祭礼とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 行事 > 祭り > 祭礼の意味・解説 

さい‐れい【祭礼】

読み方:さいれい

神社などの祭り祭典祭儀


祭礼

読み方:サイレイ(sairei)

俳諧で、賀茂祭以外のすべての夏祭りを、総括していう

季節

分類 宗教


(祭礼 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/17 00:30 UTC 版)

(まつり)とは、感謝や祈り慰霊のために神仏および祖先をまつる行為儀式)である。供物そのほかが捧げられる。


注釈

  1. ^ ハイヌヴェレ型神話なども参照のこと。
  2. ^ 「行事」も「人事」も、ここでは、人間が行う事柄を指す。
  3. ^ 初出(しょしゅつ)とは、初めて出てくること。ここでは、「祭」という言葉が季語として初めて世に出ること。
  4. ^ ある主要な季語について別表現と位置付けされる季語を、親子の関係になぞらえて、親季語に対する「子季語」という。「傍題」ともいうが、傍題は本来「季題」の対義語である。

出典

  1. ^ 本段落出典:祭と斎 - 日本正教会公式サイト
  2. ^ 島田裕巳『日本人の信仰』pp.153-1456 扶桑社新書、2017年、ISBN 978-4594077426
  3. ^ a b c d e f g h i j k 祭(まつり) 三夏”. 季語と歳時記-きごさい歳時記. 季語と歳時記の会 (2011年2月16日). 2018年2月15日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i 大澤水牛 (2012年). “祭(まつり)”. 水牛歳時記. NPO法人双牛舎. 2018年2月15日閲覧。
  5. ^ 日本大百科全書:ニッポニカ』
  6. ^ 祭 - 季節のことば”. ジャパンナレッジ. 株式会社ネットアドバンス (2001年7月16日). 2018年2月15日閲覧。



祭礼(大津祭)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 07:05 UTC 版)

天孫神社」の記事における「祭礼(大津祭)」の解説

例祭10月体育の日前日日曜日本祭曳山巡行)。本祭前日の土曜日宵宮と併せ大津祭称される古く四宮祭礼、四宮祭称した)。日吉大社山王祭建部大社の祭礼とともに大津三大祭のひとつ数えられるまた、山王祭長浜曳山祭とともに湖国三大祭のひとつともなっている。かつては10月9日宵宮(よみや)、10日本祭曳山巡行であったが、2000平成12年にハッピーマンデー法」により、体育の日10月10日から10月第2月曜日変更になり、これに合わせそ体育の日の々前日土曜日宵宮前日日曜日本祭曳山巡行が行われるようになった本祭曳山巡行)では現在13基の曳山山車)が市内巡行し、曳山の上から厄除け粽や手拭い布巾撒かれるかつては入り粽やお菓子なども撒いていた)。各曳山にはからくり人形乗せられており、各所所望大津祭では「しょうもん」と発音する。)が披露される幕末まで曳山は、現在休山中の神楽山を含め14基あった。(後述大津祭の起源は慶長年間1596年1615年)に鍛冶屋町の塩売治兵衛塩屋治兵衛とも)がの面をつけて踊ったのが最初とされる以降治兵衛屋台乗せたり、1622(元和8)年より年老いて踊れなくなった治兵衛代わりに腹鼓を打つからくり乗せたり、1635(寛永12年より屋台地玉付け子供に曳かせたりして氏子内を練り歩き、1638(寛永15年に現在のような三輪曳山原型ができる。(当時はまだ祇園祭の舁山のような天井のない屋台だったと思われる。)以降150年ほどかけて山を皮切りに14基の曳山作られていった2016年平成28年3月2日、国の重要無形民俗文化財指定された

※この「祭礼(大津祭)」の解説は、「天孫神社」の解説の一部です。
「祭礼(大津祭)」を含む「天孫神社」の記事については、「天孫神社」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「祭礼」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「祭礼」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



祭礼と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「祭礼」の関連用語

祭礼のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



祭礼のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの祭 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの天孫神社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS