権力とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > > 権力の意味・解説 

けん‐りょく【権力】

読み方:けんりょく

他人強制し服従させる力。特に国家政府などがもつ、国民対す強制力。「—を振るう」「—者」


権力

作者フランク・ハイラー

収載図書救命センター36時間
出版社集英社
刊行年月2001.6


権力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/20 13:33 UTC 版)

権力(けんりょく、英語: power[1], authority[1]ドイツ語: Macht)とは、ある主体が自己の意思に沿って他人または他集団に対し、行動を強制する能力である[2]。「権威」と重複する場合も多いとされる[3]


  1. ^ a b 研究社 新和英中辞典「権力」
  2. ^ Dahl, 1957.その他の権力の定義については後述。
  3. ^ 百科事典マイペディア「権威」
  4. ^ 高畠、1984年、47頁以下。


「権力」の続きの解説一覧

権力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 06:19 UTC 版)

ミーム」の記事における「権力」の解説

男性は、権力を得ようとする傾向がある。これは陣地拡大含み土地だけでなく、市場拡大といった概念的陣地も含む。この傾向進化により生まれたのは、権力を得ることで多く女性と関係をもてたからである。一方女性男性惹きつけたのは、若さ健康な体といった、子供を産む能力である。そのため、男性ほどには権力を求め傾向発達しなかった。

※この「権力」の解説は、「ミーム」の解説の一部です。
「権力」を含む「ミーム」の記事については、「ミーム」の概要を参照ください。


権力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/16 01:52 UTC 版)

職業としての政治」の記事における「権力」の解説

ヴェーバーは、政治とは「自主的におこなわれる指導行為」の一切を含むものである述べている。したがって、たとえば、銀行為替政策都市教育政策細君亭主操縦などあらゆる社会現象は、政治的なのである。ただし、以下に述べ政治は、国家指導影響するような政治活動限定する社会学的国家とは、物理的暴力行使という特殊な手段有する政治団体である。したがってレフ・トロツキーが「すべての国家暴力の上基礎付けられている」と述べたように、暴力持たない国家無力である。ただし、当然のことながら、暴力行使は、平時における通常の国家政治的手段であるわけではない。 つまり、国家とはその域内において「正当な物理的暴力行使独占要求する共同体 (als eine Gemeinschaft, welche innerhalb eines bestimmten Gebietes das Monopol legitimer physischer Gewaltsamkeit für sich (mit Erfolg) in Anspruch nimmt)」であると捉えることができる。したがって政治とは、国際社会においても国内社会においても、「権力の分け前あずかり、権力の配分関係に影響及ぼそうとする努力である」と言うことができる。

※この「権力」の解説は、「職業としての政治」の解説の一部です。
「権力」を含む「職業としての政治」の記事については、「職業としての政治」の概要を参照ください。


権力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 03:35 UTC 版)

立法議会」の記事における「権力」の解説

公民は、国民憲法国王忠実であることを誓う義務がある(第2編第5条国民主権: 主権国民属する(第3編第1条フランス代議制で、代表者元首)は立法府(つまり立法議会)と国王両方第3編第2条政府君主制で、執行権国王委任される(第3編第4条国王拒否権持ち立法過程停止することができる。その判断は2ヶ月以内に行わなければならない拒否され法案は同じ会期中には提出できないが、次の会期新たな議会が同じ法案2度目可決する裁可されたと見なされ、国王が再び署名拒否しても、さらに次の会期新たな議会3度目可決をすると、法律国王署名無くて発効する第3編第3章第3節1〜6条) 開戦は、国王戦争提案によって発議され、国王裁可する立法府法令によって決定される 最高執行権統帥権を含む行政権全般)は国王属する。また外交権も同じ

※この「権力」の解説は、「立法議会」の解説の一部です。
「権力」を含む「立法議会」の記事については、「立法議会」の概要を参照ください。


権力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 06:44 UTC 版)

国民啓蒙・宣伝省」の記事における「権力」の解説

宣伝省担当分野広大であり、他の省庁などと競合する分野もあった。それらの省庁(特に対外宣伝の点で競合する外務省はしばし宣伝省との間で権力闘争繰り広げた

※この「権力」の解説は、「国民啓蒙・宣伝省」の解説の一部です。
「権力」を含む「国民啓蒙・宣伝省」の記事については、「国民啓蒙・宣伝省」の概要を参照ください。


権力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/22 04:12 UTC 版)

バン・ジョンソン」の記事における「権力」の解説

1901年ナショナルリーグ選手年俸上限当時としてもかなり安い2,400ドルとする基準作るという失敗をした。ジョンソンやコミスキー、およびその他のアメリカンリーグチームのオーナーは、年俸に不満を持つナショナルリーグ選手により高い金額約束して引き抜いたセントルイス・ブラウンズジェシー・バーケットボビー・ウォレスという二人殿堂入りクラス選手獲得した最終的に100人ほどがアメリカンリーグ移籍した2年にわたるこの NLAL 戦争では AL勝利しNL講和求めた。そしてナショナルアグリーメントでアメリカンリーグは第2のメジャーリーグとして正式に認められた。両リーグ会長及びレッズオーナーであるギャリー・ハーマンの三者によるナショナルコミッションが作られた。ハーマン名目上委員長だったが、すぐにジョンソンがこれを支配するようになったジョンソン他者による自分への批判許さずまた、自分嫌いな人物がオーナーになると厄介になるのでリーグ所属チーム買収の邪魔をした。例えば、ハリー・フレージーボストンレッドソックス買収した1917年ジョンソンはフレージーのことが気に入らないという理由当初より妨害をした。一時クリーブランドワシントンチーム自分所有することも検討していたという。

※この「権力」の解説は、「バン・ジョンソン」の解説の一部です。
「権力」を含む「バン・ジョンソン」の記事については、「バン・ジョンソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「権力」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

権力

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:57 UTC 版)

名詞

けんりょく

  1. 何らかの物理的強制力保有という裏づけをもって他者をその意に反してでも服従させるという、支配のための力。

関連語

複合語

翻訳


「権力」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



権力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「権力」の関連用語

権力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



権力のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの権力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミーム (改訂履歴)、職業としての政治 (改訂履歴)、立法議会 (改訂履歴)、国民啓蒙・宣伝省 (改訂履歴)、バン・ジョンソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの権力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS