実証主義とは?

じっ しょうしゅぎ [5] 【実証主義】 〔positivism〕

世界現象やその知識もっぱら経験的事実限定し、感覚的経験によって積極的に確認することのできない神・イデアなどの形而上学的存在についての思弁排する立場コントによって提唱され、ミル・マッハ、さらにウィーン学団論理実証主義に受け継がれる。実証論


実証主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 04:48 UTC 版)

実証主義(じっしょうしゅぎ、: positivism: positivisme: Positivismus)は、狭い意味では実証主義を初めて標榜したコント自身の哲学を指し、広い意味では、経験的事実に基づいて理論仮説命題を検証し、超越的なものの存在を否定しようとする立場である。




  1. ^ Sabra, A. I., "The astronomical origin of Ibn al-Haytham’s concept of experiment," pp. 133-136 in Actes du XIIe congrès international d’histoire des sciences, vol. 3. Paris: Albert Blanchard, 1971; reprinted in A. I. Sabra, Optics, Astronomy and Logic: Studies in Arabic Science and Philosophy. Collected Studies Series, 444. Aldershot: Variorum, 1994 ISBN 0-86078-435-5


「実証主義」の続きの解説一覧

実証主義

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 15:12 UTC 版)

名詞

実証主義 じっしょうしゅぎ

  1. 社会科学人文科学自然科学領域における思想方法論のひとつ。実験統計によって証明することができない現象についての研究は、学問範疇から外すべきであるという主張

関連語

翻訳




実証主義と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実証主義」の関連用語

実証主義のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



実証主義のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実証主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの実証主義 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS