統計とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 製造業 > 統計 > 統計の意味・解説 

とう‐けい【統計】

読み方:とうけい

[名](スル)集団個々の構成要素分布調べ、その集団属性数量的に把握すること。また、その結果数値図表で表現したもの。「—をとる」「—を出す」「就業人口を—する」


統計

とうけい - タクシー業界のことば

輸送統計のこと。

統計

作者アントン・チェーホフ

収載図書チェーホフ・ユモレスカ
出版社新潮社
刊行年月2006.7

収載図書チェーホフ・ユモレスカ―傑作短編集 1
出版社新潮社
刊行年月2008.7
シリーズ名新潮文庫


統計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/03 01:38 UTC 版)

統計(とうけい、statistic)は、現象調査することによって数量で把握すること、または、調査によって得られた数量データ(統計量)のことである。統計の性質を調べる学問は統計学である。


  1. ^ 『指数の作成と利用』経済産業省、2015, ISBN 978-4-86499-039-4
  2. ^ 日本産業規格 JIS Z8101-1:2015(ISO 3534-1:2006)統計−用語及び記号−第 1 部:一般統計用語及び確率で用いられる用語Statistics-Vocabulary and symbols-Part 1: General statistical terms andterms used in probability https://kikakurui.com/z8/Z8101-1-2015-01.html
  3. ^ 統計制度 http://www.stat.go.jp/index/index.htm
  4. ^ 総務省統計局 国勢調査 https://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/index.html
  5. ^ 総務省統計局 家計調査 https://www.stat.go.jp/data/kakei/index.html
  6. ^ ペーパーワーク負担の実態と改善方策に関する調査報告日本経済団体連合会


「統計」の続きの解説一覧

統計(推計)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 14:54 UTC 版)

ソビエト連邦における農業集団化」の記事における「統計(推計)」の解説

強制収容所での死亡飢饉直接の原因したものでなく、同様に集団化を原因とした犠牲飢饉による犠牲異なるが、それぞれ厳格に分けことには困難が伴い、また犠牲者数には諸説ある。1930年代集団化、飢饉大テロル犠牲者総数推計については、時期死因範囲などの違い数字大きく異なり集団化による犠牲統計的把握困難であるイギリスの歴史学者ロバート・コンクエストによる1930年代ソ連農業政策における犠牲者数推計は以下の1.2にある通りである。 表1.1930-37年の犠牲者数農民死亡者1100万人 強制収容所での死亡者350万人 合計1450万人 表2.表1内訳富農撲滅運動による死者数650万人 農業集団化によるカザフ人死者数100万人 1932-33年の飢餓死亡者数ウクライナ500万人,北カフカース:100万人,その他の地域:100万合計1450万人 塩川伸明1997年のまとめによれば1930年代集団化、飢饉大テロルスターリン体制犠牲者総数については、1980年代以降論争があり、犠牲大きく見積る見方では、1930年代犠牲者総数1600-2200万人、うち集団化の犠牲500万飢饉による死亡500万-750大粛清による死者500万-1000万人戦後犠牲含めれば2500万人以上ともされた。(表3) これに対して、1926-1939年の犠牲者総数480-550万人、うち1932-34年飢饉300-400万人1930年代大粛清犠牲100万-200万人とする見解公表された1926年1939年人口調査比較によって、この間不自然な人口消滅が約550万人とする説があるが、これには国外流出なども含まれる。(表4) 表3.1930年代スターリン体制犠牲者数(大)1930年代犠牲者総数1600-2200万人戦後含めれば2500万人農業集団化犠牲500万 飢饉による死亡500万-750万 大粛清による死者500万-1000万人 表4.1930年代スターリン体制犠牲者数(小)1926-1939年の犠牲者480-550万人国外流出なども含む) 1932-34年の飢饉300-400万人 大粛清犠牲100万-200万人 ソ連崩壊以降の資料公開 ペレストロイカ・ソ連崩壊以降の原資料公開で、1937年人口についてこれまでのソ連公式発表1億6400万人一部欧米研究者推計1億5600万人中間の1億6200万人であったことがわかり、1939年人口欧米推計ほどではなかったことがわかった。これで再計算すると、1926-1939年の過剰死亡者総数は790万人ウクライナの1932-34年飢饉被害200-300万人出生率低下をふくめた人口喪失では350-400万人)、その他の地域犠牲400-600万人とされる。 ただし、カザフスタンについては中国への流出死亡区別困難であり、また飢饉のなかで死んだため登録されなかった乳幼児200いたともされる過剰死亡総数から飢饉をひき、集団化による犠牲50-100万をひくと、粛清による犠牲は150-300万人となる。 刑事弾圧については、1930-1953年の間で裁かれたのは約406万人、うち銃殺刑80万人という数字公表された。 被拘禁者については、1939年で約132万人コロニー政治犯少な短期の刑)36監獄での未決囚35、「特別居住区」に約94(うち大半クラークとして追放されたもの)で、総計296万人。なお、「特別居住区」は第二次世界大戦中から戦後にかけて膨張した1980年代以降公開された原資料での犠牲者数1926-1939年の過剰死亡者790万人 ウクライナ飢饉(1932-34)200-300万人出生率低下をふくめた人口喪失では350-400万人) その他の地域飢饉400-600万人 集団化による犠牲50-100万 粛清による犠牲150-300万人銃殺刑80万人(1930-1953)

※この「統計(推計)」の解説は、「ソビエト連邦における農業集団化」の解説の一部です。
「統計(推計)」を含む「ソビエト連邦における農業集団化」の記事については、「ソビエト連邦における農業集団化」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「統計」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

統計

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:17 UTC 版)

名詞

 とうけい

  1. 一定の標識を持つ多くの物を集め性質状態数量的に示す事。また、そうした物。

発音(?)

と↗ーけー

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
統計-する

「統計」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



統計と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「統計」に関係したコラム

  • FXのポジション比率とは

    FX(外国為替証拠金取引)のポジション比率とは、未決済のポジションのショートとロングとの比率のことです。ポジション比率は、FX業者が顧客の未決済のポジションからショートとロングの統計を取って比率として...

  • FXやCFDの線形回帰とは

    FXやCFDの線形回帰とは、価格の散らばりを1つの線にまとめて表したテクニカル指標のことです。線形回帰は統計学などで用いられます。線形回帰の求め方はいくつかありますが、一般的にはある期間の価格と線との...

  • バイナリーオプションのレンジとは

    バイナリーオプションのレンジとは、通貨ペアの価格が一定期間、指定された価格帯の中で推移するかどうかを予想するオプション商品の総称です。2012年5月現在、日本国内のバイナリーオプション業者のうち、レン...

  • 為替の変動要因となる経済指標の一覧

    世界各国の発表する経済指標は、為替の変動要因の1つとされています。その中でもアメリカ合衆国やEU諸国など、主要国と呼ばれる国々の発表する経済指標は、米ドル、ユーロなどの主要通貨に影響を及ぼすことがあり...

  • 株365の日経225証拠金取引の値動きを景気から予測するには

    株365の日経225証拠金取引の値動きを景気動向から予測することができるでしょうか。日本では、内閣府が景気統計の1つとして景気動向指数を発表しています。Webサイトからは内閣府のホームページの「統計表...

  • FX業者の開催するセミナーの一覧

    FX業者では、FXに関するさまざまなセミナーを開催しています。セミナーの内容は、FXをこれから始める人を対象にした入門セミナーや、チャートの見方、取引方法など、主に初心者向けのセミナーが多いようです。

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

統計のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



統計のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2022 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの統計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのソビエト連邦における農業集団化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの統計 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS