都々逸とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 音楽用語 > 都々逸の意味・解説 

どどいつ [2] 【都々逸・都一】

俗曲の一。天保嘉永年間18301854)に流行源流は「よしこの節」。「どどいつどいどい」とはやすようになって「どどいつ節」と呼ばれたが、都々逸坊扇歌節回し完成し、しゃれた歌詞即興で作って唄い、評判となったので「都々逸」などの字があてられた。多く男女間の情を七・七七・五調にまとめ、三味線伴奏で唄われる。

都々逸(どどいつ)

俗曲一つ江戸末期流行し、都々逸坊扇歌によって新たに都々逸節として形成されていった。主に男女間の情を七・七七・五調で唄われる。

都々逸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/05 10:18 UTC 版)

都々逸(どどいつ)とは、江戸末期に初代の都々逸坊扇歌1804年-1852年)によって大成された、口語による定型詩。七・七・七・五の音数律に従う。






「都々逸」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「都々逸」の関連用語

1
70% |||||

2
54% |||||

3
54% |||||

4
54% |||||

5
38% |||||

6
38% |||||

7
38% |||||


9
36% |||||

10
32% |||||

都々逸のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

オガサワラヤドカリ

十和田八幡平国立公園

輸送容器

山口素堂

般若

背斜

すべりやすい

FM TOWNS





都々逸のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2018 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの都々逸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS