オリコンチャートとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > オリコンチャートの意味・解説 

オリコンチャート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/04 14:46 UTC 版)

オリコンチャートは、オリコングループのデータサービス事業会社であるオリコンリサーチ株式会社が発表する音楽映像ソフトなどの売り上げを集計したランキング。




注釈

  1. ^ なお、1月第1週から12月第4週を集計期間として集計し直した年間チャートを掲載するメディアもあった。
  2. ^ 正式スタート以前の実験的なチャートを含めると10週連続1位(1967年11月16日付 - 。コンフィデンス創刊500号記念特集による)。
  3. ^ 年始初週のため第1・2週目(1月6日付 - 13日付)が合算。
  4. ^ 1992年、2008年発売のCD盤との合算
  5. ^ 2005年発売の12cm盤との合算
  6. ^ 1999年発売のCD盤との合算
  7. ^ 8cm盤と12cm盤の合算
  8. ^ ただし、役名名義の"Kaoru Amane"、設定上別人とされている"ERIKA#名義による。
  9. ^ ただし前週21位以下からの浮上曲も含むため、トップ20すべてが初登場というわけではない。
  10. ^ 2017年に最高1位を記録しているが、2018年の集計期間内では最高2位である。

出典

  1. ^ a b c 佐野眞一『業界紙諸君!』筑摩書房ちくま文庫)、2000年、174-175頁。ISBN 4-480-03533-8
  2. ^ http://www.oricon.co.jp/rank/index2.html
  3. ^ 音楽チャート誌「オリコン」創刊30年 ヒット曲に歴史あり読売新聞、1997年5月24日東京夕刊、芸能面。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  4. ^ 音楽の新常識20 ヒットチャート、『日経エンタテインメント!』1999年6月号より。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  5. ^ JASRAC寄付講座 コンテンツ産業論I 垂石克哉立命館大学、2006年4月22日。
  6. ^ 【オリコンうがや訴訟9】ソニーME元社長が証言 オリコンのチャート操作、働きかけ日常化、livedoorニュース(提供:MyNewsJapan)、2007年11月28日。
  7. ^ 2009年実績でフル配信(インターネットシングルトラック+モバイルシングルトラック(着うたフル))の件数185百万件余に対し、シングルCDの総生産件数は45百万件弱にとどまり、前者の1/4程度となった。金額ベースではフル配信(同)559億円余に対し、シングルCDの総生産金額は340億円余にとどまり、前者の6割程度となった。pdfファイル「日本のレコード産業2010年度版」(日本レコード協会[1]
  8. ^ 一例として、2008年のオリコン年間1位は「truth/風の向こうへ」であったが、(着うたフル・PC配信・シングルCD)という概数で比較すれば、同年の「キセキ」「そばにいるね」は(200万・50万・50万)であり、「truth/風の向こうへ」の(0万・0万・60万)を大きく上回る。また2009年には「Butterfly」が(100万・50万・0万)の大ヒットであったが、配信限定のためオリコンでは全く登場せず、チャート上いっさい捉えることができなかった。
  9. ^ http://news.livedoor.com/article/detail/10205970/
  10. ^ 遥か」「ふたつの唇」「明日がくるなら」「春夏秋冬」「Butterfly」の5曲。
  11. ^ The Natsu Style「CD不況深刻化…2700枚台でオリコンシングル20位、100位はワーストの523枚」” (2010年4月19日). 2010年4月19日閲覧。
  12. ^ ALL About専門家ニュース「こんなに減った…ヒットチャートの現状」” (2010年3月17日). 2010年3月17日閲覧。
  13. ^ オリコンがランキング改革 CD売り上げでは流行追えず,朝日新聞デジタル,2018年1月30日
  14. ^ https://www.oricon.jp/files/2018/08/20180829.pdf
  15. ^ 『オリコン年鑑2001別冊 オリコン・チャート・データ2000』136頁。
  16. ^ 『オリコン年鑑2001別冊 オリコン・チャート・データ2000』137頁。
  17. ^ オリコン 新ランキング発表 アルバムDL数を集計…初回首位は宇多田ヒカル、ORICON STYLE、2016年11月9日 12:07。
  18. ^ オリコン、音楽BD/音楽DVDの週間売上は合算してランキングを一本化! 声優BDも一般アーティストと同じ土俵での戦いに,アキバ総研,2013年10月9日
  19. ^ https://biz.oricon.co.jp/info/information_20150128.pdf
  20. ^ https://www.oricon.jp/files/2017/01/20170120_2.pdf
  21. ^ https://www.oricon.jp/files/2017/09/2017090801.pdf
  22. ^ 小池聡行、オリコン・ウィークリー編集部『小池聡行のオリコンデータ私書箱』オリジナルコンフィデンス、1991年、23頁。ISBN 4871310272
  23. ^ 【オリコン】AKB48、35作連続1位&30作目ミリオン CD総売上5000万枚突破 オリコン 2017年6月14日閲覧
  24. ^ AKB48のCD総売上枚数が5129万枚で女性歴代最多に…浜崎あゆみを抜いて スポーツ報知 2017年12月11日閲覧
  25. ^ https://www.oricon.co.jp/news/2152635/full/
  26. ^ https://www.sanspo.com/geino/news/20190507/akb19050704000005-n1.html
  27. ^ https://hochi.news/articles/20190506-OHT1T50197.html
  28. ^ https://www.oricon.co.jp/news/2134754/full/
  29. ^ https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/07/0012307384.shtml
  30. ^ 西城秀樹さんがオリコン新記録…ベスト盤で40年10か月ぶりトップ10,スポーツ報知,2018年6月8日
  31. ^ 森口博子、「ガンダム」カバーで28年2ヶ月ぶりのTOP10入り 「80代まで歌い続けたい」,ORICON NEWS,2019年8月16日
  32. ^ 【オリコン】『けもフレ』キャラソン&サントラAL、アニメ初の1・2位独占,ORICON NEWS,2017年6月13日
  33. ^ “嵐「怪物くん」主題歌「Monster」初登場1位。1週目で54万枚”. 日テレNEWS24 (日本テレビ放送網). (2010年5月25日). http://news24.jp/entertainment/news/1612063.html 2010年5月25日閲覧。 
  34. ^ 【オリコン】ビートルズ『1』15年ぶり1位 史上初の快挙も達成,ORICON STYLE,2015年11月10日
  35. ^ a b c 米津玄師「馬と鹿」が「Lemon」に続き歴代売上2位に デジタルシングル歴代1・2位独占【オリコンランキング】 オリコン 2019年11月5日配信, 2019年11月10日閲覧
  36. ^ “米津玄師、新曲“Lemon”が初週23.6万DLで歴代新記録&ウィークリーランキング13冠”. rockin'on.com (rockin' on holdings). (2018年2月20日). https://rockinon.com/news/detail/173353 
  37. ^ 【オリコン】星野源、デジタルシングル初の首位 『半分、青い。』主題歌”. オリコンニュース (2018年8月29日). 2018年9月4日閲覧。
  38. ^ 米津玄師『ノーサイド・ゲーム』主題歌がデジタル1位 「通算1位獲得数」歴代単独1位【オリコンランキング】 オリコン 2019年8月21日配信, 2019年11月10日閲覧
  39. ^ オリコンうがや訴訟5 元オリコン編集長「創業期はランキング操作をしていた」




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「オリコンチャート」の関連用語

オリコンチャートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



オリコンチャートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオリコンチャート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS