deとは? わかりやすく解説

ディー‐イー【DE】

読み方:でぃーいー

destroyer escort海上自衛隊小型護衛艦の略称。米海軍では、かつて護衛駆逐艦航洋護衛艦艦種記号として用いられた。


De

名前 テ; ディードウ; ジ; デュ; ダ; デ; ディ; ド; ドゥ; ザ; ジーデーデーユー; ト

DE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 14:20 UTC 版)

DE

De

de

dE

  • 日本のテレビ番組制作会社・株式会社ディーイー(dE INC.)。エキスプレスのグループ会社。


.de

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/17 04:59 UTC 版)

.deドイツ国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。DENIC(Deutsches Network Information Center)が管轄している。.uk同様セカンドレベルドメインはない。「de」という国名コードはISO 3166-1で決まったもので、ドイツ語でドイツを意味する「Deutschland」の最初の二文字から取られている。




  1. ^ Domain Names Registered Under ".CN" by CNNIC
  2. ^ Comparison of international Domain Numbers by DENIC
  3. ^ IDN character list”. DENIC (2004年3月1日). 2006年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年8月13日閲覧。


「.de」の続きの解説一覧

DE(好ましい現象)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 17:59 UTC 版)

ザ・ゴール2」の記事における「DE(好まし現象)」の解説

UDEとは逆に問題が解消された理想的な状態を指す。

※この「DE(好ましい現象)」の解説は、「ザ・ゴール2」の解説の一部です。
「DE(好ましい現象)」を含む「ザ・ゴール2」の記事については、「ザ・ゴール2」の概要を参照ください。


DE(デジタルエレメント)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/14 09:19 UTC 版)

タロットマスター」の記事における「DE(デジタルエレメント)」の解説

タロを元にキャンサ開発した電脳精霊後にインクナードデータ奪われ、オズ・コーポレーションの商品として全国発売された。をモチーフにしたものが多い。

※この「DE(デジタルエレメント)」の解説は、「タロットマスター」の解説の一部です。
「DE(デジタルエレメント)」を含む「タロットマスター」の記事については、「タロットマスター」の概要を参照ください。


DE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/12 05:03 UTC 版)

護衛艦」の記事における「DE」の解説

上記の通り1956年には、まずアメリカ海軍から貸与され護衛駆逐艦初代あさひ型)と旧丁型駆逐艦(わかば)および乙型警備艦あけぼのいかづち型)にDEの記号付された。このうち乙型警備艦(1,000トン型)は沿岸における船団護衛及び対潜哨戒のために昭和28年計画建造されたものであったが、タービン機関ディーゼル機関比較検討する意味で、タービン船「あけぼの」型と、ディーゼル船いかづち」型2隻の2種建造された。また1次防では、PFの代艦として乙型警備艦(1,450トン型; いすず型)4隻の建造盛り込まれたが、28DEの実績を踏まえていずれもディーゼル艦として建造された。 従来地方隊には駆潜隊配属されていたが、駆潜艇PC)は小型で凌波性に乏しく、特に冬季行動には支障多かったため、3次防において、主としてDEからなる護衛隊をもって逐次これに代えることとした。これに伴って昭和42年計画より1,450トン型DE(ちくご型)の建造開始されたが、同型結局地方隊だけでなく護衛艦隊への配属想定して設計された。 ここまで建造されてきたDEは、基本的には、第二次世界大戦時米英海軍建造した対潜機能に重点を置き対空機能付加した護衛駆逐艦系列属す護衛艦であった。これに対し昭和52年計画建造された1,300トン型DE(いしかり)は、元々は駆潜艇発展させた1,000トンPCE沿岸警備艦)を起源しており沿岸海域防備目的とするコルベット類いする小型汎用艦として、DE系列の中で特異なものであった。また続く昭和54年度からは、艦型を1,400トン型に拡大した艦(ゆうばり型)が建造された。 続くDEとしては、当初は54DEを更に発展させた1,600トン型が検討されていたが、汎用性を向上させた結果結局はやまぐもDDK匹敵する1,900トン型(実質2,000トン型; あぶくま型)となり、昭和61年度計画より建造開始した。なお上記の通り31中防で計画されていた3,900トン型は、当初はDEとすることも検討されていたが、結局は艦種たるFFMとして建造された。 艦級一覧 初代あさひ型米海軍キャノン級護衛駆逐艦貸与) 「あけぼのいかづち型 「わかば」(旧海軍改丁)型駆逐艦」) いすず型(34/35DE) ちくご型(42-48DE) 「いしかり」(52DE) ゆうばり型(54/55DE) あぶくま型61-01DE) 「はつひ」。アメリカ海軍アザートン」の後身である。 あぶくま型あぶくま

※この「DE」の解説は、「護衛艦」の解説の一部です。
「DE」を含む「護衛艦」の記事については、「護衛艦」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「de」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「DE」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



deと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「de」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「de」の関連用語

deのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



deのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDE (改訂履歴)、.de (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのザ・ゴール2 (改訂履歴)、タロットマスター (改訂履歴)、護衛艦 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS