気遣いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 気遣いの意味・解説 

き‐づかい〔‐づかひ〕【気遣い】

読み方:きづかい

あれこれと気をつかうこと。心づかい。「どうぞお—なく」

よくないことが起こるおそれ。懸念。「情報漏れる—はない」


気遣い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

気遣い

作者清水

収載図書ショートショートの広場 19
出版社講談社
刊行年月2007.5
シリーズ名講談社文庫


マナー

(気遣い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 22:24 UTC 版)

マナー英語: manner)とは、人と人との関わりで当然その場面でしかるべきとされる行儀・作法のことを指す[1][2]。これは自分一人のとき、他に見ている人が誰も居ない場合でもそれを守ることが望ましい価値観であるが、その場合は「マナー」ではなく「道徳」(モラル)として論じられるのが一般的である。


  1. ^ 出典 : 『広辞苑』・『大辞林』他
  2. ^ 英語の "manner" は、「仕方・やり方・流儀、態度、行儀・作法、風習、~風」などの広い意味がある。出典 : goo辞書 英和辞書 mannergoo辞書)2011年7月24日閲覧。
  3. ^ 「マナー」の意味は?種類や類語「エチケット」との違いを解説
  4. ^ 出典 : 『絵でわかる マナー事典』 現代マナー・フォーラム 西東社 1996年8月 p.1.
  5. ^ 出典 : 『ポイントがわかるマナー手帳』 外山晴彦 榎島景子 西東社 2002年9月 p.1.
  6. ^ a b c d Proper Table Manners
  7. ^ a b 庄司真人 原田保(編)「宮廷料理のスタイルデザイン」『食文化のスタイルデザイン』<地域デザイン学会叢書> 大学教育出版 2015 ISBN 9784864293389 pp.185-186.
  8. ^ 大路直哉・フェリシモ左きき友の会『左ききでいこう!愛すべき21世紀の個性のために』株式会社フェリシモ、2000年、95項。
  9. ^ 出典 : 『生活基本大百科』part6「テーブルマナー : 洋食」
  10. ^ Business Etiquette in Brief, Ann Maine Sabath, 1993


「マナー」の続きの解説一覧

気遣い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/20 22:06 UTC 版)

アヒンサー (ジャイナ教)」の記事における「気遣い」の解説

ジャイナ教によれば自らの活動不注意な修行僧生物生きている死んでいるにかかわらず暴力の罪を犯している。一方戒律守ること慎重で警戒している人に関しては、単に彼の行為によって暴力起こっているからといってカルマを得ることはないジャイナ教において気遣いは暴力から修行者を守る者とみなされるようになってきた。ウッタラーディヤヤナ・スートラ(Uttarādhyayana Sūtra)のうちもっとも有名な一節では、マハーヴィーラ第一弟子ガウタマに対して生涯の中でカルマ完全に破壊して完全になろうという目的が不注意のために完全に失われることのないように「常に注意深くあること」をいつも熱心に進めているさまを記述している。タットヴァールタスートラではヒンサー(hiṃsā)つまり暴力単純に「心、身体発話不注意な活動によって命が奪われること」と定義されている。このためジャイナ教における行為は不注意伴っているときにのみ本当に暴力であるとみなされるようになっていった。

※この「気遣い」の解説は、「アヒンサー (ジャイナ教)」の解説の一部です。
「気遣い」を含む「アヒンサー (ジャイナ教)」の記事については、「アヒンサー (ジャイナ教)」の概要を参照ください。


気遣い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:40 UTC 版)

マルティン・ハイデッガー」の記事における「気遣い」の解説

内・存在共存在、手元目前にあるもの対処すること、「彼ら」の世界頽落被投性と投企可能性ハイデガーはこれらは統一されたものとし、統一概念として『気遣い(Sorge)』を提示する現存在は「気遣い」を通じて次のものを統一する(1)可能性』(現存在投企) (2)『被投性』(現存在可能性制約する) (3)頽落』(「彼ら」の世界現存在縛り付ける) これら全てが「気遣い」という言葉の示す通り現存在にとって重要である。「気遣い」を向ける事によって現存在統一されるハイデガーによれば現存在は「関心(気遣い)」という構造のなかに存在する

※この「気遣い」の解説は、「マルティン・ハイデッガー」の解説の一部です。
「気遣い」を含む「マルティン・ハイデッガー」の記事については、「マルティン・ハイデッガー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「気遣い」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「気遣い」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

気遣いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気遣いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのマナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアヒンサー (ジャイナ教) (改訂履歴)、マルティン・ハイデッガー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS