思う存分とは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(思量) > 思う存分の意味・解説 

おもう‐ぞんぶん〔おもふ‐〕【思う存分】

[副]満足がいくまで。思いきり。「思う存分(に)遊びたい」「思う存分の働き


おもう‐ぞんぶん おもふ‥ 【思存分】

〔副〕 (「に」「の」を伴う場合もある) 期待したことの可能な限り思うまま満足のいくまで。十分に。おもいぞんぶん

咄本・八行整版本昨日は今日の物語(1624‐34頃)「道に黄金おびたたし落ち御座候ほどに〈略〉おもふぞんぶんにひろひ申、帰る所へ」


思う存分

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 01:07 UTC 版)

副詞

存分おもうぞんぶん

  1. 満足するまで十分に。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「思う存分」の関連用語

思う存分のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



思う存分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの思う存分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS