remoteとは?

リモート

英語:remote

リモートとは、リモートの意味

リモートとは、複数対象離れている状態のこと。日本語では、「距離が遠い」「へんぴな」「文明から隔絶した」「時間的遠く隔たった」「血縁関係が遠い」「人や態度よそよそしい」など物や人に対して用いられる。

リモートの語源

リモートの語は、もともとは「取り去る」や「無視する」を意味するラテン語の removere から派生した単語である。「動かす」の意味の動詞 movere に「逆方向へ」「反対して」「再び」を示す接頭辞 re- が付けられている。これらの語義組み合わせることで、複数対象異な方向に「離れ」たり、「離れた状態での関係」を説明したりする意味が生まれた。このようなラテン語語義英単語の remote にも受け継がれ、今ではさまざまな場面での距離を示す表現に用いられている。

リモートに由来する言葉

日本語で「リモート」という語を含む一般名詞の代表は「リモコン」である。リモコンは、正式にはリモートコントローラーと呼ばれ、テレビなどの操作の際に機器から離れた場所で各種スイッチ操作を行う手のひらサイズ小型電子機器を意味する。ちなみにテレビの「テレ tele- 」もリモートと同じく距離を示す接頭辞のひとつである。たとえば、リモートワークフランス語に訳すと「テレトラバーユ travail」となる。

リモートワーク、リモートデスクトップとは

業務分野で「リモート」の語が用いられる場合遠隔操作による作業環境を指すことが多い。企業における事務業務オフィス行われることが一般的である。同じ執務室デスク並び机上にはネットワークにつなげられたパソコンなどの端末が置かれ、それを用いて業務を行う。「リモートワーク環境では、このようなオフィス離れて、自宅カフェなどで業務を行う。このとき、ノートパソコンなどの端末セキュリティ確保されたネットワーク本社サーバークラウドなどに接続する。このような作業環境構築すれば、オフィスでの対面環境には及ばないことが多いが、上司からの指示を受けたり、同僚との作業分担調整などの作業が可能となる。

リモートデスクトップ」は、端末による遠隔操作を表す単語である。オフィスに置かれたパソコンデスクトップ上のファイル外部からアクセスしたい場合などに用いる。直接端末操作する必要がなく、ネットワーク経由ノートブックパソコンスマートフォンパソコンデスクトップ表示させるのである。この仕組ユーザーサポート応用したのが「リモートサポート」といえるパソコントラブルが起きたときに、サポートデスクに連絡してもエンジニアがすぐに駆けつけるとは限らない。そこで、ユーザーパソコンのデスクトップをサポートスタッフのパソコン表示して作業を行うのである。このことにより、問題解決までの時間短縮したり、人的資源有効活用したりすることが可能となる。

リモート飲み会、リモート帰省とは

2020年世界的流行となった新型コロナウィルス感染症(COVID-19)の影響によって、人々社会活動大きな影響を受けた。その結果これまでになかった新し行動様式発生し、代表的な例として「リモート飲み会」や「リモート帰省」などが注目されているウィルスによる感染症にはワクチンが有効とされるが、として市場流通するまでには数ヶ月から数年単位タイムラグ発生する。その間、最も重要な予防策罹患者接触しないことである。そのため従来は同じ空間共有して対面行われてきた社会的な行為について、感染リスクの高さが指摘されることになった。

そこで注目されたのが既に述べた「リモートワーク」という仕事仕方である。同時に仕事以外の社会的活動についても、この方法を適用したのが「リモート飲み会」や「リモート帰省といえる。「リモート飲み会」では、オンラインミーティングのためのデジタル技術を「飲み会」という交流に使うのであるまた、政府による緊急事態宣言発令による移動自粛要請受け入れながら家族との交流を行う方法として「リモート帰省」が提案されている。交通機関を使った移動を伴う実家への帰省をせずに、オンライン家族旧友との進行深める方法である。

これらの例では、同じ現実空間共有することはできないしかしながら自分の好きな酒を周囲気遣いすることなく自分ペースで楽しめたり帰省する時間的または財政的余裕がなくても会話ができるという利点も多い。そのため、リモート行為対面で行う行為代替ではなくこれまで新し可能性評価する声も多い。

リモート【remote】

多く他の語の上に付いて複合語をつくり、遠く隔たった、の意を表す。「リモートターミナル」

インターネットなどのコンピューターネットワーク上にあるコンピューターや、遠隔地にある端末装置などで構成された利用環境。⇔ローカル


リモート

【英】remote

リモートとは、物理的分離されており、通信回線などのネットワークによって接続された状態にある、マシンシステム環境などのことである。

リモートのマシンシステムは、物理的に切り離されているために、キーボードマウスといった入力装置ではなく、特殊な通信手段による接続を必要とする。特殊な通信手段特定のアクセス方法用意することで、間接的にリモートへアクセスすることが可能となる。

物理的異なる場所に存在しており、インターネットなどを利用することによって手元マシンクライアント)と接続可能な状態になっているサーバーマシンは、リモートサーバーなどと呼ばれるまた、そのような遠隔地システム利用するユーザーは、リモートユーザーと呼ばれる遠隔地から、システムログインして利用することを、リモートアクセスと言う

Windows XPででは、遠隔地からシステム利用するための機能として、リモートデスクトップ呼ばれる機能が提供されている。リモートデスクトップ利用すると、遠隔地PCから、通常の手元デスクトップをローカルマシンで直接画面表示するのと同様のユーザインタフェースで、システム利用することができる。同様のものにVNCVirtual Network Computing)というシステムもある。これは、画面情報と、キーボードマウスといったシステムイベント情報を、遠隔地にあるマシン伝送することにより、リモートマシンを、あたかも手元にあるPCあるかのように遠隔操作することを可能とするものである

マシン保守にあたり物理的パーツ交換などは、実際にそのマシン設置しているデータセンター等のサーバールームに足を運ぶ必要がある。しかし、OS上の操作で可能な、設定変更データバックアップといった保守作業については、通信回線がつながっていれば遠隔地からでも行うことができる。このような保守形態は「リモート保守」と呼ばれている。また、Webアプリケーションなどの開発では、システム動作が、サーバ側とクライアント側に渡っていて通常の確認方法が適さない場合がある。このような場合サーバ動作を、通信回線用いて遠隔地から覗きながらデバッグする「リモートデバッグ」の方法を用いることがある

ネットワークシステムのほかの用語一覧
コンピュータシステム:  リモートアクセス  リモートプロシージャコール  リモートログイン  リモート  ローカルアドレス  ログ  ログイン

remote

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/14 11:40 UTC 版)

remote(リモート)は、1980年代後期から1990年代前期まで活躍していた日本音楽バンド




  1. ^ HIROの高校生時代のバンドACTのベーシストAYUMU、メンバー募集で知り合ったドラムのチャッピー加入後、ライブ活動を開始する。ACTには、初音ミクの生みの親クリプトンフューチャーメディアの代表、伊藤博之氏も在籍していた。またACTのドラム高木学は、メンバーの愛川が楽曲提供をした千葉美加のバックバンドを務めていた。1988年初頭、愛川がBASSで加入。池田貴族、HIRO、愛川ヒロキ、前崎史郎は、remote以前「HIP」というバンドに所属していた。
  2. ^ 衣装を赤にした経緯は、remote のライブを観に来た音楽事務所のスタッフが、当時のアマチュアバンドを凌駕した動員で盛り上がったライブを叱咤するような「今の動員でいい気になってもしょうがない。まずはremoteと言えば〇〇といったモノを考えた方がいい」と言ったコメントに対し、その夜HIROが池田貴族に電話で相談を持ちかけ「来週の歩行者天国から俺は全身赤にする」と言ったことがきっかけとなった。
  3. ^ この日、在宅審査員からのFAXで「ボーカルの目つきが良かった」との指摘にボーカル・池田は「当然ですよ」と返し、その後のいか天の取材でも、「remote現象(げんしょう)と言われてますが…」とマイクを向けた相原勇に対し「いや、“げんしょう”じゃない。“シンドローム”と呼んでもらいたい」と即座に突っ込んだことでも、態度がでかい、ふてぶてしいと言われたが、その態度がまた魅力の一つと言われ『リモートハリケーン』とも言われる人気を集めていった。
  4. ^ 視聴者からのはがき投票で順位を決めるいか天内のコーナー『アマチュアバンドベスト10』では、1989年4月22日では1位になったものの、翌週4月29日から8月12日まで14週連続で2位(4月29日から7月1日までは10週連続でKUSU KUSU、続く7月22日から8月12日までは4週連続でA-CHIEFが1位)という記録がある。
  5. ^ 天草史郎前崎は本活動からのメンバー加入となる。
  6. ^ RYU(ボーカル)、HIRO(ギター)、Taffee(ベース)、CHAPPY(ドラム)
  7. ^ RYU(ボーカル)、HIRO(ギター)、Taffee(ベース)、KYO(ドラム)


「remote」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「remote」の関連用語

remoteのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



remoteのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2021 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリリモートの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのremote (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS