日報. (2019年2月25日). http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019022580007 2019年5月10日閲覧。 
  5. ^ “東芝メモリ:前途多難、1日売却 半導体価格下落の恐れも”. 毎日新聞. (2018年5月31日). https://mainichi.jp/articles/20180601/k00/00m/020/106000c 2018年6月2日閲覧。 
  6. ^ サムスン電子、R&D投資が世界1位| Joongang Ilbo | 中央日報”. s.japanese.joins.com. 2019年5月24日閲覧。
  7. ^ “サムスン電子 外国人の株式保有比率が低下”. WoW! Korea. (2012年7月17日). http://s.wowkorea.jp/news/read/100071/ 2018年2月11日閲覧。 
  8. ^ 【社説】文大統領のサムスン工場訪問が大ニュースになる韓国
  9. ^ “世界企業番付 フォーチュン・グローバル500、2018年版”. MEMORVA. (2018年8月14日). https://memorva.jp/ranking/forbes/fortune_global_500.php 2018年11月12日閲覧。 
  10. ^ “韓国・サムスンのブランド価値 世界4位に上昇=英調査会社”. 聯合ニュース. (2018年2月2日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20180201004400882 2020年10月4日閲覧。 
  11. ^ “サムスン「評判良い企業」で44ランク上昇の26位 アップル急落”. 聯合ニュース. (2018年3月18日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20180318000200882 2020年10月4日閲覧。 
  12. ^ “アジア消費者のブランド評価 サムスン電子が7年連続1位”. 聯合ニュース. (2018年6月6日). https://jp.yna.co.kr/view/AJP20180606000500882 2020年10月4日閲覧。 
  13. ^ 柳町, 功 (2007年). “1960年代における韓国・三星財閥の新規事業展開 : 肥料プロジェクトの挫折と電子事業への進出”. 慶應義塾大学学術情報リポジトリ. 三田商学研究. 2020年10月21日閲覧。
  14. ^ 李恵美 (2016年). “サムスングループの形成と成長における日本からの影響 : 1938年から1987年までの期間を対象に”. つくばリポジトリ. 筑波大学. doi:10.15068/00145457. 2020年10月26日閲覧。
  15. ^ http://www.samsung.com/jp/aboutsamsung/japan/history/1980.html
  16. ^ 日本が6年かかった64K DRAM、韓国は6カ月で開発 朝鮮日報
  17. ^ a b c d 2005年12月25日放送『NHKスペシャル 日本の群像、再起への20年』
  18. ^ 日本が6年かかった64K DRAM、韓国は6カ月で開発(2)朝鮮日報
  19. ^ 2005年12月25日放送『NHKスペシャル 日本の群像、再起への20年』
  20. ^ 上島康夫 (2008年9月9日). “ニッポンに圧勝したサムスンのグローバル戦略” (日本語). MONOist. 2021年3月3日閲覧。
  21. ^ サムスンとスポーツスポンサーシップtechnoloGeekO, 2010/6/11
  22. ^ <オピニオン>ハリー金の韓国産業ウォッチ①世界一サムスンへの視線、東洋経済日報 2010-02-12、ディスプレイバンク日本事務所 金 桂煥 代表
  23. ^ サムスン電子、トップ電子メーカーに、総合ニュース 2010-01-08
  24. ^ 3Dテレビ“日韓戦”が白熱 「世界初」の称号奪いサムスンが先行産経新聞, 2010-03-09
  25. ^ Peter Clarke (2010年2月3日). “サムスン電子と東芝が上位を維持、2009年第4四半期のNAND型フラッシュ売上高” (日本語). EE Times Japan. EE Times Japan. 2021年3月3日閲覧。
  26. ^ 2010年1Q世界スマーフトフォン市場、Androidが前年比707%増マイコミジャーナル, 2010-05-21
  27. ^ http://www.samsung.com/jp/aboutsamsung/corporateprofile/vision.html
  28. ^ サムスン電子、独自のCPUコア開発プロジェクト「マングース」を中止”. ハンギョレ (2019年11月5日). 2019年11月9日閲覧。
  29. ^ “ソニー、サムスン電子との合弁解消 TV向け液晶パネル”. 朝日新聞. (2011年12月26日). オリジナルの2012年7月19日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20120719030413/www.asahi.com/business/update/1226/TKY201112260562.html 
  30. ^ サムスンが18兆円投資へ 2020年までの3年で”. 日本経済新聞 (2018年8月8日). 2019年6月4日閲覧。
  31. ^ “NEC、サムスンと提携 5G基地局の開発・営業”. 日本経済新聞. (2018年10月24日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO3684993024102018X12000?s=2 2018年10月24日閲覧。 
  32. ^ 韓国のサムスン中枢へ捜査迫る”. 時事通信 (2019年6月6日). 2019年6月8日閲覧。
  33. ^ 韓国サムスン電子、中国での携帯電話生産を終了”. ロイター (2019年10月2日). 2019年10月2日閲覧。
  34. ^ a b c d e f g h i j k l Electronics & Appliances: Tablets, Smartphones, TVs | Samsung US
  35. ^ 日本サムスンの研究所の拠点
  36. ^ [2]
  37. ^ http://japanese.joins.com/article/article.php?aid=92728&servcode=300&sectcode=300
  38. ^ http://sankei.jp.msn.com/economy/business/071109/biz0711090132000-n1.htm
  39. ^ サムスン、電子部品などを扱うグループ企業が品川に移転、完成品を扱う法人と完全分離
  40. ^ https://www.galaxymobile.jp/
  41. ^ a b c d e f g 全国50ヶ所以上で開催、累計200万人超が熱狂! Galaxyが手掛ける完全無料の“アミューズメントパーク” 2018年も東京・大阪で実施決定! ”. Galaxy Mobile Japan 公式サイト. 2018年2月12日閲覧。
  42. ^ #GalaxyStudio : LIQUID CANVAS – YouTube
  43. ^ #GalaxyStudio : Galaxy FITNESS – YouTube
  44. ^ #GalaxyStudio : VR PULSAR – YouTube
  45. ^ #Galaxy Studio : VR SKELETON – YouTube
  46. ^ #GalaxyStudio : Gear VR 4D Theater – YouTube
  47. ^ Galaxy Virtual Studio”. Galaxy Mobile Japan 公式サイト. 2018年2月12日閲覧。
  48. ^ サムスン電子|東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会”. 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会. 2018年4月4日閲覧。
  49. ^ サムスン電子、エコマネジメント2013イニシアティブを発表“日本サムスン, 2009-07-23”
  50. ^ サムスン電子、2013年に温室ガス排出量半減“wowkorea, 2009-07-20”
  51. ^ YONHAP NEWS AGENCY (2010年7月20日). “サムスン電子、温室効果ガス2年間で31%削減”. 聯合ニュース. http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2010/07/20/0200000000AJP20100720001700882.HTML 2011年1月12日閲覧。 
  52. ^ サムスン強さの秘密(下) 技術・デザイン原動力に” 日本経済新聞 電子版, 2010-05-26“
  53. ^ 韓国10大企業名とロゴの意味(韓)koreadaily, 2010-06-07
  54. ^ サムスン ロゴマーク日本サムスン
  55. ^ サムスン電子のロゴの歴史
  56. ^ http://sankei.jp.msn.com/world/news/111209/asi11120914240002-n1.htm
  57. ^ ビジネスモデル分析術: 数字とストーリーでわかる あの会社のビジョンと戦略 『スティーヴ・ジョブズII』346Pから
  58. ^ a b . http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE87N05E20120825 
  59. ^ フォロワーにどう向き合うべきか? 後藤康浩 日本経済新聞 編集委員一般財団法人 海外投融資情報財団
  60. ^ a b . http://www.nikkei.com/article/DGXZZO45307600T20C12A8000000/ 
  61. ^ アップルにウェブサイトでの謝罪を命じた裁判官、なんと今はサムスンの特許担当者に Gizmodo 2013年2月28日
  62. ^ 韓国サムスン電子、米アップルに5.48億ドル支払いへ 特許訴訟で
  63. ^ サムスン、アップルへの賠償金5億4800万ドル支払いで合意--知的財産権訴訟
  64. ^ キム・ワン; オク・キウォン; イ・ジェヨン (2019年6月21日). “アジアの青年の血と汗と涙で築かれた“超一流サムスン””. ハンギョレ. http://japan.hani.co.kr/arti/politics/33688.html 2019年7月2日閲覧。 





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サムスン電子」の関連用語

サムスン電子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サムスン電子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリサムスン電子の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサムスン電子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS