証とは?

しょう [1] 【証】

証拠。しるし。 「後日の-とする」
〘仏〙 悟り。悟ること。修行仏事成果を示すこと。
漢方で、体力抵抗力症候などの患者の状態。または、方剤が用いられるための条件。これによって、治療方針決定する。

【しょう】[漢字]

【上】 しやう
⇒ じょう〔上〕 [漢]
【小】 せう [音] ショウ
形や規模がちいさい。 「小宴小計小国小農小品狭小細小縮小大小
数量程度がわずかだ。 「小異小憩小康小破弱小
おさない。年齢が若い。 「小人しようにん)((しようじん))弱小
とるにたりない。つまらない。 「小才小身小人しようじん)・小成群小
自分の側のものを謙遜けんそん)していう。 「小官小社小生小弟
【升】 [音] ショウ
ます。容積単位。 「一升
のぼる。 「升降
【少】 せう [音] ショウ
数量がすくない。 「少額少憩少時少食希少些少さしよう)・多少
年齢がすくない。若い。幼い。 「少時少女少壮幼少老少
欠ける。へる。 「減少
同じ官職下位のもの。 「少尉少将少弐しように)・少納言
【召】 せう [音] ショウ
よぶ。めす。 「召喚召還召集応召
【正】 しやう
⇒ せい〔正〕 [漢]
【生】 しやう
⇒ せい〔生〕 [漢]
【匠】 しやう [音] ショウ
木工職人。たくみ。また、技芸すぐれた人。 「匠人巨匠工匠師匠宗匠名匠
たくみな技。くふう。 「意匠
【 庄しやう [音] ショウ ・ソウ
「荘」に同じ。 「庄官庄司しようじ)」
【声】 しやう
⇒ せい〔声〕 [漢]
【床】 しやう [音] ショウ
ねどこ。また、腰をかけるもの。 「床几しようぎ)・起床病床臨床同床異夢
物を支えたりする台。 「橋床銃床
底にあたる部分また、地盤地層。 「河床鉱床道床
【抄】 せう [音] ショウ
もとの本の注釈書。 「史記抄
かすめとる。 「抄掠しようりやく)・抄略
紙をすく。 「抄紙抄造
【肖】 せう [音] ショウ
かたどる似せる。似る。 「肖似肖像不肖
【 妾せふ [音] ショウ
めかけ。そばめ。 「妾出妾宅妾婦妾腹愛妾外妾蓄妾寵妾ちようしよう)」
【姓】 しやう
⇒ せい〔姓〕 [漢]
【尚】 しやう [音] ショウ
なお。まだ。 「尚早
たかい。たかくする。 「高尚
ひさしい。古い。 「尚書尚友
天子のご用をつかさどる。 「尚侍しようじ)」
梵語音訳字。 「和尚おしよう)」
【性】 しやう
⇒ せい〔性〕 [漢]
【承】 [音] ショウ
【招】 せう [音] ショウ
まねく。呼び寄せる。 「招集招請招待招致招聘ようへい)・招募招来
【 昌しやう [音] ショウ
さかん。 「昌運昌盛盛昌繁昌はんじよう)・隆昌
【昇】 [音] ショウ
のぼる。上がる。 「昇級昇降昇叙昇進昇段昇天昇殿上昇」 〔「陞」の書き換え字としても用いられる〕
】 [音] ショウ
マツ。 「松韻松柏ようはく)・松明ようめい)・松籟ようらい)・老松松竹梅
【沼】 せう [音] ショウ
ぬま。 「沼気沼沢・湖沼」
【青】 しやう
⇒ せい〔青〕 [漢]
【星】 しやう
⇒ せい〔星〕 [漢]
【昭】 せう [音] ショウ
あきらか。あきらかに照らす。 「昭昭昭代
【相】 しやう
⇒ そう〔相〕 [漢]
【省】 しやう
⇒ せい〔省〕 [漢]
【 荘しやう
⇒ そう〔荘〕 [漢]
【 哨せう [音] ショウ
みはり。 「哨戒哨艦哨船哨兵歩哨
【宵】 せう [音] ショウ
よい。よる。 「終宵春宵清宵徹宵良宵
【将(將)】 しやう [音] ショウ
ひきいる。軍を指揮する。また、その人。 「将家将軍将校将帥将卒将門主将武将
もたらす。 「将来
まさになろうとする。 「将来
軍人階級の一。最上位階級。 「空将大将中将陸将
【従】
⇒ じゅう〔従〕 [漢]
【 悄せう [音] ショウ
【消】 せう [音] ショウ
きえる。けす。なくなる。 「消火消却消散消失消灯消毒消費消防消滅抹消霧消
おとろえる。 「消耗ようもう)((ようこう))消長消沈
ひかえめである。 「消極
しのぐ。 「消夏消暑
月日をおくる。すごす。 「消光消日」 〔「銷」の書き換え字としても用いられる〕
【症】 しやう [音] ショウ
【祥( 祥 )】 しやう [音] ショウ
さいわい。めでたいこと。 「嘉祥かしよう)・吉祥きちじよう)((きつしよう))
めでたいことの前ぶれ。きざし。 「祥気瑞祥ずいしよう)・発祥
喪明けのまつり。 「小祥大祥
【称(稱)】 [音] ショウ
かなう。対応する。 「相称対称
ほめる。 「称賛称美称揚
となえる。よぶ。よびな。 「称呼称号仮称敬称自称総称人称・名称」
目方調べる。はかる。また、はかり。 「称量
【笑】 せう [音] ショウ
わらう。ほほえむ。 「笑殺笑声一笑苦笑失笑大笑談笑嘲笑ちようしよう)・微笑冷笑
人に物を贈るときの謙遜の語。 「笑納笑覧
【商】 しやう [音] ショウ
はかる。はかり考える。相談する。 「商議商量協商
五行説で、秋、西に当てる。 「商秋商風
【唱】 しやう [音] ショウ
声をあげてとなえる。 「唱名しようみよう)・唱和吟唱高唱
みちびく。先に言い始める。 「主唱唱道唱導提唱夫唱婦随
うたう。 「唱歌合唱斉唱独唱
【 娼しやう [音] ショウ
あそびめ遊女。 「娼家娼妓しようぎ)・娼女娼婦娼楼街娼公娼私娼
【 捷せふ [音] ショウ
勝つ。かちいくさ。 「捷報戦捷大捷
はやい。さとい。 「捷速軽捷敏捷
近い。 「捷径捷路捷水路
せう [音] ショウ
こずえ。木の幹やの先。 「樹梢
物の末端。 「梢頭末梢
【渉( 涉 )】 せふ [音] ショウ
水の中を歩いてわたる。 「徒渉跋渉ばつしよう)」
かかわる。関係する。 「渉外干渉交渉
ひろくめぐり歩く。 「渉猟
【章】 しやう [音] ショウ
しるし。模様。 「章票印章記章徽章きしよう)・勲章帽章
【紹】 せう [音] ショウ
つぐ。うけつぐ。 「紹継紹述
とりもつ。 「紹介
【訟】 [音] ショウ
裁判であらそう。うったえる。 「訟案訟獄訟訴訴訟争訟
【 逍せう [音] ショウ
【勝】 [音] ショウ
敵をまかす。かつ。 「勝因勝機勝算勝訴勝敗勝負勝利勝率圧勝快勝常勝必勝優勝連勝
まさる。すぐれている。 「勝劣健勝殊勝
景色がよい。 「勝地形勝景勝名勝
【掌】 しやう [音] ショウ
てのひら。 「掌握掌中合掌
職務としてつかさどる。 「掌典車掌職掌分掌
【晶】 しやう [音] ショウ
きらりと光る。 「晶晶水晶
鉱物のもつ規則正しい形。 「晶系晶質結晶
【焦】 せう [音] ショウ
こげる。こがす。 「焦土焦熱焦眉しようび)」
あせる。いらいらする。 「焦心焦燥焦慮
【焼(燒)】 せう [音] ショウ
やく。やける。 「焼却焼香焼死焼失焼酎しようちゆう)・焼亡延焼全焼燃焼
【硝】 せう [音] ショウ
鉱物の一。硝石。 「硝煙硝酸硝薬煙硝脱硝
【粧】 しやう [音] ショウ ・ソウ
よそおう。姿をととのえる。 「化粧新粧盛粧
【 翔しやう [音] ショウ
かける。空を飛ぶ。 「滑翔飛翔
【装】 しやう
⇒ そう〔装〕 [漢]
【証(證)】 [音] ショウ
証明する文書。 「学生証借用証・保険証免許証
〘仏〙さとる。疑いがない。 「証果証悟所証」 〔本来、「証」は「いさめる」意で、「證(しよう)」とは別字
【詔】 せう [音] ショウ
天子命令。 「詔書詔勅詔命大詔
【象】 しやう [音] ショウ ・ゾウ
動物の、ゾウ。 「《ゾウ象牙ぞうげ)・象皮巨象
かたち。すがた。 「《ショウ印象気象具象形象現象事象対象抽象万象」 「《ゾウ象眼象嵌ぞうがん)・有象無象うぞうむぞう)」
かたどる似せてつくる。 「《ショウ象形象徴
【傷】 しやう [音] ショウ
きず。けが。 「傷痍しようい)・傷病軽傷死傷重傷凍傷刃傷にんじよう)・負傷致命傷
きずつける。そこなう。 「傷害殺傷損傷中傷
心いためる。かなしむ。 「傷心哀傷感傷愁傷悲傷
【奨(獎)】 しやう [音] ショウ
すすめる。助ける。 「奨学奨励勧奨推奨
【照】 せう [音] ショウ
【 睫せふ [音] ショウ
まつげ。 「眉睫びしよう)・目睫
【詳】 しやう [音] ショウ
くわしい。つまびらか。 「詳解詳細詳察詳悉ようしつ)・詳述詳伝詳報詳密詳明詳論精詳不詳未詳
【 鉦しやう [音] ショウ
打楽器の一。かね。 「鉦鼓
【 頌 】 [音] ショウ ・ジュ
功績美徳などをほめたたえる。ほめうた。 「頌歌頌詞頌詩頌辞頌述頌徳賀頌推頌奉頌偈頌げじゆ)」
【 嘗しやう [音] ショウ ・ジョウ
なめる。味わう。 「嘗糞しようふん)・臥薪嘗胆がしんしようたん)」
こころみる。 「嘗試
新穀を神に供えてまつる。 「新嘗しんじよう)・神嘗しんじよう)祭・大嘗だいじよう)祭」
【彰】 しやう [音] ショウ
あらわす。あきらかにする。 「彰功彰徳顕彰表彰
【精】 しやう
⇒ せい〔精〕 [漢]
【 裳しやう [音] ショウ
下半身に着るもの。も。もすそ。 「衣裳霓裳げいしよう)」
【 誦 】 [音] ショウ ・ジュ
となえる。ふしをつけて読む。 「誦読しようどく)・誦呪じゆじゆ)((しようじゆ))誦経ずきよう)((じゆきよう))詠誦拝誦諷誦ふうじゆ)((ふうしよう)・ (ふじゆ))復誦朗誦
そらんじる。 「誦習暗誦
【障】 しやう [音] ショウ
邪魔をする。さまたげる。 「障害故障五障罪障支障万障
ふせぐ。へだてる。しきり。 「障塞ようさい)・障子しようじ)((そうじ))障壁保障
【 嘯せう [音] ショウ
うそぶく。声を長くのばしてうたう。また、口笛をふく。 「吟嘯長嘯嘯風弄月ろうげつ)」
動物がうなる。ほえる。 「虎嘯こしよう)」
【 廠しやう [音] ショウ
壁のない建物。 「廠舎工廠
【 憔せう [音] ショウ
【憧】 [音] ショウ ・ドウ
あこがれる。遠くのものに心ひかれる。 「憧憬ようけい)((どうけい))
【 漿しやう [音] ショウ
どろっとした汁。飲み物。 「漿液漿果岩漿神漿鉄漿脳漿酪漿
【 蕉せう [音] ショウ
植物のバショウのこと。 「蕉葉
松尾芭蕉」の略。 「蕉翁蕉風蕉門
【衝】 [音] ショウ
つきあたる。ぶつかる。 「衝撃衝動衝突緩衝折衝
大通り。重要な所。 「衝路要衝
【 請しやう
⇒ せい〔請〕 [漢]
【賞】 しやう [音] ショウ
ほめる。 「賞金賞賛賞詞賞杯賞牌ようはい)・賞罰賞品賞揚激賞信賞必罰
ほうび。 「恩賞金賞懸賞行賞受賞授賞入賞皆勤賞
めでたのしむ。 「賞翫ようがん)・賞美賞味観賞鑑賞
【 銷せう [音] ショウ
とかす。 「銷金
けす。きえる。 「銷却銷沈
しのぐ。紛らす。 「銷夏銷暑」 〔「消」とも書き換えられる〕
【 鞘せう [音] ショウ
さや。 「葉鞘鞘翅類しようしるい)」
【償】 しやう [音] ショウ
しやう [音] ショウ
【 牆しやう [音] ショウ
かきね。へい。 「牆下牆壁面牆
【礁】 せう [音] ショウ
水面見えがくれする岩。 「暗礁環礁岩礁座礁離礁珊瑚礁さんごしよう)」
【 薔しやう [音] ショウ
の名。 「薔薇しようび)((そうび))
【 鍾 】 [音] ショウ
つりがね。鐘。 「鍾乳石鍾乳洞
あつまる。あつめる。 「鍾愛
せう [音] ショウ
【 觴しやう [音] ショウ
さかずき。酒をつぐ。 「觴詠羽觴壺觴こしよう)・酒觴濫觴
【 蹤 】 [音] ショウ
あと。足あと。 「蹤跡先蹤
あとにしたがう。 「追蹤
【 醬 しやう [音] ショウ
ひしお。豆などを発酵させて作った調味料。 「 醬油
肉を塩・こうじなどにつけて発酵させた食品。 「魚醬肉醬
【 瀟せう [音] ショウ
さっぱりしている。 「瀟洒しようしや)・瀟灑しようしや)」
さびしくの降るさま。 「瀟瀟
【鐘】 [音] ショウ
かね。つりがね。 「鐘鼓鐘声鐘銘鐘楼警鐘時鐘半鐘晩鐘暮鐘梵鐘

しるし [0] 【印・標・証

動詞「しるす」の連用形から〕
あとの心覚えのためや、他人に必要なことを知らせるために形や色を物に付けたり変化させたりしたものマークサイン。 《印・標》 「木に-をつける」 「横断歩道の-」 「赤信号は止まれの-」
行為心情抽象的観念などを具体的に表すもの。象徴証拠。 「登頂の-の写真」 「感謝の-として品物を贈る」 「は平和の-だ」
家柄身分などをはっきりと表すもの。紋所・旗・記章など。 《印・標》 「過ぎ行く跡から亀菊が-は紛ひも嵐吹く紅葉流し紋提灯浄瑠璃会稽山
皇位またはそれから発することの証拠の意からか〕 《印》
三種の神器の一、八尺瓊勾玉やさかにのまがたま)。神璽しんじ)。 「重祚などにてあるべけれども、-の箱を御身に添へられたれば/増鏡 月草の


さとり 【悟・覚・証】

中村元著『仏教大辞典』には悟として「覚悟証悟真理目覚めること。また、その体験自覚的内容をいう。真実智慧古くは智または知を、さとりと訓じた」と説明し、覚も同意としている。また同編『新・仏辞典』では証の字だけを挙げ「本能に基く精神動揺が全くなくなった時にあらわれた正智が、真理にぴたりと合致することをいう」とする。『岩波仏教辞典』は悟り覚り、として「覚悟・証・修証証悟菩提・道ともいう。真理(法)に目覚めること。迷い反対悟り仏教究極目的であり、悟るためにさまざまな修行が説かれ実践される。悟り智慧本質として成立する」と記す。仏教には「転迷開悟迷い転じて悟りを開く)」の語があり、一口でいえば仏教はこの一語尽きのである。ただしその内容は、直ちに悟る頓悟漸次に悟る漸悟など宗義により違いがあり、浄土教では悟りの場所を現世でなく極楽浄土とするなど、理解にも諸相がある。

【仮名】しょう
原文Zheng

伝統中国医学分野で、徴候症状組み合わせ観察に基づいた疾患診断方法医師患者観察する;質問をする;脈、臓器組織状況感じる;身体の音を聴く身体のにおいをかぐことにより、証を調べる。

作者北原亜以子

収載図書降りしきる
出版社講談社
刊行年月1991.4

収載図書路地裏人情
出版社講談社
刊行年月1994.5
シリーズ名時代小説ベスト・セレクション

収載図書降りしきる
出版社講談社
刊行年月1995.9
シリーズ名講談社文庫


作者北原亞以子

収載図書合わせ鏡女流時代小説傑作
出版社角川春樹事務所
刊行年月2003.2
シリーズ名ハルキ文庫

収載図書世話焼き長屋人情時代小説傑作
出版社新潮社
刊行年月2008.2
シリーズ名新潮文庫


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/02 09:06 UTC 版)

(しょう、あかし)




「証」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 12:23 UTC 版)

発音

名詞

  1. (しょう) 証拠。しるし。
  2. (しょう)悟り悟ること。修行仏事成果示すこと。
  3. (しょう)漢方で、体力抵抗力症候などの患者状態。または、方剤用いられるための条件。これによって、治療方針決定する。
  4. (しるし) 行為心情抽象的観念などを具体的表すもの。象徴証拠

熟語


出典:『Wiktionary』 (2010/11/02 12:50 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.





証と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「証」に関係したコラム

  • 日本国内のFX業者の信託保全先の一覧

    日本国内のFX業者は、顧客の資金を保全する「信託保全」が義務付けられています。信託保全先は、主に銀行などの金融機関になります。FX業者は、信託保全先へ顧客からの拠金などを信託します。FX業者が破綻し...

  • CFDの口座開設の方法

    CFDの取引を行うには、CFD業者の口座を開設する必要があります。ここでは、口座開設までの手続きの方法について解説します。ほとんどのCFD業者では、Webサイトから口座開設の手続きができます。まず、口...

  • 株式の取引が行われる証券取引所の一覧

    2012年6月現在の日本の券取引所、および、世界各国の券取引所の一覧です。▼日本東京券取引所(東)大阪券取引所(大)名古屋券取引所(名)福岡券取引所(福)札幌券取引所(札)TO...

  • 株式の信用取引における三市場残高の見方

    株式の信用取引における三市場残高とは、東京券取引所(東)、大阪券取引所(大)、名古屋券取引所(名)の3つの券取引所の発表する信用取引残高をまとめたものです。ここでは、株式の信用取引におけ...

  • ETFの銘柄の呼値は

    ETFの呼値とは、ETFの銘柄の最小の値動きする単位のことです。呼値は刻み値ともいいます。例えば、価格が1,000円の場合の呼値は1円と決められています(2012年9月現在)。よって、最小の値下りは9...

  • 株式の投資基準とされるROSとは

    株式の投資基準とされるROS(Rate of Sales)とは、企業の売上高の経常利益の割合をパーセンテージで表したものです。ROSは、売上高経常利益率、売上高利益率などともいいます。ROSは、次の計...

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「証」の関連用語

証のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



証のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2018 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2018 Weblio RSS