祭神とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 信仰 > > 祭神の意味・解説 

さい じん [0] 【祭神】

その神社に祭られている神。

さいじん 【祭神】

神社に祭ってある神。宇宙神(天御中主神如き造化神)、自然神山・海土神如き)、人間神(氏族祖先神)、機能神殖産興業稲荷神文芸北野天神航海守護住吉神如き)などに分けてみることができる。だが天照大神如く皇室祖神人間神)でもあり日の神太陽宇宙神)でもあるという複性の神もある。

祭神(さいじん)

神社にお祀りされている神。神社主として祀ってある神を主祭神という。その他に配祀神として相殿などがある。

祭神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/13 03:38 UTC 版)

祭神(さいじん)とは、ある神社について、そこに祀られているを指す言葉である。






「祭神」の続きの解説一覧



祭神と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「祭神」の関連用語

祭神のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



祭神のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
岡山県神社庁岡山県神社庁
since 2020 (C)Okayamaken Jinjacho
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの祭神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS