祭とは? わかりやすく解説

まち【待/祭】

読み方:まち

きまった日に人々集まり忌みのためにこもっ一夜を明かすこと。また、その行事。まつり。「甲子(きのえね)―」「二十六夜―」


さい【祭】

読み方:さい

[音]サイ(呉) [訓]つる まつ

学習漢字3年

まつる。まつり。「祭祀(さいし)・祭礼祝祭葬祭大祭例祭

記念催し。「学園祭前夜祭文化祭


まつり【祭(り)】

読み方:まつり

神仏祖先をまつること。また、その儀式。特定の日を選んで、身を清め供物ささげて祈願感謝慰霊などを行う。祭祀(さいし)。祭礼俳諧では特に夏祭をさす。《 夏》「宵に睡(ね)て又目の醒(さ)めし―かな/草田男

特に、京都賀茂神社(あおい)祭。

記念祝賀商売宣伝などのために行うもよおしもの。「港―」「着物―」

江戸日枝(ひえ)山王神社神田明神二大祭りのこと。

「―には御かしなさいと暑気見廻」〈柳多留一八

男女性交。→御祭(おまつ)り

仲人は宵の程、もはや―が渡ったと」〈浄・八百屋お七

比喩的にブログなどで、特定の個人・企業などが社会的に問題がある言動をしているのが他のユーザー発見され広く知れ渡ること。インターネット内の騒動とどまらず職場学校警察マスコミなどへの匿名通報に至るケースもある。炎上。「飲酒運転告白が―に発展した

[下接語] 秋祭り悪態祭り後の祭り・暴れ祭り甘酒祭り・磯(いそ)祭り牛神祭り浦祭り・裏祭り恵比須(えびす)祭り押し合い祭り・御(お)田植え祭り御船祭り御祭り陰祭り・風(かざ)祭り風の神祭り・竈(かま)祭り神祭り川獺(かわうそ)祭り甲子(きのえね)祭り・首祭り・熊(くま)祭り暗闇(くらやみ)祭り喧嘩(けんか)祭り荒神祭り蚕玉(こだま)祭り事祭り・地曵(じび)き祭り地祭り霜月祭り精霊(しょうりょう)祭り七夕祭り鎮魂(たましずめ)の祭り・霊(たま)祭り血祭り月並みの祭り・辻(つじ)祭り天気祭り祈年(としごい)の祭り夏祭り裸祭り花祭り春祭り・雛(ひな)祭り火祭り・鞴(ふいご)祭り星祭り本祭り盆祭り御霊(みたま)祭り水口(みなくち)祭り雪祭り宵祭り夜祭り夜宮祭り臨時の祭り


はんさい 【祭】

(Burntoffering英)ユダヤ教で、生けにえ祭壇の上焼いて捧げる行事。その焼け香しい匂い天上の神にかがせるとの信仰から出ている。

まつり 【祭】

神仏祖霊などに対して鎮魂尊崇祈願感謝などするため、日時定めて行う集団的儀礼行動一つ邦語マツリマツ相手招待して待遇すること)から分派したもので、神を請じて饗し奉ることであり、本質的にはマツル・マツラフという上位者への奉仕にある。漢語の「祭祀」の祭は肉と手と示(祭壇)の会意文字で、肉の汚れ清めて供える意を表す。祀は慎んで人為をこらし、神のきげんをうかがうことである。英語フィーストfeast)やドイツ語フェストFest)は、神聖な饗宴意味するラテン語のフェーストゥム(festum)に語源をもつ。しかし現代日本などでは、祭祀と全く関係のない祝賀売り出し行事をも祭といっている。なお、マツリゴト(政)も祭事・奉事の意で、主権者神意うかがって行政したことによる

作者大庭みな子

収載図書
出版社福武書店
刊行年月1993.7


作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集 第9巻 足迹・黴
出版社八木書店
刊行年月1998.1


作者井上荒野

収載図書あなたの
出版社角川書店
刊行年月2008.11


祭―池田屋事変

作者山村竜也

収載図書新選組 沖田総司
出版社教育書
刊行年月1990.6


読み方:まつり

  1. 祭。「おまつり」に同じ。同条(※「おまつり」)参照
  2. お祭り」(※「おまつり」)を見よ
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


読み方:マツリmatsuri

賀茂祭をいう

季節

分類 宗教


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 00:30 UTC 版)

(まつり)とは、感謝や祈り慰霊のために神仏および祖先をまつる行為儀式)である。供物そのほかが捧げられる。


注釈

  1. ^ ハイヌヴェレ型神話なども参照のこと。
  2. ^ 「行事」も「人事」も、ここでは、人間が行う事柄を指す。
  3. ^ 初出(しょしゅつ)とは、初めて出てくること。ここでは、「祭」という言葉が季語として初めて世に出ること。
  4. ^ ある主要な季語について別表現と位置付けされる季語を、親子の関係になぞらえて、親季語に対する「子季語」という。「傍題」ともいうが、傍題は本来「季題」の対義語である。

出典

  1. ^ 本段落出典:祭と斎 - 日本正教会公式サイト
  2. ^ 島田裕巳『日本人の信仰』pp.153-1456 扶桑社新書、2017年、ISBN 978-4594077426
  3. ^ a b c d e f g h i j k 祭(まつり) 三夏”. 季語と歳時記-きごさい歳時記. 季語と歳時記の会 (2011年2月16日). 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 大澤水牛 (2012年). “祭(まつり)”. 水牛歳時記. NPO法人双牛舎. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 日本大百科全書:ニッポニカ』
  6. ^ 祭 - 季節のことば”. ジャパンナレッジ. 株式会社ネットアドバンス (2001年7月16日). 2018年2月15日閲覧。



祭日

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/26 06:51 UTC 版)

祭日(さいじつ)とは、宗教儀礼上重要な祭祀を行う日のこと。


  1. ^ Goo辞書
  2. ^ 「祭日」「祝祭日」という言い方は? | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の疑問 | NHK放送文化研究所
  3. ^ a b c d 式年祭は3年、5年、10年、20年、30年、40年、100年及び以後100年毎に実施される。


「祭日」の続きの解説一覧

祭(さい)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 08:31 UTC 版)

冠婚葬祭」の記事における「祭(さい)」の解説

先祖の霊をまつる事全般をさす。法事お盆など様々であり、これらは予定行事として扱える部分あるため上の三つに比べると準備が行いやすい。その一方祖先の霊をまつる事は様々な様式化儀式化がみられ、これに沿って正しく祭る事」が求められる部分見られ殊更礼服などの重要度が増す部分である。

※この「祭(さい)」の解説は、「冠婚葬祭」の解説の一部です。
「祭(さい)」を含む「冠婚葬祭」の記事については、「冠婚葬祭」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「祭」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「祭」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「祭」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「祭」の関連用語

祭のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



祭のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの祭 (改訂履歴)、祭日 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの冠婚葬祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS