性欲とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 欲望 > 性欲の意味・解説 

せい‐よく【性欲/性×慾】

性的な満足を得るための、肉体的欲望肉欲


性欲

【仮名】せいよく
原文libido

性的欲求

性欲

作者藤堂志津子

収載図書ひとりぐらし
出版社文芸春秋
刊行年月1999.9

収載図書ひとりぐらし
出版社文藝春秋
刊行年月2002.9
シリーズ名文春文庫


性欲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 02:52 UTC 版)

性欲(せいよく、: luxure: Lust)は、人間欲求の一つで的な満足を求める本能である。英・口語:sexual desire、 sex drive、羅(ラテン語):libidoなどの表現もある。


  1. ^ http://www.ibmjapankenpo.jp/i-support/stress/k03/k03_4_1.html
  2. ^ 女性の場合、35歳から45歳が性欲のピークとされている
  3. ^ Bruce Bagemihl, Biological Exuberance: Animal Homosexuality and Natural Diversity, St. Martin's Press, 1999; ISBN 0312192398
  4. ^ Pope John Paul II, Mutual Attraction Differs from Lust. L'Osservatore Romano, weekly edition in English, 22 September 1980, p. 11. Available at http://www.ewtn.com/library/papaldoc/jp2tb39.htm
  5. ^ ツルティム・ケサン正木晃『チベット密教』ちくま新書(2000年)p.152
  6. ^ 立川派と混同されることがあるが、別な宗派である
  7. ^ フロイト(1856-1939)は精神分析をおこなった学者
  8. ^ https://hdl.handle.net/10131/2758  岩切正介 フロイトとヘルバルト。とくにリントナー編『経験的心理学教本』について Die Beziehung zwischen Freud und Herbart: Lindners Lehrbuch von Psychologie
  9. ^ Malabou, Catherine (2012). The New Wounded: From Neurosis to Brain Damage. New York: Fordham University Press. p. 103. ISBN 9780823239672.
  10. ^ a b c d e f g h i 日本博学倶楽部『「人体の謎」未解決ファイル』PHP研究所、2009年。
  11. ^ ロスチャイルド財閥のアラン・ラインバーグとパリ大学のミシェル・ラゴギー
  12. ^ 男女の性欲と年齢について https://lovecosmetic.jp/shc/womenseiyokupeak/


「性欲」の続きの解説一覧



性欲と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「性欲」の関連用語

性欲のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



性欲のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの性欲 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS