.esとは? わかりやすく解説

es

別表記:エス

「es」の意味・「es」とは

「es」は、英語の単語であり、主に「あなたは」を意味するスペイン語単語である。また、英語では三人称単数現在形動詞につける語尾としても使用される例えば、"he runs"の「runs」のように、「run」に「es」が付けられるこのように、「es」は言語によってその意味用途異なる。

「es」の発音・読み方

「es」の発音は、言語文脈により異なる。スペイン語では「エス」、英語ではイズ」または「ズ」(動詞語尾としての場合)と発音される例えば、英語の"he runs"では、「runs」の「es」は「ズ」と発音する発音によって意味や品詞が変わる単語はないため、特に注意必要ない。

「es」の定義を英語で解説

「es」は、スペイン語では"you are"を意味し英語では主に三人称単数現在形動詞語尾として使用される例えば、"he runs"の「runs」のように、「run」に「es」が付けられるこのように、「es」は言語によってその定義が異なる。

「es」の類語

「es」の類語としては、スペイン語では「eres」(あなたは)、英語では「s」(三人称単数現在形動詞語尾)がある。これらはそれぞれ「es」の意味用途似ているが、使用する文脈ニュアンス異なるので注意が必要である。

「es」に関連する用語・表現

「es」に関連する用語表現としては、スペイン語では「tu」(あなた)、英語では「he/she/it」(彼/彼女/それ)がある。これらはそれぞれ「es」が使用される文脈において頻繁に登場する単語である。

「es」の例文

以下に、「es」を使用した例文10個示す。 1.語例文(日本語訳):"He runs every morning."(彼は毎朝走る。)
2. スペイン語例文日本語訳):"Tu es inteligente."(あなたは賢い。)
3. 英語例文(日本語訳):"She loves cats."(彼女は猫が好きだ。)
4. スペイン語例文日本語訳):"Es importante."(それは重要だ。)
5. 英語例文(日本語訳):"It rains often in Seattle."(シアトルではよく雨が降る。)
6. スペイン語例文日本語訳):"Es mi coche."(それは私の車だ。)
7. 英語例文(日本語訳):"He studies hard."(彼は一生懸命勉強する。)
8. スペイン語例文日本語訳):"Es la verdad."(それは真実だ。)
9. 英語例文(日本語訳):"She cooks well."(彼女は上手に料理する。)
10. スペイン語例文日本語訳):"Es un buen amigo."(彼は良い友人だ。)

ES

読み方:イーエス・エス

「ES」とは、エントリーシート従業員満足度など様々な略語意味する表現

「ES」とは・「ES」の意味

「ES」とは、「Employee Satisfaction」の略称で、福利厚生マネジメント職場環境などについて従業員満足度を表す指標を指すビジネス用語である。「社員満足度」ともいう。少子高齢化に伴う労働力人口減少懸念される近年において従業員満足度重視する企業増加している。従業員満足度の高い職場離職率低く従業員生産性顧客対応へのモチベーションが高い傾向にある。従業員満足度は、CS略される顧客満足度(Customer Satisfaction)に対比する概念で、一般的に顧客満足度高めることと「ES」は深い関りがあるとされている。社員満足度高めるためには、労働条件見直し職場環境整えるなどの待遇改善することが必要とされ、働き方改革実行する上で重要な要素である。

「ES」とは、エントリーシートEntry Sheet)の略称でもある。エントリーシートという言葉は、英語にはなく日本語申込書意味する和製英語である。エントリーシートとは、イベントなど参加する時に主催者用意した応募用紙申込書参加希望する旨や必要事項等を記入し主催者提出するもの。スポーツ各種競技大会イベントなどへの参加申込書のことを指す。

また、就職活動において学生就職希望する人が企業提出する応募書類エントリーシートという。企業側が独自のエントリーシート用意している場合もある。就活におけるエントリーシートは、自分自身人柄企業アピールするものであり、課外活動大学学んだことなどを記入するもので、主に採用選考用いられる履歴書は、個人情報経歴スキル記載する書類であり、エントリーシート就職希望者の「人となり」をみるためという違いがある。

情報処理に関する国家試験のひとつであるエンベデッドシステムスペシャリスト試験Embedded Systems Specialist Examination)も「ES」という。エンベデッドシステムスペシャリスト試験は、独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センター実施している試験で、エンデベットシステムの運用構築設計といった専門知識技術有する者を対象としている。情報処理技術者試験センター試験におけるスキルレベル4に相当する組み込みシステム開発基盤構築や、組み込みシステム設計・製造主導する能力備えていることが認定される試験である。

音楽用語では、「ES」は、ドイツ音名を表す。吹奏楽は、譜面上に表記されている音と実際に楽器から出る音が違う移調楽器混在しているため、楽器に応じてドイツ音名用いられるドイツ音名は、♯が付くと元の音名に「is」、♭が付くと元の音名に「es」を付けるが、例外としてミbを「Es(エス)」、ラbを「As(アス)」、シbを「B(ベー)」と読む。ドを吹くと「ミ♭」が出るアルトクラリネットバリトンサックスなどの管楽器をEs管と呼ぶ。

心理学で使う「ES」は、精神分析者でもあるフロイト提唱した心理学用語。「ES(エス)」とは本能的衝動的欲求指しイドid)ともいう。フロイトは、人間の心の構造には「自我」、「超自我」、「エス」の3つの領域があり、人間精神はこれら3つの相互作用成り立っていると捉えた

「ES」は、建築用語電気用のブレーカー警報装置などの盤、機器納めるためのスペースを指す。

IT用語では「エキスパートシステム(expert system)」のことを頭文字から「ES」という。日本語訳では専門家システム特定分野専門知識体系化してコンピューター記憶させ、推論問題解決自動行わせるシステムで、人工知能(AI)の応用例のひとつである。

看護医療用語では、前頭葉上の皮膚電極をあて頭部通電し、人為的にけいれん発作誘発する治療法を「電気けいれん療法」という。「電気けいれん療法」は、ECTelectroconvulsive therapy)、電撃療法EST)、電気ショック療法とも呼ばれ電気ショック療法英語表記Electric Shock」から「ES」と略される

「ES」の読み方

従業員満足度エントリーシート試験などの英語表記の略である場合は「イーエス」、心理学ドイツ音名場合は「エス」と読む。

イー‐エス【ES】

読み方:いーえす

expert system》⇒エキスパートシステム


イー‐エス【ES】

読み方:いーえす

《(和)entrysheet》⇒エントリーシート


イー‐エス【ES】


従業員満足(ES)

従業員満足(ES)とは? 従業員満足(ES:employee satisfaction)とは、顧客満足CScustomer satisfaction)に対比される概念で、企業内で就労する従業員業務内容職場環境人間関係など対す満足度のことをいいます

ES


ES

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

アインスタイニウム


アインスタイニウム


物質名
アインスタイニウム
英語名
Einsteinium
元素記号
Es
原子番号
99
分子量
252
発見
1954年


Es

名前 エス

.es

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/12 18:37 UTC 版)

.esスペイン国別コードトップレベルドメイン(ccTLD)。スペインのネットワークインフォメーションセンターが管理している。






「.es」の続きの解説一覧

E'S

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/19 14:11 UTC 版)

E'S』(エス)は、結賀さとるによる日本漫画作品。また、それを原作としたドラマCDテレビアニメ作品である。『月刊Gファンタジー』(スクウェア・エニックス)にて1997年1、2月号で前後編構成の読切版を経て、同年5月から2009年8月号まで連載された。2010年現在、同誌の最長連載作である。







ES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/03/07 22:32 UTC 版)

ESEses(イーエス、エス)




「ES」の続きの解説一覧

ES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/23 05:15 UTC 版)

ソニーのMDメディア製品一覧」の記事における「ES」の解説

同社の高級オーディオシリーズの名称である「ES」を冠したモデル。高比重帯電防止のホワイトカートリッジを採用

※この「ES」の解説は、「ソニーのMDメディア製品一覧」の解説の一部です。
「ES」を含む「ソニーのMDメディア製品一覧」の記事については、「ソニーのMDメディア製品一覧」の概要を参照ください。


Es(エス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/04/13 06:23 UTC 版)

幼年期の終わり (TRPGリプレイ)」の記事における「Es(エス)」の解説

デュナミスによって人工的に作られ裁定者万が一世界結界破壊されたときにその事実ごとリセットすることを目的として作られた。そのため普段はその存在封印されている。封印方法はEsに仮想人格植え付け裁定者である自覚をなくすことであり、そうして生み出され仮想人格が「鹿島はるみ」である。

※この「Es(エス)」の解説は、「幼年期の終わり (TRPGリプレイ)」の解説の一部です。
「Es(エス)」を含む「幼年期の終わり (TRPGリプレイ)」の記事については、「幼年期の終わり (TRPGリプレイ)」の概要を参照ください。


E・S(エネルギー・ステロイド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 06:07 UTC 版)

ONE PIECEの用語一覧」の記事における「E・S(エネルギー・ステロイド)」の解説

玉手箱中身である伝説丸薬で、新魚人海賊団使用する「凶」。ホーディが玉手箱から盗み出しゼオによって大量に複製された。1粒飲めば2倍、2粒でさらに倍の腕力を得ることができ、体力回復可能。過剰に摂取する肉体覚醒する時の発作かなりの苦痛を伴うものの、体格変化し一時的にパワー大幅に増す。また、ホーディ達は覚醒後は目が赤くなり、より凶暴化していた。一時の力と引き換え寿命縮めてしまう代償があるため、摂取しすぎた者は老人になってしまう。

※この「E・S(エネルギー・ステロイド)」の解説は、「ONE PIECEの用語一覧」の解説の一部です。
「E・S(エネルギー・ステロイド)」を含む「ONE PIECEの用語一覧」の記事については、「ONE PIECEの用語一覧」の概要を参照ください。


es

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/04 01:56 UTC 版)

rc (シェル)」の記事における「es」の解説

es("extensible shell")は、ラキツィスとポール・ハウァーによって開発された、オープンソースコマンドラインインターフェースで、rcシェル影響受けたスクリプト言語構文利用している。esは、ラツキィスによるUNIXのためのrcクローンコードオリジナルベースにしている。 es(="extensible shell")は、UNIXシェルとして、完全な関数型プログラミング言語提供することを意図している。esの大部分開発1990年代初頭始まり1993年冬のサンディエゴにおけるUSENIX会議において紹介された後、公式のリリース1997年の0.9-beta-1以後やめられた。また、esは、zshbashなどのポピュラーシェル比べて機能欠けている。

※この「es」の解説は、「rc (シェル)」の解説の一部です。
「es」を含む「rc (シェル)」の記事については、「rc (シェル)」の概要を参照ください。


es

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 08:21 UTC 版)

征矢学」の記事における「es」の解説

2010年9月10日、同じ新世代軍メンバーである諏訪魔河野組との試合において、不甲斐無さ野次が飛ぶという現象発生。この試合後、征矢は「新世代軍メンバーとは組むよりも闘って行きたい」と、事実上ユニット解散要求。それに諏訪魔河野真田同調し解散した以後は、真田とのタッグチーム「es」として活動台湾興行挑戦者河野&稔組を下し初防衛成功したが、暮れ世界最強タッグ公式戦で、ワイルドカード菊地毅&本田多聞組に惨敗し優勝逃したその事征矢菊地トラウマになった語っていたが、年明け2011年1月3日王座戦組まれ十八番のパーフェクトデスバレーボムで王座を守ると同時にトラウマ払拭した。 また、実弟征矢匠デビュー戦相手もつとめ、「しょうがないからデビューおめでとうと言っといてやる」と弟のデビュー喜んだ

※この「es」の解説は、「征矢学」の解説の一部です。
「es」を含む「征矢学」の記事については、「征矢学」の概要を参照ください。


es

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/16 08:40 UTC 版)

スバル・ヴィヴィオ」の記事における「es」の解説

5ドア最上級モデルex加えてブロンズガラスチルトステアリング、後席ヘッドレスト、フルトリム内装運転席ハイトアジャスターが付くが、SRSエアバッグメーカーオプション

※この「es」の解説は、「スバル・ヴィヴィオ」の解説の一部です。
「es」を含む「スバル・ヴィヴィオ」の記事については、「スバル・ヴィヴィオ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.es」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ES」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



.esと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.es」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.esのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
マインズマインズ
COPYRIGHT © MINDS CO., LTD. ALL RIGHT RESERVED.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2024 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー人事コンサルティングのアクティブ アンド カンパニー
Copyright© 2024 Active and Company Ltd. All rights reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.es (改訂履歴)、E'S (改訂履歴)、ES (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのソニーのMDメディア製品一覧 (改訂履歴)、幼年期の終わり (TRPGリプレイ) (改訂履歴)、ONE PIECEの用語一覧 (改訂履歴)、rc (シェル) (改訂履歴)、征矢学 (改訂履歴)、スバル・ヴィヴィオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS