.tdとは? わかりやすく解説

ティー‐ディー【TD】

読み方:てぃーでぃー

touchdown》⇒タッチダウン


ティー‐ディー【TD】

読み方:てぃーでぃー

technical director》⇒テクニカルディレクター


<td> 〜 </td> テーブルセル

HTML仕様 : HTML4.01Strict

属性機能と値   DTD ※
headers 参照ID: データセルに対応するヘッダセルを指定する
scope 範囲: ヘッダセルのヘッダ情報該当するセル範囲指定する
  row これ以降の行(横方向)に適用
  col これ以降の列(縦方向)に適用
  rowgroup これ以降の行(横方向)のグループ適用
  colgroup これ以降の列(縦方向)のグループ適用
abbr テキストセル内容省略した短い形で記述する
axis 文字列セルカテゴリー名を記述する
rowspan 数字指定された数の下方向セル1つセル結合する
colspan = 文字列指定された数の右方向セル1つセル結合する
align 位置セル含まれるデータの行揃え指定する
  center 中央揃え
  left 左揃えデフォルト値
  right 右揃え
  justify 両端揃え
  char 位置揃えの文字
valign 位置セル含まれるデータ垂直方向位置指定する
  top
  middle 中央デフォルト値
  bottom
  baseline 1行目のベースライン揃え
char 任意の1文字align属性での位置揃え文字指定する
charoff ピクセルまたは%: セル端から位置揃え文字までの距離を指定する
nowrap 属性値なし: セル内容自動改行しない
width ピクセルまたは%: セル横幅指定する
height ピクセルまたは%: セルの高さを指定する
bgcolor 色: セル背景色指定する
汎用属性 idclasslangtitlestyle属性など
※ DTD表記
◎: HTML4.01Strictで定義されている必須の属性と値
○: HTML4.01Strictで定義されている属性と値
▽: HTML4.01Transitionalの属性と値(非推奨

.td

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/13 22:13 UTC 版)

.td国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、チャドに割り当てられているドメインである[1]。tdの綴り字はフランス語の綴り"Tchad"に由来している。




  1. ^ IANA .td whois information(英語),2011-02-09閲覧。


「.td」の続きの解説一覧

TD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 15:57 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

TD

td

  • 非SI接頭辞 トレクト(trekto)(10-39) (ジム・ブロワーズ(Jim Blowers)の提案)


TD(シンクディフェンダー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/06 05:40 UTC 版)

インフィニティブレード」の記事における「TD(シンクディフェンダー)」の解説

魔法生物とも呼ばれる防御型兵器で、装着者の防御力向上させる

※この「TD(シンクディフェンダー)」の解説は、「インフィニティブレード」の解説の一部です。
「TD(シンクディフェンダー)」を含む「インフィニティブレード」の記事については、「インフィニティブレード」の概要を参照ください。


TD(ウィニー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/04 15:00 UTC 版)

2004年の台風」の記事における「TD(ウィニー)」の解説

詳細は「トロピカル・デプレッション・ウィニー(英語版)」を参照 フィリピン大きな被害出し、1,593人もの犠牲者出した

※この「TD(ウィニー)」の解説は、「2004年の台風」の解説の一部です。
「TD(ウィニー)」を含む「2004年の台風」の記事については、「2004年の台風」の概要を参照ください。


TD(ゴーリン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 09:56 UTC 版)

2019年の台風」の記事における「TD(ゴーリン)」の解説

台風5号フィリピンルソン島接近し台風一部熱帯擾乱として分離7月17日21時ルソン島西の南シナ海熱帯低気圧形成した合同台風警報センターJTWC)は18日11時30分協定世界時18日2時30分)に熱帯低気圧形成警報(TCFA)を発したが、19日11時30分協定世界時19日2時30分)にはTCFAを取り消した19日12時フィリピン標準時19日11時)に、フィリピン大気地球物理天文局PAGASA)はフィリピンゴーリンGoring)と命名した熱帯低気圧北上して台湾付近に接近し19日21時消滅した

※この「TD(ゴーリン)」の解説は、「2019年の台風」の解説の一部です。
「TD(ゴーリン)」を含む「2019年の台風」の記事については、「2019年の台風」の概要を参照ください。


TD(マリリン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 09:56 UTC 版)

2019年の台風」の記事における「TD(マリリン)」の解説

9月8日頃にマリアナ諸島近海形成始まった低圧部が、10日15時熱帯低気圧発達11日3時気象庁24時間以内台風発達するとの見込み熱帯低気圧情報発表し12日にはフィリピン大気地球物理天文局PAGASA)の監視エリア進入したため、フィリピンマリリンMarilyn)と命名された。合同台風警報センターJTWC)も13日18時30分協定世界時13日9時30分)に熱帯形成警報(TCFA)を発したが、同日21時には気象庁熱帯低気圧情報取り消しJTWCその後TCFAを取り消したマリリン14日には低圧部降格した

※この「TD(マリリン)」の解説は、「2019年の台風」の解説の一部です。
「TD(マリリン)」を含む「2019年の台風」の記事については、「2019年の台風」の概要を参照ください。


TD(ナンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 19:06 UTC 版)

2021年の台風」の記事における「TD(ナンド)」の解説

10月7日午前9時に、気象庁は、熱帯低気圧マリンその後台風18号)と同じモンスーンにあったパラオの北に発達した熱帯低気圧監視開始した。そして、モンスーンフィリピン観測範囲内移動するにつれてPAGASA勧告出し始め地元の名前ナンド割り当てた翌日までに、気象庁は、その後台風18号コンパスとなったマリンとの合併開始した後、システム追跡停止したPAGASAは、10月9日システムに関する最終報告発行したJTWCは、マリンナンドを含むモンスーンへの2つ投資に対して別々のTCFAを発行した2つ合併すると、JTWCは Invest93WのTCFAをキャンセルし、すぐにシステム全体に対して1つ熱帯低気圧として、熱帯低気圧警報発し始めました

※この「TD(ナンド)」の解説は、「2021年の台風」の解説の一部です。
「TD(ナンド)」を含む「2021年の台風」の記事については、「2021年の台風」の概要を参照ください。


TD(アンボ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/05 15:15 UTC 版)

2016年の台風」の記事における「TD(アンボ)」の解説

6月23日パラオ近海形成始まった大気変動について、合同台風警報センターJTWC)は監視開始し気象庁24日9時協定世界時24日0時)には低気圧へと成長したとして観測開始低気圧には25日低気圧番号97Wが割り振られた。 97Wはフィリピン接近しながら次第勢力強めJTWC26日9時協定世界時26日0時)にTCFA(熱帯低気圧形成警報)を発し気象庁同時刻熱帯低気圧に格上げした。フィリピン大気地球物理天文局(PAGASA)は現地時間同日11時30分協定世界時3時30分)にフィリピン名アンボ(Ambo)と命名し監視開始17時にはルソン島各地に対してシグナル1を発令した熱帯低気圧26日夜にルソン島上陸したのち南シナ海へと抜けPAGASA上陸後に低気圧へと弱体化したとして27日2時協定世界時26日18時)に観測終了気象庁では27日21時まで観測継続していた。熱帯低気圧20ノット程の速度南シナ海進み28日9時頃に華南上陸した後、同日夜に消滅した

※この「TD(アンボ)」の解説は、「2016年の台風」の解説の一部です。
「TD(アンボ)」を含む「2016年の台風」の記事については、「2016年の台風」の概要を参照ください。


TD(ビシン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 19:02 UTC 版)

2017年の台風」の記事における「TD(ビシン)」の解説

2月1日頃にカロリン諸島ヤップ島近海形成始まった低圧部が、3日15時協定世界時3日6時)に熱帯低気圧昇格したフィリピン大気地球物理天文局PAGASA)は現地時間3日17時協定世界時3日9時)にフィリピンビシン(Bising)を命名したフィリピンの東海上停滞したビシンは、8日9時低圧部降格した

※この「TD(ビシン)」の解説は、「2017年の台風」の解説の一部です。
「TD(ビシン)」を含む「2017年の台風」の記事については、「2017年の台風」の概要を参照ください。


TD(カリーナ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:22 UTC 版)

2020年の台風」の記事における「TD(カリーナ)」の解説

7月11日15時フィリピンの東低圧部が解析された。低圧部同日21時熱帯低気圧昇格したPAGASAは、この熱帯低気圧フィリピン名「カリーナCarina)」と命名した沖縄付近に太平洋高気圧張り出していたため、熱帯低気圧西に進んで台湾にかなり接近した台風の勢力にまでは発達せず、15日消滅した

※この「TD(カリーナ)」の解説は、「2020年の台風」の解説の一部です。
「TD(カリーナ)」を含む「2020年の台風」の記事については、「2020年の台風」の概要を参照ください。


TD(オフェル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 23:22 UTC 版)

2020年の台風」の記事における「TD(オフェル)」の解説

10月13日9時熱帯低気圧発生フィリピン大気地球物理天文局PAGASA)は10月13日14時フィリピン名「オフェル(Ofel)」と命名した熱帯低気圧はほとんど発達せず、10月16日21時消滅した

※この「TD(オフェル)」の解説は、「2020年の台風」の解説の一部です。
「TD(オフェル)」を含む「2020年の台風」の記事については、「2020年の台風」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「.td」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「TD」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「.td」に関係したコラム

  • FXやCFDのTD REIとは

    FXやCFDのTD REI(Tom DeMark Range Expansion Index)とは、過去の高値と安値から売られ過ぎや買われ過ぎを調べるためのテクニカル指標のことです。TD REIは、-...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

.tdのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.tdのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
拡張子辞典拡張子辞典
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ.$tdの記事を利用しております。
WEB for beginnerWEB for beginner
Copyright (C) 2002~2022 banban@scollabo.com
JOGMECJOGMEC
Global Disclaimer(免責事項)
本資料は石油天然ガス・金属鉱物資源機構(以下「機構」)石油・天然ガス調査グループが信頼できると判断した各種資料に基づいて作成されていますが、 機構は本資料に含まれるデータおよび情報の正確性又は完全性を保証するものではありません。 また、本資料は読者への一般的な情報提供を目的としたものであり、何らかの投資等に関する特定のアドバイスの提供を目的としたものではありません。 したがって、機構は本資料に依拠して行われた投資等の結果については一切責任を負いません。 なお、本資料の図表類等を引用等する場合には、機構資料からの引用である旨を明示してくださいますようお願い申し上げます。
※Copyright (c) 2022 Japan Oil, Gas and Metals National Corporation. All Rights Reserved.
このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.td (改訂履歴)、TD (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのインフィニティブレード (改訂履歴)、2004年の台風 (改訂履歴)、2019年の台風 (改訂履歴)、2021年の台風 (改訂履歴)、2016年の台風 (改訂履歴)、2017年の台風 (改訂履歴)、2020年の台風 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS