ウェールズとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 地域 > ウェールズの意味・解説 

ウェールズ

名前 WalesWells

ウェールズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:37 UTC 版)

ウェールズ英語:  Wales[ヘルプ/ファイル]ウェールズ語: Cymru [ˈkəm.rɨ] ( 音声ファイル) カムリ)は、グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの「国(イギリスのカントリー)」 (country)のひとつである。ウェールズはグレートブリテン島の南西に位置し、南にブリストル海峡、東にイングランド、西と北にはアイリッシュ海が存在する。


  1. ^ ウェールズ政府公式サイト - ウェールズについて”. 2019年10月29日閲覧。
  2. ^ Falkus, M. and Gillingham, J., eds (1987) Historical Atlas of Britain. London: Kingfisher.
  3. ^ A Bilingual Wales, Accessed 27 April 2008
  4. ^ ウェールズ政府公式サイトウェールズの伝統・文化
  5. ^ 欧州最後の切符はウェールズに! ウクライナの猛攻を凌いでて64年ぶり2度目のW杯出場”. Soccer King (2022年6月5日). 2022年6月5日閲覧。
  6. ^ 「コンバートされたポジションで『達人』となった10選手」”. Qoly. p. 4 (2016年2月28日). 2021年3月1日閲覧。
  7. ^ bikeradar.comPro bike: Geraint Thomas’ Pinarello Dogma F8
  8. ^ WSJ.com Geraint Thomas Wins the Tour de France for Team Sky


「ウェールズ」の続きの解説一覧

ウェールズ (2013–)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 18:18 UTC 版)

2013年スウォンジー麻疹流行英語版)」も参照 2013年、ウェールズのスウォンジー麻疹アウトブレイク起こった1人死亡報告された。いくつかの推計では、ウェールズでの2歳児のMMRワクチン接種率1995年には94%であったものが2003年には67.5%まで低下しており、このことはこの地域に「脆弱な世代存在することを意味している。これは、かなりの数の親が子供MMRワクチン受けさせることを恐れようになったMMRワクチン論争英語版)と関連している。ウェールズでは2017年6月5日に、ニューポートの Lliswerry High School新たな麻疹アウトブレイク起こった

※この「ウェールズ (2013–)」の解説は、「ワクチン忌避」の解説の一部です。» 「ワクチン忌避」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ウェールズ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



ウェールズと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウェールズのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウェールズのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウェールズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのワクチン忌避 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのウェールズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS