八面六臂とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 身体 > 顔・面 > 八面六臂の意味・解説 

八面六臂

読み方:はちめんろっぴ

八面六臂とは、八面六臂の意味

八面六臂とは、多方面際立った活躍をすること、また、一人何人分もの活躍をすることという意味のこと。英語では、多芸性や多才の、などを表す versatile や、ある分野で非常に積極的であるという意味の very active in many fields として表現される。

八面六臂の語の由来は、三つの顔と六本の腕をもつ三面六臂仏像からである。語源は、あらゆる方面を指す「八面」と、六本の腕という意味の「六臂」から成っている。

八面六臂の「面」は顔、「臂」はひじや腕を意味しており、元々は、三つの顔持ち、六本の腕を持つ仏像イメージして、多方面で力を発揮する意味で三面六臂と言っていた。実際に八つの顔を持つ仏像存在しないが、「八面」があらゆる方面を表していることから、多方面の意味を強めるために、三面六臂から八面六臂に転じた。

八面六臂の類語

八面六臂の類語として、三面六臂縦横無尽が挙げられる。三面六臂は、八面六臂の元になった言葉であり、一人何人分もの働きをするという意味を持っている縦横無尽は、思う存分自由自在物事を行うという意味を持つ。

八面六臂の例文、使い方

例文として、「八面六臂の活躍をする」や、「八面六臂の大物になる」など、大物になる、素晴らし活躍をしているという使い方をする。優秀で能力のある、尊敬できる人に対して褒め言葉として使う言葉である。

はちめん‐ろっぴ〔‐ロクヒ〕【八面六×臂】

仏像などが八つの顔と六つの腕をもつこと。

あらゆる方面めざましい働きを示すこと。「八面六臂の働き


八面六臂

読み方:ハチメンロッピ(hachimenroppi)

一人数人分の働きをすること


はちめんろっぴ 【八面六臂】

仏教語。八つの顔と六つの臂(腕)をいい、仏像中にそのようなのがある。仏・菩薩衆生を救うため幾体分もの働きをするのを意味するが、人が大活躍するのにも転用していう。三面六臂なども同じ。



八面六臂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「八面六臂」の関連用語

八面六臂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



八面六臂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS