タッチダウンとは? わかりやすく解説

タッチダウン【touchdown】

読み方:たっちだうん

[名](スル)

アメリカンフットボールで、相手エンドゾーンボール持ち込むこと。得点6点TD

ラグビーで、防御側のプレーヤー味方インゴールボール地面押さえること。自らインゴール持ち込んだ場合キャリーバックとなる。

飛行機の、短時間着陸接地宇宙探査機についても用いる。


グリホサートトリメシウム塩

分子式C3H9S C3H7NO5P
その他の名称タッチダウン、Touchdown、グリホサートトリメシウム塩、Glyphosate trimesium salt、SC-0224、トリメチルスルホニウム・N-(ホスホノメチル)グリシン、トリメチルスルホニウム・カルボキシメチルアミノメチルホスホン酸、アバンス330、Avans 330、ICIA-0224、メダロン、Medallon、オウラガン、Ouragan、スルホサート、Sulfosate、タッチダウン480Touchdown 480
体系名:N-(ホスホノメチル)グリシンアニオン・トリメチルスルホニウム


タッチダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/03 15:00 UTC 版)

タッチダウン: touchdown)は、アメリカンフットボールカナディアンフットボールの得点方法の一つである。ランプレイ、パスプレイ、キックオフ、パントリターン、その他ターンオーバーのリターンで、敵陣のエンドゾーンまでボールを運ぶことを言う。


  1. ^ a b ルール解説 - NFL JAPAN
  2. ^ a b c d e f g h Nelson, David M. (1994). The Anatomy of A Game. Newark, NJ: University of Delaware Press. ISBN 0-87413-455-2. 


「タッチダウン」の続きの解説一覧

タッチダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 10:08 UTC 版)

竹下幸之介」の記事における「タッチダウン」の解説

RKO同型初期の竹下フィニッシャー

※この「タッチダウン」の解説は、「竹下幸之介」の解説の一部です。
「タッチダウン」を含む「竹下幸之介」の記事については、「竹下幸之介」の概要を参照ください。


タッチダウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 05:49 UTC 版)

アメリカンフットボール」の記事における「タッチダウン」の解説

詳細は「タッチダウン」を参照 得点6点ランナーボールを持って敵陣エンドゾーンに入る、または、敵陣エンドゾーン内で味方からのパス捕球する。とにかく敵陣エンドゾーンまでボール運べ成立する。さらに、トライ権利与えられるラグビー異なりボール接地させる必要はないルール上、ゴールラインそのもの及びその上空はエンドゾーンであり、プレイ中に選手確保されているボールエンドゾーン一瞬でも接触すればタッチダウンが認められることになる。そのため、選手の体のほとんどはエンドゾーン外にあるが、ボール持った手だけがエンドゾーン入ってタッチダウンというシーン見受けられる

※この「タッチダウン」の解説は、「アメリカンフットボール」の解説の一部です。
「タッチダウン」を含む「アメリカンフットボール」の記事については、「アメリカンフットボール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「タッチダウン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「タッチダウン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

タッチダウンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タッチダウンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタッチダウン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの竹下幸之介 (改訂履歴)、アメリカンフットボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS