コントロールとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 芸術・創作物 > 映画 > 映画作品 > コントロールの意味・解説 

コントロール【control】

読み方:こんとろーる

[名](スル)

ちょうどよいぐあいに調節統制すること。管理。「室温を—する」

球技で、ボール自分の思うところ投げたり蹴(け)ったりすることができる能力。「—のいい投手

レスリングで、寝技の一。相手四つんばいにして、上から制御すること。


コントロール


コントロール

制御すること。

コントロール(Control)

読み方:こんとろーる

  1. バース・コントロールの条を見よ。〔情事語〕
  2. 産児制限のことをいふ。バースコントロールの略。

分類 情事

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コントロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 09:52 UTC 版)

コントロール (英語: controlフランス語: contrôle)




「コントロール」の続きの解説一覧

コントロール(Control)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/06 10:13 UTC 版)

マジック:ザ・ギャザリング」の記事における「コントロール(Control)」の解説

すぐにライフ狙いにいくのではなく相手行動阻害し、場を制圧することを重視するデッキタイプ。

※この「コントロール(Control)」の解説は、「マジック:ザ・ギャザリング」の解説の一部です。
「コントロール(Control)」を含む「マジック:ザ・ギャザリング」の記事については、「マジック:ザ・ギャザリング」の概要を参照ください。


コントロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 06:39 UTC 版)

スカッとゴルフ パンヤ」の記事における「コントロール」の解説

数値が高い程、打球バー移動遅くなるパンヤナイスショット)を出しやすくなる

※この「コントロール」の解説は、「スカッとゴルフ パンヤ」の解説の一部です。
「コントロール」を含む「スカッとゴルフ パンヤ」の記事については、「スカッとゴルフ パンヤ」の概要を参照ください。


コントロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 13:51 UTC 版)

オリエンテーリング」の記事における「コントロール」の解説

オリエンテーリングでは通過ポイントには標識置かれている。通過ポイントのことをコントロールという。標識は、ルール上はコントロール・フラッグというが、単に「フラッグ」あるいは「ポストといわれることも多い。日本では一般的にシルバ・スウェーデン社・SUUNTO社・noname社の物が使われている。 コントロール・フラッグは、多くの場合正三角形底面とした三角柱であり、側面四角形が白・オレンジ塗り分けられ底面上下とも空洞になっている場合がほとんどである。材質は、強度持ち運びしやすさ問題から多くの場合合成繊維であるが、パーク・オリエンテーリングでは紙製簡易的なものを用いることもある。またパーマネントコース後述)ではコントロールが常に設置されたままのため、金属製のものが用いられている。

※この「コントロール」の解説は、「オリエンテーリング」の解説の一部です。
「コントロール」を含む「オリエンテーリング」の記事については、「オリエンテーリング」の概要を参照ください。


コントロール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 21:22 UTC 版)

実況パワフルプロ野球」の記事における「コントロール」の解説

投手制球力数値高ければ高いほど投球狙った所に正確に投げる事ができ、失投する確率下がる。ただし、どんなにコントロールがよくても1%確率失投する逆にコントロールが悪くてスローボール失投しない。『パワプロ2016』から、コントロールのいい投手でも着弾点がずれるようになり、成功率失投率の変動関わるようになった

※この「コントロール」の解説は、「実況パワフルプロ野球」の解説の一部です。
「コントロール」を含む「実況パワフルプロ野球」の記事については、「実況パワフルプロ野球」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コントロール」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

コントロール

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 13:05 UTC 版)

名詞

  1. 調節統制制御
  2. 投手制球力

語源

関連語


「コントロール」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「コントロール」に関係したコラム

  • ETFの銘柄の取引単位は

    ETFの取引単位は銘柄により異なります。ETFの場合、取引単位は10株単位や100株単位であることが多いようです。また、価格が1万円前後の銘柄は1株単位、100円前後の銘柄は1,000株単位が多いよう...

  • ETFの銘柄一覧

    ETFの銘柄数は2012年9月の時点で約140あります。そして、いずれの銘柄にも価格の連動となる対象の商品があります。ここでは、ETFの銘柄をジャンルごとに紹介します。表の「コード」は株式コード、「市...

  • ETFを始めるための最低資金は

    ETFを始めるための最低資金はいくらでしょうか。ETFの取引では売買代金に加えて取引手数料などの費用がかかるため、最低資金は次の計算式で求めることができます。資金=売買代金+取引手数料+その他費用売買...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

コントロールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コントロールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2022. All Rights Reserved.
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコントロール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマジック:ザ・ギャザリング (改訂履歴)、スカッとゴルフ パンヤ (改訂履歴)、オリエンテーリング (改訂履歴)、実況パワフルプロ野球 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのコントロール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS