中央政府とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 機関 > 中央政府の意味・解説 

ちゅうおう‐せいふ〔チユウアウ‐〕【中央政府】

読み方:ちゅうおうせいふ

国家行政中央機関内閣連邦制国家連邦政府をさす。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/24 06:34 UTC 版)

中央政府(ちゅうおうせいふ、: Central government)は、内閣連邦政府といった全体の事柄を扱う統治機構[1]地方政府州政府などと対比される概念である[1]


注釈

  1. ^ 人民共和国などでは「政府」の前に「人民」という単語をつけ、「中央人民政府」という用語が使用される。中央である、国家全体の政府である、という点ではほぼ同様である。
  2. ^ インドネシアの東ティモールが典型。またカナダでも、鎮静化はしたが、フランス系移民の多いケベック州で独立の機運が高まった時期がある

出典

  1. ^ a b Longman, "central government".


「中央政府」の続きの解説一覧

中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 15:58 UTC 版)

日本」の記事における「中央政府」の解説

国会議事堂 内閣総理大臣官邸 最高裁判所 日本国政府統治機構)は、憲法上、立法権国会に、行政権内閣に、司法権裁判所に、それぞれ分配する権力分立制三権分立)を採る。また、内閣国会信任拠って存在する議院内閣制採用する日本国憲法第41条は、国会を「国権の最高機関」と定めるが、この意味につき学説分かれ国政中心的位置占め機関であることを強調する政治的美称であるとする説(政治的美称説)、「国家機関権能および相互関係解釈する際の解釈準則となる」とする説(総合調整機能説)が有力である。

※この「中央政府」の解説は、「日本」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「日本」の記事については、「日本」の概要を参照ください。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 03:20 UTC 版)

林佳龍」の記事における「中央政府」の解説

2000年 - 国家安全会議諮問委員中国語: 諮詢委員)に就任、重要業務のほか民進党政府組織両岸超党派小部会での組織業務従事また、日米対話プラットフォーム構築尽力した台湾最初シンクタンクとなる台湾智庫共同設立者となり、民進党執政その後省庁再編zh:行政院功能業務組織調整)に協力2003年 - 行政院報道官就任 2004年 - 行政院新聞局局長就任 2019年 - 交通部長(北廻線太魯閣号脱線事故受けて2021年4月20日付で辞任

※この「中央政府」の解説は、「林佳龍」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「林佳龍」の記事については、「林佳龍」の概要を参照ください。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 08:22 UTC 版)

秘書官」の記事における「中央政府」の解説

内閣総理大臣秘書官定数5人:内閣官房組織令(昭和32年政令219号)附則第5項により、当分の間7人とするとされている(内閣官房組織令等の一部改正する政令平成23年政令第1号第1条による改正組織上は内閣官房所属詳細は「内閣総理大臣秘書官」を参照 国務大臣秘書官各省大臣秘書官各省1人ずつ。組織上は各省所属辞令上は「○○大臣秘書官任命する」と記載される○○は「総務」のように省名から「省」を省いたもの)。 国務大臣秘書官各省大臣以外の各国大臣内閣府特命担当大臣など)に1人ずつ。組織上は内閣官房所属する辞令上は「国務大臣秘書官任命する」、「○○国務大臣附を命ずる」と2行にわたって記載される○○原則として当該国大臣の姓)。なお、内閣官房長官たる国務大臣付き秘書官は「内閣官房長官秘書官」のように表記されることがあるが、これらは通称である。 内閣法制局長官秘書官定数1人宮内庁長官秘書官定数1人検事総長秘書官定数1人会計検査院秘書官定数1人検査官秘書官定数2人院長以外の検査官1人ずつ) 人事院総裁秘書官定数1人

※この「中央政府」の解説は、「秘書官」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「秘書官」の記事については、「秘書官」の概要を参照ください。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 06:11 UTC 版)

財政再建」の記事における「中央政府」の解説

日本国政府は、多額国債償還するべく財政再建努めている。 1981年 - 鈴木善幸内閣による「増税なき財政再建2001年-2006年 - 小泉内閣による「聖域なき構造改革2009年- - 行政刷新会議による「事業仕分け

※この「中央政府」の解説は、「財政再建」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「財政再建」の記事については、「財政再建」の概要を参照ください。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/03 10:06 UTC 版)

ノルウェーの経済」の記事における「中央政府」の解説

機能分担踏まえたうえで、中央政府と地方政府歳入歳出構造それぞれ見ていく。中央政府の場合歳入2009年で約1兆1352億NOK歳出は約8790億NOK大幅財政黒字である。主要財源所得税及び財産税等、消費税社会保険料財産からの所得利息配当国有企業からの出資金回収、等)が主であり、一方主な歳出公務員への給与社会保障経常移転地方政府への移転)が主となっている)。歳出機能面から見てみると、社会保障社会的保護、健康)への支出が約5014NOKとなっている。とりわけ疾病保険sickness and disability)、老齢年金old age)がともにそれぞれ14.7%を占める。 中央政府の歳入歳出構造2009年歳入 歳出 項目 金額100万NOK構成比(%) 項目 金額100万NOK構成比(%) 所得税資産税461,751 34.7 公務員への給与 141,837 12.5 消費税 285,278 21.4 財・サービス使用 94,895 8.4 資本税 2,431 0.2 固定資本購入 23,064 2.0 社会保険料 234,594 17.5 社会保障現物36,406 3.2 財産所得 274,815 20.6 利払い 23,485 2.1 行政サービス 62,537 4.7 社会保障現金316,919 27.9 移転収支 10,115 0.8 補助金 39,648 3.5 経常移転 183,514 16.2 資本移転 2,321 0.2金融資産の純購入 16,906 1.5貸付 273,154 24.1 合計 1,331,521 100.0 合計 1,331,521 100.0 中央政府の機能別歳出項目(2009年)項目 金額100万NOK構成比(%) 一般公共サービス 166,441 18.9 国防 41,183 4.7 司法・警察消防 20,824 2.4 経済関連 84,453 9.6 環境保護 2,284 0.3 住宅及び地域アメニティ 1,322 0.2 健康 133,846 15.2 レクレーション文化宗教 7,035 1.4 教育 48,232 5.5 社会的保護 367,583 41.8 合計 878,996 100.0

※この「中央政府」の解説は、「ノルウェーの経済」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「ノルウェーの経済」の記事については、「ノルウェーの経済」の概要を参照ください。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/10 08:57 UTC 版)

中華民国の政治」の記事における「中央政府」の解説

中華民国の中央政府は、中華民国総統国民大会現行憲法下で廃止された)、五院行政院立法院司法院考試院監察院)で構成されている。

※この「中央政府」の解説は、「中華民国の政治」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「中華民国の政治」の記事については、「中華民国の政治」の概要を参照ください。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/23 14:08 UTC 版)

元 (王朝)」の記事における「中央政府」の解説

元の首都大都現在の北京)であるが、皇帝遊牧国家伝統則り都城城壁内では暮らさずに冬の都である大都と夏の都である上都近郊草原の間を季節移動する帳幕ゲル)群が宮廷オルドとなっていた。 モンゴル帝国皇帝のもとには、第二オゴデイ時代から時代設置状況により、漢語で「中書省」、「尚書省」など様々な名称で呼ばれる書記財務官僚機構が存在した即位以前からモンケによって中国征服事業委ねられ手元漢人を含む様々な頭脳集団集めていたクビライは、即位するとまず漢人側近中書省組織した。このクビライ中書省は、オゴデイ時代中央書記官庁のとしての中書省性格継承するとともに、唐以来中書省伝統引き継いで下に六部を置き、民政・財政軍事一切統括した。 1263年には中書省から軍政機能分離して中央軍機関として枢密院設置され中書省あわせてクビライ嫡子チンキム総裁し、中央政府管轄地域庶政を父にかわって代行した。しかし、中央政府の全機能を中書令チンキムの下に束ねたわけではなく1270年にはアフマド長官とする財務官庁が拡大され中書省と並ぶ地位尚書省となる。遡って1268年には中国王朝ならって御史台設置し民政軍政財政監察それぞれに関わる機関ひととおり整備された。ただし、中央官庁中書省枢密院尚書省などの中国風の名前を持ってはいたが、職掌官吏定数に関する規定はなく、さらに後述するように省庁要職宮廷仕え皇帝の側近たちから任用され、特に左右丞相などの長官クラス務める者は家臣隷属民軍隊などを自ら保有するモンゴル貴族からなっていた。このため官庁の行う業務実際に官庁定められ官僚機構ではなく高官個性宮廷での力関係などに左右された。 なお、元代中書省では総裁である中書令を除くと、右丞相長官左丞相次官であった中国古くから貴右賤左という観念があった。漢書·周昌傳:「左遷」、顔師古注:“是の時、右を尊い而して左を卑しみ、故に秩位を貶するを謂い左遷為す。宋.戴埴《鼠璞》:「漢は右を以て尊と為し、貶秩を謂いて左遷為す、仕诸侯は左官為り高位居り右職と為る。 元のモンゴル人は、長らく中国支配してもさほど中国文化親しまず、時代的先行する征服王朝である遼や金と比較する民族固有の支配体制維持していたため、元では律令のような体系立った法令編纂せず、モンゴル時代元初は法や裁定紊乱して民衆困窮招いた次第政権様々な部局から発せられる命令積み重ね法令成し中でも皇帝の名をもって出される聖旨ジャルリグ)や令旨などと漢訳される皇族王族の名によって発布され命令書(ウゲ)が高い権威持った。しかし、元末まで法体系不備解消され縁故による汚職はびこる温床一つとなったモンゴル人は文字としてモンゴル文字と、クビライ新たに作らせたパスパ文字をもち、ジャルリグウゲはこれらの文字書かれモンゴル語正文としていた。漢文翻訳付いた口語的直訳的な文体用いられた。なお、積み上げられ法令は、『元典章』という漢文書物編纂されて現存しているが、文章直訳体に加え当時官吏用いた特殊な文体であり、伝統的な漢文とは大い文体異にしている。元の世祖時に比較体系立った至元新格』が、英宗の時(至治3年1332年)に体系的な法令である『大元通制』が編纂された。

※この「中央政府」の解説は、「元 (王朝)」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「元 (王朝)」の記事については、「元 (王朝)」の概要を参照ください。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 14:27 UTC 版)

ロジャヴァ」の記事における「中央政府」の解説

TEV-DEMと並び暫定政治主体であるクルド人最高委員会DBK)が存在する。これはクルド民主統一党クルド国民評議会の両党から同数メンバー参加する委員会で、主に外交政策を担う。 シリアからの独立考えられておらず、自治権獲得地域内の資源管理目標としている。 2014年終わり選挙計画していたが、戦闘の激化により延期された。一部地方選挙2015年3月行われた経済、農業天然資源外交関わる20省庁有する議席40パーセント女性割り当てられており、別に若年層への割り当て用意されている。エスニック・マイノリティに対す配慮促すためにすべての政府組織省庁共同大統領制基づいて設計されている。

※この「中央政府」の解説は、「ロジャヴァ」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「ロジャヴァ」の記事については、「ロジャヴァ」の概要を参照ください。


中央政府

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 03:56 UTC 版)

フィンランド政府」の記事における「中央政府」の解説

フィンランドの中央政府は首相府フィンランド語版)と11省庁構成される政府の長首相であり、現職2019年12月10日就任したサンナ・マリンである。首相議会による選挙指名された後、ほかの閣僚とともに大統領委任を受ける。全ての閣僚は誠実で能力があるフィンランド国民なければならない

※この「中央政府」の解説は、「フィンランド政府」の解説の一部です。
「中央政府」を含む「フィンランド政府」の記事については、「フィンランド政府」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「中央政府」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「中央政府」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



中央政府と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中央政府」の関連用語

中央政府のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中央政府のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中央政府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本 (改訂履歴)、林佳龍 (改訂履歴)、秘書官 (改訂履歴)、財政再建 (改訂履歴)、ノルウェーの経済 (改訂履歴)、中華民国の政治 (改訂履歴)、元 (王朝) (改訂履歴)、ロジャヴァ (改訂履歴)、フィンランド政府 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS