国富とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 国富の意味・解説 

こく‐ふ【国富】


こく‐ふ【国富】

〔名〕

国家富み栄えること。

国家の富。一国経済力

王陽明(1893)〈三宅雪嶺良知下「政治は国富の低度随ふと云ひ」

一国内の居住者保有する全有資産に、対外資産対外負債差額加えたもの。国民経済総資本合計


正味資産、国富(Net Worth,National Wealth)

 国あるいは各制度部門所有する実物資産及び金融資産株式を含む)の総額から、負債株式を含む)の総額差し引いたものを正味資産といい、国民あるいは制度部門別貸借対照表バランス項目である。国富とは、国全体の正味資産であり、実物資産対外純資産合計等しい。

国富

読み方:クニトミ(kunitomi)

所在 北海道岩内郡共和町


国富

読み方:クニトミ(kunitomi)

所在 岡山県岡山市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

国富

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 03:24 UTC 版)

国富(こくふ、英語: National wealth)とは、国民全体が保有する資産から負債を差し引いた正味資産。


  1. ^ 平成23年度国民経済計算確報(ストック編)ポイント - 内閣府経済社会総合研究所国民経済計算部(平成25年1月18日)
  2. ^ 神樹兵輔 『面白いほどよくわかる 最新経済のしくみ-マクロ経済からミクロ経済まで素朴な疑問を一発解消(学校で教えない教科書)』 日本文芸社、2008年、230頁。
  3. ^ 中村昭 (2015年5月11日). “ちっとも失われていなかったこの20年―国富の推移は、どうなってきたのか―”. ニッセイ基礎研究所. 2021年6月17日閲覧。


「国富」の続きの解説一覧

国富

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 11:54 UTC 版)

名詞

(こくふ)

  1. 全体経済力財力
  2. 経済)国全体実物資産及び金融資産総額から負債差し引いた正味資産であり、実物資産対外純資産合計

関連語

翻訳




国富と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「国富」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

国富のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



国富のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
内閣府内閣府
Copyright©2021 Cabinet Office, Government Of Japan. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの国富 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの国富 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS