イノベーションとは? わかりやすく解説

イノベーション

英語:innovation

イノベーションとは、イノベーションの意味

イノベーションとは、オーストリア経済学者として知られるヨーゼフ・シュンペーター考案した理論のなかで使った言葉であり、技術革新新機軸導入のことを指す。わかりやすくいうと、イノベーションは「新し技術考え方導入して新たに価値生み出すということである。日本では、政府刊行物である「経済白書」でたびたび取り上げられたことで、イノベーションという言葉広く使われるようになった。イノベーションは日本では「技術革新」と訳されることが多いが、定義には技術以外の分野での革新も含む。

イノベーションの言葉には、新しアイデア仕組み情報などを取り入れて社会的な価値新たに生み出す」や「社会会社にとって有益な変化を起こす」といった意味もある。実際それまで会社抱えていた問題解決できるような新たな手法考えだすことなども、「イノベーションを起こす」と表現されることがある。イノベーションは、会社安定した経営維持していくために欠かせないアプローチとして認識されることが多い。企業間競争が激しい状況のなか、順調に収益上げて会社をより長く存続させるには、常にイノベーションをおこなっ時代ニーズに合ったサービス商品提供する必要がある

設備投資などに一定の費用をかけて新し価値生み出していくイノベーションのアプローチは、大企業はもちろんのこと、中小企業にとっても重要な経営戦略のひとつになっている

イノベーションのジレンマとは

イノベーションのジレンマとは、ハーバード・ビジネススクール教授であるクレイトン・クリステンセンによって提唱され考え方であり、巨大企業持続的イノベーションと、破壊的イノベーション板ばさみになって苦し状況を指す。簡単にいうと、持続的イノベーションをおこなう巨大企業破壊的イノベーションおこなった新興企業勢力圧倒されるということである。「昔有名だったあの企業は、イノベーションのジレンマによってここ数年衰退した」などは、この言葉の使い方一例である。

長年にわたって社会的な信頼得てきた巨大企業は、熱心に顧客意見聞きなが従来サービス持続させよう努力することが多い。ただ、このような企業側持続的イノベーションは、肝心の顧客にとっては現実にあまり魅力的ない場合もある。実際破壊的イノベーション新たな価値生み出した新興企業サービス商品魅力的だと、巨大企業側の努力功を奏しないケースがでてくる。イノベーションのジレンマ抱え事例として多いのが、通信機器カメラなどの光学機器である。このような製品人気の移り変わり激しく技術革新によって日々新し製品生み出されている。

顧客意見聞いて古いタイプ製品の質を上げても、消費者獲得し続けるのは難し場合もある。わかりやすく表現すればイノベーションのジレンマは「古いもの改良すること」と「新しいものを一から作り出すこと」とのせめぎ合いとも言えるだろう。このようなジレンマ避けるために、企業側でもさまざまな対策行っている

5種類のイノベーション

ヨーゼフ・シュンペーターは、自分の研究で5種類のイノベーションを提唱している。1つ目のプロダクション・イノベーションは、新製品によって革新をはかるアプローチを指す。これまでなかったような新し製品開発することで、新たに社会価値提供するのがこのプロダクト・イノベーションの定義である。iPhoneスマホ新機種などは、プロダクト・イノベーション一例挙げられるだろう。2つ目のイノベーションは、仕事の場に新し生産方法を導入するプロセス・イノベーションである。従来とは違った生産ライン導入して業務の効率アップしたり、生産性高めたりすることは、プロセス・イノベーション該当する

3つ目のイノベーションは、マーケティング・イノベーションである。このイノベーションは、新し販路開拓するなど、市場新たに生み出すアプローチを指す。将来顧客になってくれそうな見込み客把握し自社アピールすることなどは、このマーケティング・イノベーションのひとつである。4つ目のサプライチェーン・イノベーションは、資源原料供給源最適化して業務活かすアプローチである。資源原料調達から製品消費者提供するまでのプロセス一新することは、経営にも大きな影響を与える可能性がある5つ目のイノベーションは、組織そのものリニューアルするオーガニゼーション・イノベーションである。

このイノベーションは、プロダクション・イノベーションなどを現実に実行するための組織づくりのことを指す。業務提携組織再編などは、オーガニゼーション・イノベーションのひとつである。

ビジネス分野以外におけるイノベーション

イノベーションという言葉は、ビジネス以外のシーンでも広く使われている。たとえば、自治体では地域活性化目的とした取り組みを「イノベーション」と名付けて、セミナー参加者募った住民向けの学校開いたりしていることがあるこのようなイノベーションにも、ビジネス分野のイノベーションと同様に「社会的な価値新たに生み出すという意味がある。ただ、地域活性化のイノベーションの場合は製品サービス代わりに地域住民による革新的な活動価値生み出す仕組みになっているのが特徴である。

セミナー学校で地域貢献できる人材を育成することで、よりよい街づくり実現するのが地域活性化のイノベーションが目指すところと言えるこのほか社会福祉不動産分野でもイノベーションという言葉用いられることがある社会福祉の場合は、「福祉サービスを向上させて介護を受ける人の満足度アップさせる活動」などを「イノベーションをおこなう」と表現することが多い。従来介護やり方見直し介護される人がより快適に過ごせるように工夫することなどは、社会福祉のイノベーションが提供する価値のひとつである。「不動産のイノベーション」も、「新しアイデア工夫新たに価値創造する」といった意味で使われる

斬新な施工方法によって実現する快適な住まいや、そこで暮ら人の幸福感などは、不動産のイノベーションで生み出される価値のひとつと言える

イノベーション

英語:innovation

イノベーションとは

イノベーションとは、革新のこと。英語のinnovationには、技術革新他に経営革新など複数種類含まれている。文部科学省によると、イノベーションには「創造的活動による新製品開発」「新生方法導入」「新マーケット開拓」「新たな資源(の供給源)の獲得」「組織改革」など5つ事例があるとされている

イノベーションをイメージしやすいのはIT業界における技術だが、それだけがイノベーションを意味するわけではないわかりやすくいえば、何か《新しい》モノ・コトを創り出すことがイノベーションといえる。しかし、それが全く《新しい》とは限らず既存のモノ・コトに何か新し要素を取り入れた場合同様にイノベーションになる。

イノベーションの事例

イノベーションによって、生活がより豊かになっていることが多くある。身近な事例考えると、スマートフォン登場大きなイノベーションといえる2000年代前半には、折りたたみ携帯電話使っている人を多く見かけたが、2020年時点では稀な存在になっているスマートフォンがあれば、いつでもどこでも調べ物をできるようになったSNS普及によって動画クリエイターなどの新たな職業生まれた自分らしい働き方誕生したという点において生活が豊かになったといえる

SNS使った広告は、新し経済活動の一環として浸透している。あるイチゴ農家では、広くなりすぎたビニールハウスでのイチゴ管理悩まされていた。適切なタイミングで水やり温度湿度管理など人員不足問題となっていた。しかし、専用機器ビニールハウス内に設置してスマートフォン連携させることで、遠隔でのイチゴ管理成功した事例がある。人員確保抑えられ効率的なイチゴ栽培可能になった。これは、IoTのイノベーションを活用した良い事例である。このようにイノベーションは、さまざまな分野起きている

イノベーションの課題

一方で、イノベーションには課題もある。1つ目は、あまりに速いスピード企業個人追いつけない点が挙げられる2つ目は、資金調達難しさである。日本政策金融公庫総合研究所調査によれば企業断念した人の半数は、自己資金不足原因という結果出ている。3つ目は、イノベーションだからといって成功するとは限らない点が挙げられる

イノベーション【innovation】


イノベーション

【英】innovation

革新、または新機軸打ち出すこと。オーストリア経済学者シュンベーターが、企業発展のためにはイノベーションが必要であるとし、4つ条件をあげている。新製品開発し消費者提供する新し生産方式導入したり、新し販路開拓する原材料新し供給滞を確保する新組織をつくりあげる。シュンベーターは、イノベーションを企業活力源としてとらえたのであるが、今日では、イノベーションは、技術革新の意味に用いられることが多く画期的な技術開発経済社会や生活に与え影響について関心寄せられるようになっている

イノベーション

別名:革新
【英】innovation

イノベーションとは、それまでになかった技術仕組み打ち出すことで既存仕組み在り方一変させること、といった意味で使われる語である。

イノベーションの語は技術開発商品開発新たな販路ビジネスモデルあらゆる分野文脈において用いられるビジネス分野においては経済学者シュンベーターが提唱した定義に基づきイノベーション類型挙げられることが多い。


イノベーション innovation

全体 ★☆☆☆ 60歳以上 ★☆☆☆

凡例

技術革新

情報技術発達流通業大きな影響与えてきた。イノベーション技術革新今後さらに加速化するだろう。

意味説明

経済産業などの発展につながる,技術仕組み革新

経営革新 事業革新 革新


イノベーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 08:49 UTC 版)

イノベーション: innovation)とは、物事の「新機軸」「新結合」「新しい切り口」「新しい捉え方」「新しい活用法」(を創造する行為)のこと。一般には新しい技術発明を指すという意味に誤認されることが多いが、それだけでなく新しいアイデアから社会的意義のある新たな価値を創造し、社会的に大きな変化をもたらす自律的な人・組織・社会の幅広い変革を意味する。つまり、それまでのモノ・仕組みなどに対して全く新しい技術や考え方を取り入れて新たな価値を生み出して社会的に大きな変化を起こすことを指す。


  1. ^ 小稲義男 編代 『研究社 新英和大辞典』(5版) 研究社、1980年、1089頁。 
  2. ^ Edison, H., Ali, N.B., & Torkar, R. (2014). Towards innovation measurement in the software industry. Journal of Systems and Software 86(5), 1390–407.
  3. ^ ヨーゼフ・シュンペーター、塩野谷祐一東畑精一中山伊知郎訳 『経済発展の理論』 岩波書店 [1]
  4. ^ 板倉宏昭 『経営学講義』 勁草書房、2010年、223頁。ISBN 978-4-326-50334-6 
  5. ^ a b 小島明 (2014年5月16日). “「イノベーション」は「技術革新」にあらず:誤解で劣化した“稼ぐ力””. 日本経済研究センター. 2017年8月29日閲覧。
  6. ^ a b c 藤末健三 (2007年10月1日). “白書が指摘する、わが国の重すぎる課題”. 日経BP. 2017年8月29日閲覧。
  7. ^ 第1節  経営革新(イノベーション)により発展成長する中小企業”. 中小企業庁. 2017年8月29日閲覧。
  8. ^ 「社会的イノベーションとしての広告理解--アメリカ広告史に残る30の事例からの分析と考察」『関西大学社会学部紀要』42(1), 93-128, 2010-11”. 2020年1月27日閲覧。 - CiNii
  9. ^ Blank, Steve (2019年2月1日). “McKinsey's Three Horizons Model Defined Innovation for Years. Here's Why It No Longer Applies.”. Harvard Business Review. ISSN 0017-8012. https://hbr.org/2019/02/mckinseys-three-horizons-model-defined-innovation-for-years-heres-why-it-no-longer-applies 2020年8月16日閲覧。 
  10. ^ Satell, Greg (2017年6月21日). “The 4 Types of Innovation and the Problems They Solve”. Harvard Business Review. ISSN 0017-8012. https://hbr.org/2017/06/the-4-types-of-innovation-and-the-problems-they-solve 2020年8月16日閲覧。 
  11. ^ Bower, Joseph L.; Christensen, Clayton M. (1995年1月1日). “Disruptive Technologies: Catching the Wave”. Harvard Business Review (January–February 1995). ISSN 0017-8012. https://hbr.org/1995/01/disruptive-technologies-catching-the-wave 2020年8月16日閲覧。 
  12. ^ Christensen, Clayton M.; Raynor, Michael E.; McDonald, Rory (2015年12月1日). “What Is Disruptive Innovation?”. Harvard Business Review (December 2015). ISSN 0017-8012. https://hbr.org/2015/12/what-is-disruptive-innovation 2020年8月16日閲覧。 
  13. ^ Disruptive Innovations” (英語). Christensen Institute. 2020年8月16日閲覧。
  14. ^ Christensen, Clayton & Overdorf, Michael (2000). “Meeting the Challenge of Disruptive Change”. Harvard Business Review. https://hbr.org/2000/03/meeting-the-challenge-of-disruptive-change. 
  15. ^ a b Iansiti, Marco; Lakhani, Karim R. (2017年1月). “The Truth About Blockchain”. Harvard Business Review (Harvard University). https://hbr.org/2017/01/the-truth-about-blockchain 2017年1月17日閲覧. "a foundational technology: It has the potential to create new foundations for our economic and social systems." 
  16. ^ Henderson, Rebecca M.; Clark, Kim B. (March 1990). “Architectural Innovation: The Reconfiguration of Existing Product Technologies and the Failure of Established Firms”. Administrative Science Quarterly 35 (1): 9. doi:10.2307/2393549. ISSN 0001-8392. JSTOR 2393549. https://doi.org/10.2307/2393549. 
  17. ^ 技術とイノベーションの戦略的マネジメント (上), (著)ロバート・A・バーゲルマン, スティーヴン・C・ウィールライト, クレイトン・M・クリステンセン, 翔泳社 (2007/7/31), ISBN 4798106550
  18. ^ "kex Data Findings Bloomberg Innovation Index" published by datawrapper, reviewed 10. September 2019
  19. ^ GII 2020 Report”. Global Innovation Index. 2020年10月19日閲覧。
  20. ^ "Innovation Indicator 2018,PDF 2,7 MB" Published by the BDI and ZEW, reviewed 10. September 2019


「イノベーション」の続きの解説一覧

イノベーション

出典:『Wiktionary』 (2021/07/12 15:32 UTC 版)

語源

発音

名詞

イノベーション

  1. 革新刷新
  2. 機軸

関連語


「イノベーション」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



イノベーションと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

イノベーションのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



イノベーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2022by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2022 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリイノベーションの記事を利用しております。
独立行政法人国立国語研究所独立行政法人国立国語研究所
(c)2022 The National Institute for Japanese Language
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのイノベーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのイノベーション (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS