the firstとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > the firstの意味・解説 

THE FIRST

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/02/21 14:30 UTC 版)

THE FIRST(ザ・ファースト)は、BMSG企画・SKY-HI主催のボーイズグループオーディションである。最終メンバー7人はグループ「BE:FIRST」として2021年11月3日にデビューした[1]


注釈

  1. ^ 当日は新型コロナウイルスの影響で出演できず、VTRでコメント出演した。

出典

  1. ^ “「THE FIRST」デビューメンバー7人が決定!グループ名は『BE:FIRST』”. モデルプレス. WEBザテレビジョン. (2021年8月13日). https://mdpr.jp/music/detail/2718069 2021年8月13日閲覧。 
  2. ^ 日本の芸能界の「暗黙のルール」に危機感。ラッパーSKY-HIが自腹で1億円かけた次世代発掘”. HuffPost Japan (2021年5月11日). 2021年8月13日閲覧。
  3. ^ 「日本のボーイズグループにはまだまだ勝算がある」 SKY-HIが1億超自腹切った『THE FIRST』に込める野望”. マイナビニュース (2021年5月3日). 2021年8月5日閲覧。
  4. ^ “「AAA」日高光啓 ボーイズグループをプロデュース”. Sponichi Annex (株式会社スポーツニッポン新聞社). (2020年9月27日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/09/27/kiji/20200926s00041000556000c.html 2022年7月17日閲覧。 
  5. ^ BE:FIRSTがNiziUやJO1をしのぐ期待を集める理由 - FRIDAY
  6. ^ 合宿審査がスタート。SKY-HI「人生を懸けてくれた参加者のために」【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#8】 - クイックジャパンウェブ
  7. ^ 『THE FIRST』デビューメンバー発表 当初予定の5人から7人で「BE:FIRST」結成”. マイナビニュース (2021年8月13日). 2021年8月5日閲覧。
  8. ^ SKY-HI『SKY-HI、「THE FIRST」の最終審査は『卒業制作そのもの』<インタビュー>』(インタビュアー:玉置晴子)、WEBザテレビジョン、2021年8月11日https://thetv.jp/news/detail/1045680/amp/2021年8月14日閲覧 
  9. ^ a b “「THE FIRST」未公開映像集&ドキュメンタリー番組、Huluで配信決定”. モデルプレス (株式会社ネットネイティブ). (2021年8月11日). https://mdpr.jp/news/amp/2718349 2021年8月12日閲覧。 
  10. ^ “SKY-HI自腹1億円出資オーディション『THEFIRST』をHuluで配信開始 最終メンバーは5人予定”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2021年4月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2189239/amp/ 2021年8月16日閲覧。 
  11. ^ 才能を「消費されない」アーティストを育成。スッキリで話題「THE FIRST」の独自のオーディション哲学”. HuffPost Japan (2021年8月13日). 2021年8月13日閲覧。
  12. ^ SKY-HIが1億円出資 7人組ボーイズグループメンバー決定
  13. ^ 【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#2】SKY-HI「“○○らしくない”に苦しめられた」からこそ貫く信念
  14. ^ 【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#3】SKY-HIが順位を決めた30名の審査がスタート
  15. ^ グループ審査がスタート。求められるのは“アーティシズム”【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#4】
  16. ^ 合宿審査がスタート。SKY-HI「人生を懸けてくれた参加者のために」【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#8】
  17. ^ 「輝かされるのではなく自らが輝く」SKY-HIが求めるネクストレベル【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#13】
  18. ^ 11人のパフォーマンスと対峙するSKY-HI「人生の集大成を掲げる日になった」【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#16】
  19. ^ 合宿を終えてボーイズに感謝を伝えるSKY-HI「お互いに最高の人生を送りましょう」【『THE FIRST -BMSG Audition 2021-』レポート#18.5】
  20. ^ SKY-HI手掛ける「THE FIRST」全審査が終了 涙で過去告白・脱落メンバーへの想いも【ファイナリストプロフィール/これまでの順位】
  21. ^ VERMUDA(バミューダ)日本公式Twitter, 2018年10月25日
  22. ^ CollectionFive carD公式サイト
  23. ^ 本人twitter
  24. ^ “SKY-HI、自身の人生とオーディション参加への思い込めた「THE FIRST」テーマソング配信”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年4月19日). https://natalie.mu/music/news/425093 2021年7月29日閲覧。 
  25. ^ “SKY-HIがクラウドファンディングを開始「THE FIRSTから羽ばたく皆にもう1億円をかけたい!」”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2021年9月23日). https://natalie.mu/music/news/446369 2021年9月24日閲覧。 
  26. ^ “SKY-HIクラファン 4時間強で目標2倍の2億円突破「皆様本当にありがとうございます泣」”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2021年9月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2207964/amp/ 2021年9月24日閲覧。 
  27. ^ “SKY-HI、クラファン4.5億円達成に感謝「とにかく、頑張ります!」”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2021年10月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2212226/amp/ 2021年11月3日閲覧。 
  28. ^ “『THE FIRST』卒業式ライブ SKY-HI「何回生まれ直しても君たちと出会いたい」”. ORICON NEWS (オリコン株式会社). (2022年2月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2223428/full/ 2022年2月23日閲覧。 
  29. ^ “SKY-HI 「THE FIRST」に最後の祭りが必要だった理由”. NIKKEI STYLE. (2022年1月26日). https://style.nikkei.com/article/DGXZQOUC244MT0U2A120C2000000/ 2022年2月23日閲覧。 
  30. ^ “BE:FIRST、SKY-HIら出演「THE FIRST FINAL」Huluストアで独占配信決定”. 音楽ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年1月26日). https://natalie.mu/music/news/463143 2022年2月23日閲覧。 
  31. ^ 織戸俊輔/chameleon [@shnsk0130] (2022年6月4日). "2022.06.05 0:00
    chameleon
    1st EP 『Lane of Life』"
    . X(旧Twitter)より2022年7月3日閲覧
  32. ^ Xion_ YouTube2021年6月29日



「THE FIRST」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

the firstのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



the firstのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTHE FIRST (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS