祭祀_(神道)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 祭祀_(神道)の意味・解説 

祭祀 (神道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/29 03:42 UTC 版)

神道の祭祀(さいし)・お祭りは、伊勢神宮と属する諸々の神社[注 1]で行われ[1]、天下泰平、五穀豊穣、皇室の安泰、万民の平安が祈られる。年に一度の大祭である例祭、新年元旦の歳旦祭、春の祈年祭、秋には豊穣に感謝する新嘗祭(にいなめさい)、節供(せっく)には七夕重陽(ちょうよう)のお祭りなど、さらに細かなものを含めれば年間を通して数多く行われている。大きなものを中心に少々解説するが、それは神に対し神饌(みけ、食事)や幣帛(へいはく、布あるいは衣)を供え奉り、そして神人共食が行われる。


  1. ^ a b 伊勢神宮を中心とする別表神社や旧・近代社格制度を参照。
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 星野輝興 『祭祀の展開』 日本文化協会、1937年
  2. ^ a b c d e 真弓常忠『神道祭祀:神をまつることの意味』朱鷺書房 1992年、ISBN 4886021468 pp.23-32.
  3. ^ a b 中川和明「平田国学による祭祀の創意とその波紋 : 『毎朝神拝詞記』・『玉襷』を例に」、『書物・出版と社会変容』第19号、2015年、 73-113頁、 NAID 120005666333
  4. ^ a b 鎌田東二『神道用語の基礎知識』角川書店〈角川選書〉1999年、ISBN 4047033014 pp.196-199.
  5. ^ a b c d e f g 星野輝興「現代に於ける祭祀の缺陥」、『神社協会雑誌』25年第11号、1926年、 2-14頁。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 鳥越憲三郎「大嘗祭―秘儀の全容」、『歴史と旅』第17巻第18号、1990年-12、 36-45頁。
  7. ^ 参考:みたま‐の‐ふゆ【恩=頼/恩=賚】 goo辞書
  8. ^ a b c d 赤堀又次郎 『御即位及大嘗祭』 大八洲学会、1914年、118-149頁。
  9. ^ a b c d e f 三好和義、岡野弘彦 『春日大社』 淡交社〈日本の古社〉、2003年、91-94頁。ISBN 4473031098
  10. ^ 新木 直人 『神游の庭(かんあそひのゆにわ)―世界文化遺産・京都賀茂御祖神社「下鴨神社」』 経済界、2007年ISBN 978-4766783964
  11. ^ 新木 直人 『神游の庭(かんあそひのゆにわ)―世界文化遺産・京都賀茂御祖神社「下鴨神社」』 経済界、2007年、194頁。ISBN 978-4766783964
  12. ^ a b 神社Q&A 家庭祭祀”. 東京神社庁. 2018年3月10日閲覧。


「祭祀 (神道)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「祭祀_(神道)」の関連用語

祭祀_(神道)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



祭祀_(神道)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの祭祀 (神道) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS