戒律とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > 戒律の意味・解説 

かい‐りつ【戒律】

読み方:かいりつ

仏語修行者の生活規律。仏のいましめ自発的に守ろうとする心の働きをいう戒と、僧に対する他律的規範をいう律を合わせた語。

一般に信者信仰生活において守るべき規律規則


戒律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/10 23:08 UTC 版)

戒律(かいりつ)


  1. ^ a b 戒律(かいりつ)とは - コトバンク”. 朝日新聞社. 2020年10月9日閲覧。
  2. ^ 新村出 編 『広辞苑』(第三版)岩波書店、1986年10月、398頁。 
  3. ^ 総合仏教大辞典編集委員会(編) 『総合仏教大辞典』 上巻、法藏館、1988年1月、159頁。 


「戒律」の続きの解説一覧

戒律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 04:54 UTC 版)

小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春」の記事における「戒律」の解説

この世界住む人々は、大きく分けて2つの戒律を持つ。「善」(グッド)の戒律の者は、人道重視し魔物に対しても情をもって接する。「悪」(イビル)の戒律の者は、自己中心的魔物に対して容赦しない。善の戒律と悪の戒律のどちらにも属さない、「中立」(ニュートラル)の人々もいる。迷宮には冒険者たちに対して友好的な態度をとる魔物がおり、このため善と悪双方の戒律の者たちが混在しパーティ結成すると、こうした魔物扱いをめぐって対立することがあるこのため善と悪の戒律が混在しパーティ結成することはほとんどない。しかし状況によって善と悪の戒律が混在しパーティ組まれることがある

※この「戒律」の解説は、「小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春」の解説の一部です。
「戒律」を含む「小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春」の記事については、「小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春」の概要を参照ください。


戒律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/19 05:28 UTC 版)

サマナ (オウム真理教)」の記事における「戒律」の解説

仏教における十善戒との共通点が多いが、「意業」の不慳貪・不瞋恚・不邪見不愛著・不邪悪心・不迷妄置き換えられている。また不悪口は本来の「ふあっく」ではなく「ふあっこう」と読む。 不殺生殺生してはならない。 不偸盗:人の物を盗んでならない。 不邪淫配偶者以外と淫らな行為性行為オナニー等)をしてはならない。 不妄語:嘘をついてはならない。 不綺語意味のない飾り立てた言葉話してならない不悪口:悪口言ってならない。 不両舌中傷してならない不愛著:俗世未練感じたりしてはならない。 不邪悪心:怒りの感情を持ってならない。 不迷妄教義疑問を持ってならない

※この「戒律」の解説は、「サマナ (オウム真理教)」の解説の一部です。
「戒律」を含む「サマナ (オウム真理教)」の記事については、「サマナ (オウム真理教)」の概要を参照ください。


戒律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 10:05 UTC 版)

騎士修道会」の記事における「戒律」の解説

テンプル騎士修道会には聖ベルナール練り上げシトー会派の戒律が与えられた。この会則は全686条から成りその後多くの騎士修道会会則雛形となった以下にその抜粋を示す所属する騎士修道士であると同時にキリスト教教会守護する戦士として、清貧を旨とし宗教的に優れた人格たらねばならない第1条騎士聖務参加せねばならず、何らかの場合出席出来ない場合には主の祈りを朝課に13回、各時課に7回、晩課に9回唱えねばならない第10条世俗の騎士入会志願してもすぐに受け入れてはならず総長兄弟騎士たちが彼を受け入れ、また彼が戒律に従うことを確認せねばならない第11条騎士たち食事をともにせねばならない第23条)、また2人で同じ皿から食べねばならない第25条総長軍馬4頭、騎士2名と従軍司祭伴って出陣する。従者は馬3頭、従卒は馬2頭を、小姓は馬1頭を伴う。また総長は、騎士家系でない者でも、一定期間勤務した小姓成員に取立てることができる。(第77条)

※この「戒律」の解説は、「騎士修道会」の解説の一部です。
「戒律」を含む「騎士修道会」の記事については、「騎士修道会」の概要を参照ください。


戒律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/07 04:53 UTC 版)

ノロ」の記事における「戒律」の解説

ノロ豊穣願い災厄払い祖先迎え豊穣を祝うといった時期ごとにある数多く祭祀を行うことと、その祭祀において神を憑依させる依代となることが存在意義あるためこれといった戒律や教典はなく、他の宗教のように大衆啓蒙すべき神の教えといったものもない。また、偶像崇拝はしない御嶽にあるイビ石など神体として崇拝される例が多く見られるが、これはあくまで、いわゆる依代に対する尊崇である。特に処女性問われないが、既婚独身か、年齢要件などは現在も確認される王国最高位ノロである聞得大君2代目までが生涯独身であったことや、聞得大君以前からの由緒あるノロである阿応理屋恵職が生涯独身だったという記録もあり、原始的には処女性要求されたと考える説もある。

※この「戒律」の解説は、「ノロ」の解説の一部です。
「戒律」を含む「ノロ」の記事については、「ノロ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「戒律」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

戒律

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:45 UTC 版)

名詞

かいりつ

  1. 仏教で、守るべき道徳規範規則
  2. 一般に、ある宗教守らなければならない規則規範おきて

発音(?)

か↗いりつ

「戒律」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



戒律と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「戒律」の関連用語

戒律のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



戒律のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの戒律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの小説ウィザードリィ 隣り合わせの灰と青春 (改訂履歴)、サマナ (オウム真理教) (改訂履歴)、騎士修道会 (改訂履歴)、ノロ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの戒律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS