昇華とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > 昇華の意味・解説 

しょう‐か〔‐クワ〕【昇華】

[名](スル)

固体が、液体を経ないで直接気体になること。また、気体直接固体になること。樟脳(しょうのう)・ナフタリン・ドライアイスなどでみられる

物事一段上の状態に高められること。「作品への執念芸術に昇華される」

精神分析の用語。性的エネルギーが、性目的とは異な学問芸術宗教などの活動置換されること。


昇華

読みしょうか
英語:sublimation

固体直接気体になる現象.この現象利用して,サーマルヘッドの熱により,染料がインクフィルム(染料ドナーシート)から受容層に転移する

昇華

英語 sublimation

固体液体の状態を経ずに直接気体に変わる現象。昇華に際して物質周囲から一定の昇華熱吸収する。また、その逆の変化含めていうこともある。ひとつの物質において、一定温度固体に対して特定の圧力(昇華圧)の気体は平行を保つが、気体圧力がこの昇華圧より小さ場合は、昇華圧に達するまで昇華が進行する。常温常圧では樟脳ドライアイスなどにおいて昇華の現象がよくみられる

参照 気化蒸発
※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

昇華

作者ジョン・アップダイク

収載図書メイプル夫妻物語
出版社新潮社
刊行年月1990.10
シリーズ名新潮文庫


昇華

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 09:57 UTC 版)

昇華(しょうか、: sublimation




「昇華」の続きの解説一覧

昇華

出典:『Wiktionary』 (2018/10/30 02:58 UTC 版)

名詞

しょうか

  1. より価値の高いものに変化すること。
  2. 化学固体液体を経ないで気体変化すること。相変化のひとつ。あるいは逆に気体液体を経ないで固体変化すること。
  3. 心理学社会では満たされない本能的衝動を、社会価値のある活動欲求などに転化すること。

動詞

活用

サ行変格活用
昇華-する

翻訳

化学用語

  • 英語: sublimination



昇華と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「昇華」の関連用語

昇華のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



昇華のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本画像学会日本画像学会
Copyright (C) 2020 The Imaging Society of Japan All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの昇華 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの昇華 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS