迷宮とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 施設 > 建物 > 迷宮の意味・解説 

めい‐きゅう【迷宮】

読み方:めいきゅう

中に入る容易に出口わからず迷うようにつくってある建物

複雑に入り組んでいてなかなか解明できない事柄のたとえ。また特に、手がかりがなく解決見通し立たない犯罪事件。「人間心理の—」


めいきゅう 【迷宮】

labyrinth英)古代ヨーロッパの人たちが、エジプトなどの神殿宮殿にあると考えていた複雑で簡単に出口分からないという建物。それを象徴する文様作られ今日迷路パズル起源となった事件解決せず真相分からないままになってしまうのを「迷宮入り」という。

アルフテル, ロドルフォ:迷宮

英語表記/番号出版情報
アルフテル, ロドルフォ:迷宮Laberinto作曲年1972年 

迷宮

作者ロイス・マクマスター・ビジョルド

収載図書無限の境界
出版社東京創元社
刊行年月1994.7
シリーズ名創元SF文庫


迷宮

作者さくら

収載図書DEAD END
出版社青磁ビブロス
刊行年月1994.8
シリーズ名ビーボーイノベルズ


迷宮

作者アナイス・ニン

収載図書ガラスの鐘の下で―アナイス・ニン作品集
出版社響文社
刊行年月2005.11


迷宮

作者城島明彦

収載図書恐怖がたり42夜―携帯サイトの怖い話
出版社扶桑社
刊行年月2007.7
シリーズ名扶桑社文庫


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 09:48 UTC 版)

迷宮(めいきゅう、: Labyrinth, : Λαβύρινθος)とは、一般的には部屋通路が入り組んだ迷路のような建築物や構造物のことを指すが、厳密にはクレタ型迷宮に代表されるような、分岐のない秩序だった一本道であり、迷路とは対照的な特徴を持った図形を指す。


  1. ^ "エジプト政府がひた隠す、地下迷宮の謎…スフィンクスの地下にも秘密都市が存在?" - Business Journal 2018.04.29 2021年7月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f 中島和歌子「「迷宮(Labyrinth)」図像群に関する一考察 : 迷宮史概略,および現代アメリカにおける迷宮図像活用について」『東京大学宗教学年報 』(29) 東京大学文学部宗教学研究室 doi:10.15083/00030437 2011 pp.105-126.
  3. ^ 和泉 2000, pp. 45-46.
  4. ^ 和泉 2000.
  5. ^ a b ボード 1977, pp. 5-10.
  6. ^ (Λυδοὶ γάρ ‘λάβρυν’ τὸν πέλεκυν ὀνομάζουσι). Plutarch, Greek Questions, 45 2.302a.
  7. ^ F. Schachermeyer (1990), Die Minoische Kultur des alten Kreta, pp. 161, 237, 238
  8. ^ Rouse, W. H. D. (1901). "The Double Axe and the Labyrinth". Journal of Hellenic Studies. 21: 268–274. Rouse criticised the association, noting the reappearance of the same inscribed symbols at the newly discovered palace at Phaistos (p. 273).
  9. ^ F.Schachermeyer (1964) Die Minoische Kultur des alten Kreta. W.Kohlhammer Stuttgart p. 161, Abb.85
  10. ^ 「ラブランダのようなカリア人の聖域の名前を、聖なるlabrysの場所として文字通りの意味で解釈するのは極当然のようである。」p.109「カリア人のコインには、宗教的な両刃斧の意匠がみられる」アーサー・エヴァンズ, "Mycenaean tree and pillar cult and its Mediterranean relations," Journal of Hellenic Studies XXI, pp 108, 109.
  11. ^ Beekes, Robert S. P. (2010). Etymological Dictionary of Greek. Leiden, Boston: Brill Academic Publishers.
  12. ^ ボード 1977, p. 84.
  13. ^ Wright, Craig M. (2001). The maze and the warrior: symbols in architecture, theology, and music. Harvard University Press. p. 210. ISBN 978-0-674-00503-7.
  14. ^ Russell, W. M. S.; Claire Russell (1991). “English Turf Mazes, Troy, and the Labyrinth”. Folklore (Taylor and Francis) 102 (1): 77–88. doi:10.1080/0015587x.1991.9715807. JSTOR 1260358. 
  15. ^ ボード 1977, pp. 42-45.


「迷宮」の続きの解説一覧

迷宮(ダンジョン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:07 UTC 版)

マギ (漫画)」の記事における「迷宮(ダンジョン)」の解説

およそ14年ほど前から世界各地出現した古代王朝遺跡群内部には貴金属製品宝石類など通常の財宝の他、魔法道具などが大量に眠っており、その頂点に立つのが「ジン金属器」である。マギ能力生み出される

※この「迷宮(ダンジョン)」の解説は、「マギ (漫画)」の解説の一部です。
「迷宮(ダンジョン)」を含む「マギ (漫画)」の記事については、「マギ (漫画)」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/01 03:37 UTC 版)

世界樹の迷宮III 星海の来訪者」の記事における「迷宮」解説

垂水ノ樹海 海嶺ノ水林 光輝ノ石窟 深洋祭祀殿 海都存在した神殿だが大異変の際に海底沈み、現在はフカビトの拠点となっている。 白亜ノ森 海都王族療養地。王族以外のものは侵入できない結界によって護られている。 昏き海淵の禍神 世界樹の根押さえ込まれ昏き海淵の禍神体表シリーズ階層名で唯一漢字でない部分平仮名となっている。

※この「迷宮」の解説は、「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」の記事については、「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 04:50 UTC 版)

ディアブロ (ゲーム)」の記事における「迷宮」解説

本作登場する迷宮は「ダンジョン」(Dungeon)、「カタコンベ」(Catacomb)、「ケイブ」(Cave)、「ヘル」(Hell)の計4種あり、それぞれ4階層で合計16階層となっている。他にもレオリック王の墓や、ラザルスの間 といった特別な場所が迷宮内に存在する。シングルプレイは特殊マップが加わる。また、ヘルファイア』では条件を満たす解放されるネスト」(Nest)と「クリプト」(Crypt)が追加された。

※この「迷宮」の解説は、「ディアブロ (ゲーム)」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「ディアブロ (ゲーム)」の記事については、「ディアブロ (ゲーム)」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 05:32 UTC 版)

世界樹の迷宮V 長き神話の果て」の記事における「迷宮」解説

第一階層 鎮守ノ樹海 世界樹の根による窪地湧き水溜まった湿地帯ルナリア族人形使い仕掛けたゴーレム呼ばれる魔術結界によって護られていたが、年月経過によって結界弱まったことで、世界樹の迷宮踏破御触れ発令された。 1階飼育できるほど落ち着いており、新人冒険者実力見定めるための試練の場とされている。 2階以降2種類ゴーレムによって出現する石壁によって進路妨げられている。 第二階層 奇岩ノ山道 奇妙な形の岩石立ち並ぶ山地押し倒すことができる大岩点在している。 第三階層 晦冥ノ墓所 戦争犠牲者たち墓所昼夜変化するギミック施されており、日中FOEが苦手とする日光が差す代わりに毒沼出現する夜間毒沼消え代わりに日光も差さなくなる。 出現する魔物大部分アンデッド第四階層 虹霓ノ晶洞 世界樹の根元の内部となる水晶洞窟冒険者が竜結晶呼ばれる希少鉱石持ち帰ったことでアイオリスゴールドラッシュ訪れ冒険者だけでなく一部衛兵や一般人も探索行っている。 破壊できる代わりに高音発しFOE引き寄せる水晶と、隣接した者を別の水晶までワープさせる水晶存在する戦争の際に取り残されトカゲのような種族末裔住処となっている。 第五階層 円環ノ原生林 ガラス状の巨大な天蓋覆われ原生林。緑の中に無数に謎の装置埋もれている。 アルカディア植物の起源マップの上左右繋がっている。 点在する装置調べることで周辺無重力変化させることが可能。 第六階層 赤方偏移ノ回廊 アルコン新たな星へ移動するために開いた航路。本来は船を使い移動するが、星喰による侵略によって母星通信が行なくなったため歩いて移動する下層地殻デバイス浮かんだ宇宙空間階段はなく、無数に存在する転送装置利用して移動する深部に進むほど空間の歪み悪化しており、宇宙から集積され毒素が床に濃縮している。 最奥からは、青い海と緑の大陸広がる惑星ワープできる。

※この「迷宮」の解説は、「世界樹の迷宮V 長き神話の果て」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「世界樹の迷宮V 長き神話の果て」の記事については、「世界樹の迷宮V 長き神話の果て」の概要を参照ください。


迷宮(めいきゅう)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/18 03:02 UTC 版)

放課後ランダムダンジョン」の記事における「迷宮(めいきゅう)」の解説

学園存在する地下続いていく道で、地下降りるほど強いモンスター出現するまた、貴重な金属類発掘されるため、お金集めにもなる。上の階には上がれず、テレポート使えないため、戻ってくるには位相石と呼ばれるもので途中で中断して戻らなければいけない。そうしておくと、位相石に記録した場所に再び戻ってくることができる。

※この「迷宮(めいきゅう)」の解説は、「放課後ランダムダンジョン」の解説の一部です。
「迷宮(めいきゅう)」を含む「放課後ランダムダンジョン」の記事については、「放課後ランダムダンジョン」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 02:56 UTC 版)

ヴォルコシガン・サガ」の記事における「迷宮」解説

(中編、”無限の境界”に収録) Labyrinth (1989) マイルズは、遺伝子工学者をバラヤー亡命させるために、武器購入装いジャクソン統一惑星旅をする工学者作成したサンプルをリョーバル商館から盗み出そうとしてマイルズは捕えられるが、遺伝子操作産物である巨大なスーパー女性兵士タウラ出会い、共に脱出するタウラ去り際商館貴重な生物サンプル破壊したため、こののちネイスミス提督はリョーバル商館につけ狙われることになる。 タウラはデンダリィ自由傭兵艦隊入隊する

※この「迷宮」の解説は、「ヴォルコシガン・サガ」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「ヴォルコシガン・サガ」の記事については、「ヴォルコシガン・サガ」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 06:31 UTC 版)

マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合」の記事における「迷宮」解説

様々な場所に自然発生するダンジョンこの世界にとっては脅威であり、迷宮内に巣食う巨大な魔獣亜人種が迷宮外に溢れ出て人間動物危害加えるなどの大きな被害をもたらす数年ごとに深く広がることも特徴で、深くなることにより上位種強力な魔獣亜人種出現することになり、見つけ次第早急に討伐することが求められている。また最下層には大魔力石があるほか、迷宮からは魔石採掘でき、所々武具落ちている物語終盤にて、迷宮はやがて世界中広がり迷宮同士衝突によって世界の壁破壊し世界狭間封印されている邪神、『狂える女神』を現世呼び出すための道具であることが判明する

※この「迷宮」の解説は、「マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合」の記事については、「マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/06 04:53 UTC 版)

迷宮キングダム」の記事における「迷宮」解説

セッション中に冒険することになる迷宮は、基本的に3×3並んだ九個の部屋通路つないだになっているランドメイカー人数平均レベルに応じて配置できるモンスターや罠の数が決められている。

※この「迷宮」の解説は、「迷宮キングダム」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「迷宮キングダム」の記事については、「迷宮キングダム」の概要を参照ください。


迷宮(ラビリンス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/03 15:23 UTC 版)

クレセントノイズ」の記事における「迷宮(ラビリンス)」の解説

振夜の来訪者住まう位相空間の月(レヴィナー)。上中下の3つの階層に、その力の差で来訪者達が分けられ暮らしている。ある程度組織性見られるが、基本的に来訪者達は互いに特に干渉する事も無い。

※この「迷宮(ラビリンス)」の解説は、「クレセントノイズ」の解説の一部です。
「迷宮(ラビリンス)」を含む「クレセントノイズ」の記事については、「クレセントノイズ」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 06:46 UTC 版)

ウィザードリィ」の記事における「迷宮」解説

シナリオ#1 - #4では、1つ階層20マス×20マス正方形構成されている(#5以降不定形また、#4ではマップ俯瞰図ではなく横からみた図(つまり、他の階層では南北表される位相上下になっているになっている階層もある)。 壁や扉は、マスマスの間を仕切っている。 マップの端(北と南、西と東)は、つながっていることがあるパーティ一度東西南北いずれか一方向初期状態では1マス先までしか見られない一度に狭い範囲状況しか見られないので、方向変えてフロア歩き回りながら、プレイヤー方眼紙ペン用意して独自に地図作成する必要に迫られる据え置き機携帯機では、オートマッピング機能ついている作品もある。 ある特定のマスには、以下のようなものが設置されている。壁や扉にも、「一方通行」や「見えない扉」などの仕掛けがある。 階段や縄梯子 上や下の階層移動する。街への出口階段である。 回転床 そのマス足を踏み入れると、パーティ向き方角)が変わってしまう。キャンプ閉じるたびに起動するので、呪文などで方角確認して無意味である。 瞬間転移 物理的に離れた特定のマス瞬間移動する。一方通行であり転移表示出ないので、地図作成困難にし、探索計画狂わせる落とし穴など キャラクターダメージ与える罠である。宝箱の罠とは違い盗賊がいても無効化できない#5など、魔法使いの呪文回避できる場合もある)。キャンプ閉じるたびに起動するダークゾーン 闇によって、周囲の壁や扉、次のマスが全く見えないマス照明呪文でも闇を照らせいどころか、照明そのものまでかき消されてしまう。 イベント地点 雰囲気を出す何らかのメッセージ表示キーアイテム、あるいはそれを守る固定モンスターとの戦闘キーアイテム所持していないパーティ追い返す関所などが待ち受けている。見た目だけで落とし穴など仕掛けられているダミーイベント地点存在する岩のマス マス丸々岩や土砂埋まっている。基本的に壁で区切られているため直接侵入不可能だが、ここに呪文宝箱の罠によってテレポートすると、キャラクター消滅ロスト)する。一部機種では「全滅」に変更されている。 シュート(shute) 落とし穴似ているが、落ちてダメージ受けず、下の階層場合により上の階層)に移動する#4では、瞬間転移と同じ機能を持つ)。 呪文封じ そのマス足を踏み入れると、一切呪文使えなくなる。効果はその階から出るまで続く。 玄室 一見何も無いフロア見えるがモンスター群れ住み着いており、踏み込むと必ずモンスター出現する一度モンスター達を倒すと階層変えない限り補充されない。玄室モンスター以外は宝箱落とさないため、あえて玄室に向かわなければいくら探索してアイテム得られず、パーティ装備強化できない

※この「迷宮」の解説は、「ウィザードリィ」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「ウィザードリィ」の記事については、「ウィザードリィ」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/08 02:35 UTC 版)

洞窟物語」の記事における「迷宮」解説

かつてジェンカが、コアを守るために築いた迷宮。ミザリー島中にいる地上の兵隊閉じ込めている。

※この「迷宮」の解説は、「洞窟物語」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「洞窟物語」の記事については、「洞窟物語」の概要を参照ください。


迷宮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 08:04 UTC 版)

無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」の記事における「迷宮」解説

洞窟建物魔力によって変異した魔物最深部には力の源とも言える魔力結晶と、それを守るための守護者存在する魔力結晶魔物呼び寄せ、迷宮内で死んだ魔物人間魔力吸収することで迷宮は深く広くなるまた、死亡した冒険者持ち物何年魔力注ぎ込み魔力付加品に変えるため、迷宮には一獲千金夢見た冒険者訪れる。人間捕らえて心臓として機能させることがあり、そうして心臓となった者は魔力によって変容呪い身につける

※この「迷宮」の解説は、「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」の解説の一部です。
「迷宮」を含む「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」の記事については、「無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「迷宮」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「迷宮」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



迷宮と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「迷宮」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



迷宮のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2024 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2024 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの迷宮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのマギ (漫画) (改訂履歴)、世界樹の迷宮III 星海の来訪者 (改訂履歴)、ディアブロ (ゲーム) (改訂履歴)、世界樹の迷宮V 長き神話の果て (改訂履歴)、放課後ランダムダンジョン (改訂履歴)、ヴォルコシガン・サガ (改訂履歴)、マヌケなFPSプレイヤーが異世界へ落ちた場合 (改訂履歴)、迷宮キングダム (改訂履歴)、クレセントノイズ (改訂履歴)、ウィザードリィ (改訂履歴)、洞窟物語 (改訂履歴)、無職転生 〜異世界行ったら本気だす〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS